-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2008-06-29 00:11
私は、日本に飛行機の国内線は要らないと思っている。いくら南北、東西に細長い日本でも、少なくとも本州内や本州から北海道、九州あたりまでなら、列車などで十分。まあ沖縄くらいなら飛行機でも許せるかな・・・と。
 
 燃料を満載して飛び立つ飛行機は、石油の浪費であるし、空に排気ガスや微細粒子をまき散らす。地球温暖化の温室効果の原因も、二酸化炭素なんかよりもこっちの方が主因じゃないかってな話もある。(不確実なCO2よりはまともな説かも知れない。・・少なくとも「温室効果」って呼び方はこっちの方が適切である・・まあ、それはおいといて・・)飛行機なんぞ、日常的に使うものではない。・・・忙しいビジネスマンが困るって?・・・飛行機なんぞがあるから遠くの場所とのビジネスが増え、遠くへの出張が増える。・・・これを、パーキンソンの法則と言う。それにそんな仕事は地球を汚すだけで、ないほうがいい。

 さて、福島県にも本当に不必要な、税金の無駄遣い、自然破壊の福島空港がある。1993年に開港したようだが、業績不振で困っているようだ。そりゃあそうだ。福島県の周りの東京にも仙台にも新潟にも空港があるだけでも空港の数は過密過ぎるのに、福島県に空港が必要な筈がない。須賀川市の貴重な山林を切り開いて作られた福島空港は、自然破壊だけではなく、税金を浪費して公共工事をするというよくある利権構造の一つだったのだろう。この前逮捕された佐藤栄佐久知事とか代々品格のない人物が知事を勤める福島県では、反対運動もほとんどなく建設されたようだ。

 無駄な公共工事の例としてマスコミなどでも取り上げられる福島空港をもっと利用しようと、「福島空港活用促進会」なるお馬鹿な組織があるようだ。
 福島空港が失敗した事を認めているなら、利用促進ではなく、先ず必要だとして作った人々の責任を追及すべきであろう。税金を湯水の如く使って県民に損をさせただけではなく、貴重な森林を伐採した自然破壊は許されるものではない。
 それなのにこのお馬鹿な「利用促進会」は
「福島空港利用促進のために必要な諸政策の調査検討に関する事業を行ってます」
ときたもんだ。完全に本末転倒だろう。
「福島空港が多くの人たちに利用され、活気あふれる空港として、限りなく発展していくことを願って、・・・」
って、尻拭いを県民に押し付けているだけだろう。
 はじめから要らないと分かっていたものを作った責任の所在こそハッキリさせないと、こういう無駄な浪費の構造は直せないし、建前でも必要だと言ったのだから、放って置くべきだ。これ以上の税金の投入は県民を馬鹿にしている。

 ところがこのお馬鹿な組織やら直接の県の指導やらで、この福島空港の失敗を、無節操にも色んなところに押しつけようとしている
 その最低の例が教育現場。福島県では10年くらい前まで修学旅行は、中学生は関東周辺、高校生は関西方面が主流であったのだが、この頃は、空港利用促進の為に飛行機を利用させようとする。中学生で沖縄まで行かせて、高校生は海外旅行を促進する・・・・ふざけた奴らだ。福島空港利用の修学旅行には補助金を付けるからと教育現場に働きかけるのだからどうしようもない。補助金って税金だろうが・・・福島空港建設を促進した連中の給料や退職金で補助金にするのならまだ許せるが・・・・
 そんな尻拭いに乗った学校もアホだ。今まで京都・奈良だった高校が今年から中国、オーストラリア、アメリカ・・・馬鹿じゃないのか?骨のある高校は修学旅行を取り止めようとしたら、県で許可しなかったそうだ。とんでもない。・・・そもそも中学生、高校生が修学旅行で何が一番楽しみかって、宿にみんなで泊まる事だろう。・・・それなら、近くの宿泊施設や旅館で合同合宿でもすれば、費用も何分の一で済む。・・現在給食費や学級費も払えない親が多い中で(意図的に払わない親もいるけれど・・)、より遠くへ行くようになった修学旅行の費用は、軽く10万円を超えるらしい。その為に費用を払えず、修学旅行に行けずに学校に居残りの生徒も数多い。・・・そんな事してまで海外に行く必要があろうか?・・・何が教育的配慮であろうか?。
 
 余談だけど、私は小学校から高校まで岩手県だったけれど、そう言えば、私の出身高校は修学旅行はなかったな。他の行事が多いからと、いつの頃からか廃止されたらしい。・・私の知る限り、修学旅行がないからと文句を言う生徒は一人もいなかったな。・・と言うか、高校時代は修学旅行なんて存在忘れていたし・・・・・「そう言えばなかったな」・・・ってな感じ。今も修学旅行がないかどうかはわからないけど、修学旅行なんて高校生には要らねえな。


 赤字空港の尻拭いの為に、中高生に修学旅行で飛行機を利用させようとする福島県は、本当にどうしょうもない。ついでにその利用促進を批判するどころか、PRする太鼓持ちのローカル新聞やローカルTV局も情けないものがある。 
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2008/06/29 00:11】 | 公共工事 トラックバック(0) |

多過ぎですね。空港
BEM
雑草さん、こんにちは。
福島にも空港あったんですね、すみません知らなくて(^^;
思えば私が今まで利用した空港って新千歳、羽田、熊本、長崎だけなんです。それももう20年飛行機を利用してません。
近々開港となる茨城空港も酷いですよ。乗り入れする空港会社もまだ決まっていないし、極めつけは誘導路の一部が地主の反対で用地買収ができず、真っ直ぐでなく曲がっていること。GooglEarthで見てもハッキリ分かります。


Anthony
兵庫県も伊丹空港と神戸空港の2つの大きな空港があって、無駄ムダムダムダ~

その上、すぐ近くに関西空港が...


P

福島空港の存在なんか知らなくていいです。
雑草Z
    BEMさん

私も

>近々開港となる茨城空港

の存在を知りませんでした。(笑)・・しかし、地理的に言っても、要らないですね。不要と言うだけでなく、税金の無駄遣い、自然破壊は福島空港といい勝負でしょうね。・・というか、福島空港と茨城空港って、すぐ近くでしょう。福島空港は須賀川市だから、福島県の南東部の茨城に近いところです。・・どっちも要りませんね。
 茨城空港も、開港前から、失敗は目に見えてますね・・・そんな工事を税金をかけてするのは、背徳行為です。
 こんな事やってるから、日本の財政赤字は膨大になって、生態系は断ち切られ・・。

 

ひとつの県に2つも!?・・・ですか?
雑草Z
    Anthonyさん

 兵庫県って、関西では面積は大きいかも知れませんが、東北の岩手、福島、山形、秋田あたりよりは小さいし、細長いわけでもないのに2つも空港持っているのですか?
ふざけてますね。関西空港も御馬鹿です。
私も、よその県の空港事情ってあまりわかってません。(苦笑)・・知らない空港が沢山あります。(笑)

 空港なんて日本に3~5もあれば十分ですね。空港使って遠くまで出かけてやらなければならないお仕事って、本当はほとんどないんですけどね。・・会社の為になっても社会にとってはマイナス・・・。

 ここんところの空港建設って、ダム建設や道路建設などと同様、建設関連業者に儲けさせる事以外目的はあるのですかね?
 

 

 


Anthony
それが、その、2つの空港は国際空港でして...

神戸空港は神戸港に埋め立てた人工島に作られていて、開設の時は住民投票まで行われて反対したのに、行政が反対を押し切って開港したといういわくつきの空港。同じ人工島という建設状況の関西空港とは数十キロしか離れていないというバカ~。

それと、兵庫にはもう1つ地方空港があります。但馬コウノトリ空港...

毎年赤字なのに、県が赤字補填をしているので、問題になってます。

なのに、まだ、空港を作る予定らしいです。それもゴルフ客を見込んで、ゴルフ場の多い地域に!


PP



兵庫県も福島県に輪をかけて酷いですね
雑草Z
    Anthonyさん

 兵庫県の空港事情も酷過ぎますね。コメントを読んだだけでも呆れて腹が立ちますね。
でも、

>開設の時は住民投票まで行われて反対したのに

に関しては、兵庫県民は福島県民よりは骨があるように感じます。そこまでやっても押し切って国際空港を作るって酷い行政です。成田空港を想起します。

>但馬コウノトリ空港...

も、情けないものがありますね。
でもやっぱり最悪なのは、

>まだ、空港を作る予定らしいです。それもゴルフ客を見込んで、ゴルフ場の多い地域に!

ですね。飛行機でゴルフに来るなんざ、まさにゴルフをやる愚かな輩らしいですね。そんな輩の為に空港作るって、どういう神経してるんでしょうね?・・同じ穴のム・ジ・ナ

作ったものは、費用対効果や環境負荷をちゃんと検証して、悪いものには責任をとらせるべきです。しっかり次に生かすべきです。




Anthony
赤字になっても、県や各市町村が補填してまでも、空港を存続させるのは、なんでだろう?

考えるだけで、イヤになる。

そんなんに多額の金を使うのなら、1日に1便しかないような過疎地のバスとかに金を使って欲しいです。

P

全く同感です
雑草Z
    Anthonyさん

 近年作る空港ははじめっから、作ること自体が目的なのに、失敗を認めたくなかったり、一部の利用者(ゴルファー??・・笑)に便宜を」図るために空港を存続させるんでしょうね。
 過疎地のバスより、経済効果があるんでしょう。・・・但し、彼らの考える経済効果は費用対効果の概念なし・・・税金を浪費しても、一部の業者やゴルファー(笑)の利権になれば、経済効果があったと考えてるんじゃないでしょうか?

 ゴルファーみたいな馬鹿な役人が多いんでしょうね。
官が悪いと色々気分が悪いですね。モラルハザード。
Anthony's CAFE でストレス解消でしょうか?

コメントを閉じる▲
2008-06-25 00:01
昔は人込みも嫌いじゃなくて、首都圏にはよく行ったものだ。今でもいろんな用事で年に数回は行っているけど・・・ここ数年はあまり行きたくはなくなってきた・・・・。
 
 週末に久々に首都圏に行って来た。クラブチッタ川崎。私が最も好きなギタリスト(兼ボーカリスト)の一人、Dave Meniketti 率いるバンド Y&T の公演を見るために。・・・クラブチッタは5年5か月振りだ。その前回も、丁度 Dave Meniketti のソロ公演であった。Daveの弾きまくりのブルーズテイストの泣きのギターは遥かに期待以上の鳥肌ものの感動であった。バンドとしても期待以上のライウ゛で間近で見る事が出来て、握手も出来て、未だに余韻に浸っている感じだけれど、その事を書いていると、このサイトの目的とは全く外れてしまうのでこのへんにしておこう。 


 東京駅に限らずどこの駅の周辺もコンクリートで固められた道とビルの中を肩を擦れ合うように行き交う首都圏。大きめの公園や川や林があったって、郊外に多少の田畑があったところでエコロジカル・フットプリントを賄える筈もない。よそからあらゆる資源を持って来て、周りの広い地域に膨大なエントロピーを放出し、環境負荷をかけている首都圏は、持続可能な社会には最も遠い存在であろう。この一見定常状態を維持しながら再開発されてこぎれいにオシャレになっていく首都圏は、冷静に分析すれば、持続可能な筈がない。自然の循環を最大限にしっかり生かした江戸時代の江戸なら兎も角、現在の東京は打ち上げ花火。江戸のように200年以上繁栄する事は出来ないだろう。20世紀は、日本中、世界中から集めた資源を浪費して、回りの広い地域にエントロピーを吐き出しながら、発展してきたけれど、それもそろそろお仕舞いの獅子舞。日本各地、世界の至る所が都市化した現在、東京に集める資源なんてもうあまり残っていないだろうし、廃棄物、エントロピーを排出する他の場所もなくなってきた。もともと、エントロピーは無限に広い宇宙に廃棄すべきであるのに、現代社会は地球上に捨てまくっているのだから当然だ。エントロピー増大の法則なんて多くの人々が無視・・・無視と言うより知らなかったり考えなかったり・・・自然、生態系の循環を完全に無視。禁断の地下資源を一方通行的にふんだんに使って、残飯や人間の排出物でさえ自然の循環に戻さない。循環させないのだから、資源は消費される一方通行。再生されずに混ぜ合わさってエントロピーが増大する一方・・・

 ほとんどの都市で、未だに都市の再開発などと言って、都市化を進めているのだからどうしようもない。人口が減っている地方でも、森林を潰し、コンクリートで固める都市化は行われている。エコロジカル・フットプリントが限界を超えてしまった現在は、人口減少は問題ではなくいいことなんだけど、何故か過疎地でも都市化だけは進んでいるように見える。

 そして完全に持続不可能な首都圏に生まれ育った人ばかりでなく、移り住んで来た人々も、住んでいない人々も、多くがこんな首都圏が持続可能だと思い込んでいる・・・恐ろしいのは大地震だけで、首都圏は昔と比べて年々オシャレにモダンになっていくと・・・いや、思い込んでいると言うよりも、都会の華やかさに惑わされたり、日々の忙しさに悩殺されているだけなのかもかも知れない。
 日本でも世界でも、人口は都市集中で田舎の過疎化が問題になっているけれど、そんな社会が続く筈はない。東京だけが都市で、あとは日本中、世界中田舎や森林、農地ならばいざ知らず、周りの広大な地域に環境負荷をかける都市がこれだけ存在する現在では、都市が滅びるのも時間の問題だろう

 都市化はすぐに解除の方向に進めて、世界各地、田舎に戻るべき。都会の方が好きだとか、いいとかそういう問題ではない。都市は持続可能ではないどころか、周りに環境負荷をかけすぎる・・・首都圏も機能を最小限に留めるべき・・・(『首都機能移転』等と言う無駄な事を奨励しているのではない・・・念のため・・)

・・・それで大好きなギタリストなどが見られなくなったら仕方がない。 
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2008/06/25 00:01】 | 都市/文明 トラックバック(0) |


団塊おやじの遺言
少し 離れて見ると 都市は 墓場に見えませんか?
空気はどす黒く あの下では 絶対に 生きたく無い!
東京の学生が修学旅行で戻ると 咳き込む人が多いのです
子供達が田舎の空気が好い! 田舎で生活したい これは
本能的なもの・・こんなささやかな贅沢も後 僅かで終わる
日が近いのかも 自然は全ての人間に 平等に恩恵を与えてくれているのに
利益のみを求め続ける心の貧しい人達が世界を動かしている
 もう自給自足しか無いか!

自然の摂理を忘れるドーピング
雑草Z
    団塊おやじの遺言 さま

 東京圏は、たまに行くのはいいかも知れませんが、人間の住むところではないと最近よくよく感じます。
 都会に永く住んでいると、都会だけでも世の中が成り立つと錯覚してしまうのではないでしょうか?実際には、都市は、周りの広い地域に環境負荷をかけ放題のドーピング状態で、持続不可能な形態であるのですが・・・
 一方、田舎ばかりならば、世界はやっていけるのですがね。
 おっしゃるように、やっぱり自給自足が生活の基本でしょうね。・・と言いつつ私も自給自足はしていませんが・・
 ・・・いつもコメント有難う御座います。・・・


空のマンタ
「都会には住みたくない」という言葉をよく耳にします。ただ、思ってはいてもマテリアリズムはドラッグのように中毒にかかりやすいのでしょうね。日本が、水で動く自動車の実現化に大きく貢献しています。そして、先日は、諫早灌漑における、良識ある判決に政府がおろおろと動揺しました。グローバリゼーションという巨大な怪物に、蚊がぷちりと針を刺したような影響しかないかもしれないけれど、このような出来事をメディアがしっかりと報道し、メディアがすでにプロバガンダにやられているのなら、インターネットでの個人交流が、多くの人々の意識を高めるツールになれば、と少々楽観的ですが、希望を持ちたいと藁にもすがる思いです。
最後になりましたが、はじめまして。
興味深い記事、たびたび拝読させていただきますね。

>メディアがすでにプロバガンダにやられているのなら、インターネットで
雑草Z
    空のマンタ さん

 現代の都会って、一見こぎれいになってきてますが、その実、生態系はずたずたに破壊されて、どう考えても持続不可能ですね。

>諫早灌漑における、良識ある判決

嬉しいですね。少しずつ良心のある裁判が行われるようになったと言う事ですが、まだまだ

>巨大な怪物に、蚊がぷちりと針を刺したような影響しかないかもしれない

ですね。

>少々楽観的ですが、希望を持ちたいと藁にもすがる思い

共感致します。1つ前の記事【オプティミズム&ペシミズム】はそんな思いを描いています。

>マテリアリズムはドラッグのように中毒にかかりやすい

全くその通りだと思います。現代人が嵌った麻薬ですね。社会はこれを乗り越えないと、破滅の滝壺に流され落ちますね。関連的な事を次の次の記事で触れる予定です。

  +++++++   +++++++   +++++++++

はじめまして、
<空のマンタ>ってロマンの溢れるHNですね。マンタの泳ぐ姿は絵になります。マンタに魅せられたのですか?
 簡潔な中に、的確な現状分析&方向性のコメントで、感心して繰り返し読んでしまいました。
これからも宜しくお願い致します。


空のマンタ
 早速のお返事ありがとうございます。
 物質文明の麻薬から乗り越えるには、私たちは、本来の人間の資質というものを再認識する必要があるように思います。そして、空間と時間の概念を取り戻すこと。簡単に言っちゃえば、人間というものは、結構「怠け者」なんだということをあっさり自分たちが認めてしまうことや、人間の感情は不完全なものだと知ることです。そして、それを良しとすることです。文明が発達して、選択肢が広がり(あるいはそうだと錯覚して)、便利なものを、他人の持っているものを手に入れれば、世の中のスピード化に乗り遅れないと思うかもしれないけれど、それで到達点があるとしてそれはどこなんだろう、と考えてしまうのです。地球上に生きとし生けるものが共有する空間と時間の概念を私たちは忘れてしまっているように思います。自分たちの存在をクソ真面目に尊大に捉えすぎている。そんな風に時々思います。
長々と、脈絡もなく書いてしまいましたが、筋通ってます??
 マンタは憧れの生き物です。あの巨大な姿に、限りない優しさと逞しさを感じてしまうのです。空にマンタが泳いでいたら、日々の生活のなかで、彼らに会うことができるのになあ、という願いを込めてつけました。

素敵な鋭いエッセイです。
雑草Z
    空のマンタ さん

 こちらこそ、御返事有難う御座います。

>脈絡もなく書いてしまいましたが、筋通ってます??

しっかり脈絡がある、筋の通った文章ですよ。魅力あるコメントです。

>本来の人間の資質

と言う事に関して鋭い的を得たご指摘だと思います。賛同いたします。本来の「怠け者」「不完全」な本質を、物質文明という「夢」、「麻薬」で人生がいかにも素晴らしいもので、努力すればその素晴らしいものを無限に手に入れられるかのごとき妄想を駆り立てるのですね。

>それで到達点があるとしてそれはどこなんだろう

これは、成長、発展の罠ですね。即ち、社会構造的に、経済成長、発展しなければ支えられないというとんでもない破局へ向かう社会構造を築き上げてしまったのですね。到達点のない、「成長、発展」自体が目標という、本質は空虚で愚かな事に素晴らしい価値があるかのように錯覚してしまっているのでしょう。これが環境破壊の根源でもあるのに・・。こんな事で人間は破局へ突き進んでいるのです。

>自分たちの存在をクソ真面目に尊大に捉えすぎている。

そうですね。人間の動物的側面・・睡眠欲、食欲、性欲・・それが日々の生活の大きな部分なのに、物質欲、名誉欲に踊らされ過ぎ、そんなものに価値を求めすぎです。

>空間と時間の概念を取り戻すこと

 これは現代の悟り・・かも知れません。

空のマンタさんは、魅力的な深いエッセイを描きますね。読み応え十分です。

コメントを閉じる▲
2008-06-21 00:12
前回の【人類はこれまで上手くやって来たと言う楽観】の続き。

 現在、普通に地球の現状、環境問題を直視したなら、理性があれば、その酷さに憂鬱になるだろう。憂鬱にならないのはよほど現状分析が甘いか現状無視の楽観主義者であろう。・・・でも、この世の中の人々は、そう言う現状無視の楽観主義者で溢れている。 
 この世の中には、科学を盲信して、まだまだ世界は開発出来、経済はどこまでも成長していけると言うおめでたい人が沢山いる・・・というよりそれが主流である。 
 でもその根拠は・・・?と聞かれたら、そんな根拠はありゃしない。・・・今まで大丈夫だったから・・・と言う現状無視のオプティミズム。船が傾き始めるまでパーティーをやっているタイタニックの乗客乗員。

 ・・・誰でもブルーな時と言うものはある。社会の事や天下国家を憂えていても、実は極めて個人的な事でブルーになるものだ。それを否定する積もりもないけれど、地球環境の現状は、各個人の憂鬱を吹き飛ばすほどに酷い現状である事を人類は共通認識すべきだ。

 

 現在の対症療法的な、効力のない環境対策を続けていたら、破局は回避出来ないどころか、破局のレベルを助長するだけである。・・・それは、そのお門違いの対策を実行している人々が愚かであったり利権の事ばかり考えているからであるが、その根底にあるものは、御目出度い楽観主義で、現状認識が出来ず、その結果としての破滅を想像出来ないからではなかろうか?・・・・特別の存在の自分の存在するこの社会は何とかなるに決まっている・・・と。


 私も、極めて個人的な事で鬱になる事は、沢山あった。かなり長い間悲観的な事が続いた事もある。これからもあるかも知れない。
 でも、環境問題の本質を知り、地球環境の現状を知ったら、個人的な事は大した事がないと感じる。実際大したことがない・・・。人類の生存出来得る地球環境が破滅したら、個人的憂鬱も何もありゃしない。
 
 唯一度の人生だから悲観的な生き方をするのは損に違いない。楽観的に生きた方がいいに決まっている。個人的な事に関しては、普通、ペシミズムよりはオプティミズムの方がいいに決まっているけど、環境問題のシビアさに関しては、しっかり現状の概況を把握すべきであろう。そして、しっかり一度は、破局、破滅の恐怖を感じ取り、悲観すべきかも知れないと思う。そして、その危機感からの悲観をしっかり持った上で、人間が本来備えているオプティミズムを持って環境問題に真摯に取り組むべきである。
 みんな極めて個人的な事で一喜一憂している間に、人間が生存出来る地球環境が破壊されて、
しっかり地球を見渡したら
既に時遅し・・・The End・・・では悲しすぎる。

 ペシミストと思わないで欲しい。地球環境の現状と人類の愚行を考えるとかなりオプティミストの私でも、こういう事を想像する。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2008/06/21 00:12】 | Economic Fascism トラックバック(0) |

無農薬 地球温暖化防止装置 稼働中!
団塊おやじの遺言
道路 はみだし ほったらかしプランター栽培が我が家の装置です 家に帰ると 3人の子供が 座って何か内の装置の前で探していた 声を掛けると どうしておじちゃんちには
こんなに アゲハの幼虫がいるの?と目を輝かしいる どうやら虫の好きな子供たちらしい しかし虫は嫌いと 直ぐに殺虫剤で 葉が食べられると!処分する大人が私の周りには多いのだ・・隣の家がアブラ虫と毛虫でもみじ等植木や花がやられて困るとの事 早速 撒いてやった例の粉 2週間後の今隣からの差し入れが 急に増えて!嬉しいやら・・恐縮しています それから私は本を読むと眠くなる性分です この雑草さんのコーナー 字も大きく要点がしっかりしているのでしっかり勉強させて戴いております あなたが病気になったら困るのは私だけでは無いはず・・その時は直ぐに励ましに走ります でもあの子供達の 目はよかった今自分に出来る事はこんな事しか出来ないが・・虫の好きな子供達もいる

励ましのコメント有難うございます。
雑草Z
    団塊おやじの遺言 さま

>道路 はみだし ほったらかしプランター栽培

っていいですね。何でも手をかけなければしっかり育たないと考える事は、そんな事に慣れてしまった現代先進国と驕っている人々の悪しき習慣ですね。

>虫は嫌いと 直ぐに殺虫剤

を使う人は、やはり現代の洗脳された人々の悪癖でしょう。
虫よりも殺虫剤のほうが遥かに危険です。・・と言うより、虫は普通危険じゃないでしょう。蜂だってこちらがちょっかい出さなければ普通は刺しません。蜂を異常に恐れる子供の感覚のほうが、異状だと思います。

  ××××  ××××  ××××  ××××

 お気遣い有難う御座います。私は結構体は丈夫なので、病気の心配はあまりないと思います。それから、基本的にはオプティミスト=楽観主義者なので、心の病もあまり心配はいらないかと・・・でも地球環境を見渡して、冷静に考えれば、かなり悲観的に考えざるを得ません。21世紀になっても、経済優先が普通に語られている現状は、人類の愚かさを思い知ります。タイタニック号の悲劇を想起いたします。

++++++   +++++++   +++++++   ++++++

 例の粉、東北の会津のこの地でも、試すときが来たかも知れません。

 
 

世界一しか要らない そして中国
団塊おやじの遺言
ドバイに世界中の投資資金が集中し2位とか3位のものは要らない中国はもの凄い経済発展! 川は汚れ又、我々の社会に寄形児を生ます 今の世界
これを見て 違和感を感じるのは 私だけでは無い筈・・
東京も30年前は墨田川が汚れ どぶ川だったと言う
人間の欲は ブラックホール! こんな世界になびく世界は
本当に滅びるかも・・心が滅びてしまった人が何故にこんなに増えてきたのか? 好い空気を思いっきり 吸える贅沢がこの世から 消える! 中国からの汚染された空気が日本に流れ込む現状・・なんとか なるさでは 間に合わない!  



中国を投資の対象としか見ない輩たち
雑草Z
団塊おやじの遺言 さま

 現在の中国は、本当にどこが共産主義だかわかりませんね。ある意味、格差が世界第1位と言われているアメリカよりも酷いと思います。中国の投資家達も中国に投資する連中も、金儲けばかりだし、環境対策も投資の対象としか見ていないようです。
 人口1億あまりの日本が20世紀後半に壊してきた東南アジアをはじめとする世界中の環境破壊を考えれば、人口が日本の10倍近い中国の経済優先策は、世界の破滅への道です。中国だけではなく、インド、ブラジル、ロシア・・・経済成長に取りつかれた国ばかりで、人類の愚かさを思い知るほどに悲観的になりますが・・・。

コメントを閉じる▲
2008-06-17 00:11
 6月14日朝、岩手県宮城県秋田県境の栗駒山辺りを震源とする地震が発生した。私が小中高時代を過ごした一関市の辺りだ。耳に懐かしい地名や見覚えのある風景が被災した様子が次々にTVに映し出されている。

 阪神淡路大震災と同じ位の地震の規模[マグニチュード]だと言うが、勿論、人口の少ない田舎で都市部の少ない今回の岩手南部、宮城北部の地震は、阪神大震災と比べれば被害が遥かに小さい。
 田舎の平地、田んぼや林の真ん中で、家具も少ない平屋に住んでいたら、このくらいの地震は震源に近くてもあまり大した事ないんだろうな。大昔は、地震ってそんなに怖い天災だとは認識されていなかったかも知れない。
 やはり人口密度は、今回の栗駒山周辺くらいが好ましいのではないだろうか?建物も高いのはやはり良くないな。
 先日の中国の四川省の大地震もそうだけど、地震の被害って、開発の度合いなんかに大きく影響される。中国四川省の震災の場合、人災の面が大きいと考えられるのは、大多数の人間の同意するところであろう。中国のように手抜き工事で、学校だけが倒壊すると言う馬鹿な事はさすがに日本では起こりにくいだろうけれど、今回橋が落ちたり地滑りが起こった部分の映像を見ると、やはり無理な開発が無関係とは言えないだろう。TVで人災的な面は報道されていないし、地滑りや崩落のあった場所は、火山灰層であったから・・・と専門家は言っているけれど、人災の部分も大きいに違いない。山の道のあちこちの部分が崩れ落ちたのも、はじめから道を作るような所ではないからだ。(道路族は、ここぞとばかり、しっかりした道を造ろうとか、代替ルートを造ろうとか言うんだろうな。・・でも自動車道を閉鎖すると言う選択肢も忘れてはいけない。)土砂崩れが起きた部分も、天然林を切り倒して人工林を植林した場所のような映像だ。折角天然林が残っている貴重なこの辺の森林さえ次々と開発することの愚かさにも言及すべきである。最近行われている胆沢ダムなどの不必要なダム(【ダムはムダ】)工事なども災害を助長した筈だ。
 まあ以上の部分に関しては反論もあるだろうが、最後に反論の余地のない地震による最悪の人災について言及させて戴く。・・・それは勿論原発。

 大きな地震が起こる度に最も心配な事は原発事故だ。今回のあのさほど大きくない地震でも、福島県の浜の原発は、放射能事故を起こしたようだ。東京電力では放射性物質を含む水が飛散しただけで外部には漏れていない、量も人体に悪影響を及ぼさないごく微量だと言っていたが、事故隠しがお家芸の原発で、そんな事当てになる筈がない。まして山間部が震源の地震だ。これ位の地震で浜はそんな大きな震度でなかった筈なのに放射能事故ってどう言う事か?まあ、放射能漏れは日常茶飯事な事は、関係者の公然の秘密だけれど・・。

 地震の直接の揺れで、日本が再起不能の危機に陥る事はないだろうが、2次災害の原発事故でそうなる可能性は大いにあり得る。
 実質のエネルギーを生み出しているとは言えない原発、人間の制御の範疇を超えている原発、大事故で日本を再起不能にする可能性のある原発の為に、地震の度にびくびく怯えなければならないのは、とんでもない事だ。地震で最も怖いのは原発事故に他ならない。
 人類の作った施設の中でも最も愚か部類の原発を廃止する事こそ真っ先にすべきことだ。 


 
 余談だけれど、最近、地震の初期微動を観測して地震警報を発するシステムが実用化されてきたけど、随分お金をかけているようだ。列車の運行を止めるのには効果があるかも知れないけれど、家庭での効力には甚だ疑問だ。・・・こんな研究するなら、都市化や開発を止めるほうが、よっぽどいいと思う。
 私の家では金属製の小さな円盤の回りに金属製のパイプがいくつか吊り下げられているモビール(数百円の安物)がチリンチリン鳴って、初期微動を知られてくれる。・・もともと飾りの為に購入したものだが(笑)そのシステムよりよっぽど役に立っている。

 さらに余談。天災は、地震だけでなく、すべて2次災害は人災の側面が大きい。最近ではミャンマーでのサイクロン被害もマングローブの森の伐採が原因・・
・・2008‐4‐13アップの記事【宅地造成はもう御仕舞いに】のおかっぱ頭さんの2008/5/29のコメント 
 

 ついでにもう一つ余談を。今回の地震は、岩手・宮城内陸地震とか命名されたそうな。「××宮城なんとか地震」と言うのがいくつもあって混同してしまう。
「十勝沖地震」のように、震源地名などをシンプルに名付けて欲しいものだ。
「栗駒地震」とかがいいかと・・・。「栗駒」と言う地名が全国に何か所もあるなら「岩手栗駒地震」とか。
 
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2008/06/17 00:11】 | 都市/文明 トラックバック(0) |

ダムはムダ
霧島
いゃー、まったくです。
ダムは環境破壊の元凶らしい。。。
アメリカあたりでは、今後新しいダムは作らない
ようだし、古いダムは壊して環境回復をはかって
いるとか。。。。

>人類の作った施設の中でも最も愚か部類の
>原発を廃止する事こそ真っ先にすべきことだ。 

残念ながら、地球温暖化を抑える観点から、
最近は、原発ラッシュですね。
東芝等原発関連会社の株価は、とんでもなく
上がっていますね。やれやれ。

それでは。


クリーンで安全な原発?
おかっぱ頭
 今回の地震の震源は、雑草様が以前住んでらした辺りという事で、思い出がたくさん詰まった場所ですね。復興まではかなりかかりそうですね。

最近大きな災害がたて続けに起こって、被害を大きくしているのは人間の行為によるものである事、実感致します。
そのために尊い命が犠牲になるのはもう止めなければいけないと思います。
原発は何を根拠にクリーン・安全を謳うのでしょう?
安全ならどうして地元に多額の交付金が下りるのでしょう?
原発で潤う町って喜べませんね。

 今回は記事に取り入れていただいて有難うございます。
雑草様のお宅のモビール、とてもいいですね。イメージ出来ます。私も探してみたくなりました。




原発は温暖化対策にはなりません
雑草Z
    霧島さん

ダムは生態系の破壊が著しく、土地も痩せさせて砂漠化の原因になるし、短所の方が大きいですね。本当に
ダムはムダです。

さて、原発ですが、原発は地球温暖化を抑えません。抑えるどころか、ライフ・サイクルで見ると火力発電よりもCO2を沢山出します。
【CO2温暖化肯定派の権威へ】
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-193.html とか他の、カテゴリー【原子力】
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-category-18.html
をご覧ください。

 CO2は確かに赤外線を吸収するから温室効果ガスですが、
CO2が地球温暖化の主因と言える証拠もありません。
カテゴリー【CO2】
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-category-20.html

原発推進する奴らは愚かな馬鹿者たちか、悪魔に魂を売った連中でしょう。・・原発は本当に酷い代物です。
  


nao
一関ってNSPの故 天野滋さんの出身地でしたよね、確か。 お墓は大丈夫だったのだろうか?

被害を大きくしているのは、The 開発
雑草Z
    おかっぱ頭さん

 あの栗駒山周辺は、確かに熱いお湯のいい温泉地が沢山あるから、火山活動も活発でしょうが、地震の震源地になるとは思いませんでした。・・日本全国震源地になる可能性があると言う事でしょうか?

>ミャンマーでのサイクロン被害もマングローブの森の伐採が原因

と言う事はおかっぱ頭さんのコメントを読んで初めて知りました。

色んな自然災害の2次災害は、開発に負う部分が大きいですね。中国では今回の四川省大地震の2次災害のような、大きな災害がこれからも起こりそうです。

>原発で潤う町って喜べませんね。

こんな町の存在を嘆かわしく思います。地方の自治体の長などがしっかり拒否すべきでしょう。

>原発は何を根拠にクリーン・安全を謳うのでしょう?

根拠よりもクリーン、安全を謳って受け入れてくれる自治体を探しやすくする為と、危険だからこそ、必死で隠しているんでしょうね。原発推進派は、もっと冷静な判断をしていれば、原発推進なんて愚かな事はする筈ないと思います。

モビールはどこで買ったか定かには覚えていませんが、観光地のお土産屋さんなんかに安く売っているやつです。
戸を閉め切って風の当たらない場所にあると、地震の初期微動(P波)に反応してちりんちりん鳴って、はじめは何かと思っていたら、その後ぐらぐらと主要動(S波)が来ました。それ以来、このモビールは地震警報装置として役立っています。たったの数百円です。

NSP
雑草Z
    naoさん

 私が小中学生の頃、一関高専(工業高等専門学校)のNSPがデビューして、ラジオなんかで曲がかかっていると同級生が言ってました。高専のすぐそばに私達の借家はありました。懐かしいですね。その後、有名なフォークバンドになっていきましたね。私も数曲知っています。メンバーはもう亡くなられた方がいるんですか?

霞ヶ関と同じでいいの?
いなごん
雑草様

この欄にこんなこと書くと、フクロにされちゃうかもしれませんけどあえて言いますね。
ダムは必要です、これだけは断言できます。
僕は地元で農業しながら消防団やってますけど、災害被害の軽減化にはダムが最高の手段だな~というのが、あちこちの救援活動に出動しての感想です。

山を天然林のままにしておけば災害が少ないって言うのも、山仕事してる自分に言わせれば幻想です。
反対ありきじゃなく先ず自分で、そういった場所に行って汗を流すと解ると思いますよ。
スズメバチに刺されたりマムシに咬まれたりしながら草を切ったり、水のない土地に湧き水を当てに水田を開墾したりした先人たちがいたからお米だけは最低自給できてるってつくづく思う最近です。

ちなみに、大分県に大山町って言う一村一品で有名になった町がありますが、70代80代のお年寄りまで現役で農業や道の駅で売る加工品作って、年収1千万はざらにいるんですが、そこはダムのおかげって言ってますし水害のない町づくりも口にはしないけどウリなんですよ。

「自分に賛成の意見だけ聞いてると、机の上でインチキ計算してる官僚と同じになるよ」っていみであえてコメント残しますね












もう少し中味の濃い骨のある反論を・!
雑草Z
    いなごんさん

 反論のコメント有難う御座います。若干面白い部分もありましたが、残念ながら軽率な、突っ込みどころ満載の反論です。

 ダムは小規模ならば役に立っているダムもあるでしょうが、あなたのように

>ダムは必要です、これだけは断言できます。

ははっきりしていていいですが、それでは、お話になりません。この言い方こそ頭の固い官僚の論法でしょう。
記事の本文を読んでください。私は

>最近行われている胆沢ダムなどの不必要なダム

と書いています。最近作られたり計画されてている大きなダムは費用対効果も無視して生態系も破壊する作るべきではないダムの方が圧倒的に多いのです。
 胆沢ダム、徳山ダム、川辺川ダム、戸草ダム、川上ダム、淀川のダム・・・枚挙に暇がありません。
海外で言えば中国の三峡ダムなんてその代表格でしょう。そういう事をちゃんと調べての反論ですか?あなたの小さな経験の範囲で長いスパンでの広範囲の洞察をせずに語っているように感じます。
もしかしてアスワンハイダムの失敗例も知らないのでしょうか?

 天然林も今は非常に希少です。この希少な天然林を破壊して道路を造るべきではありません。天然林は手をかけなくてもよく育ち、光合成の量も人工林とはケタ違いです。そこに道路を造る必要はないのです。

>水のない土地に湧き水を当てに水田を開墾したりした先人たちがいたからお米だけは最低自給できてるってつくづく思う最近です。

 は悪くない話ですね。しかし、それをダムの話に持ってくるのは飛躍のし過ぎです。

>自分に賛成の意見だけ聞いてると・・・

の事ですが、ここには時々反論や喧嘩を売ったようなコメントが来ますが、あなたのように、軽率で研究が足りない反論やスパムに近いコメントが多いのです。ちゃんとご返事してますよ。スパムに近いときには面倒だから削除しますけどね。
 あなたのコメントを中央の官僚に聞かせれば、喜ぶかも知れませんよ。次にコメントよこすときはあなたのHPのURLとかも載せて下さいね。

思わぬところで役に立つものですね。
おかっぱ頭
 テレビをつけていても揺れの方が早かった、では何ともお粗末な話ですね。
税金を投入して、最後は「技術的限界」と言う都合のいい言葉で片付けられてしまうのでしょうか。
それなら原発も即停止すべきと思うのですが。

モビールが優れた警報装置であると言う事、成る程と思いました。
これなら音がしただけで、次の揺れが来る事に身構える事が出来ますね。
いつ何時大地震がやって来るか分かりませんので、いい事教えていただきました。


いなごん
雑草様
脇の甘い意見をあえてコメントしたのは多分そう言ってくるだろうな~と思ったからです。

レポートを鵜呑みにしちゃいけないと思いますよ、貴方が胆沢、徳山、アスワンetcなんておっしゃってもそれで生活が助かってる人は非難している人より多い可能性はありませんか?非難している人の声はヒステリックであえて反対の部分だけを声高に時代錯誤にもアジている気がしますよ。

現場で先ず見なさいってことかな?
アスワンは塩害しかもたらさなかったのかなとか?
川辺川ってほんとに川漁師がアユを取っているのかとか本当に農家は水を待っていないのかとか住民に聞くのが先決。
相良村の前村長は収賄の起訴逃れで反対してたから地元から愛想つかされたんだけどね。
あ、反対の活動家だけじゃなくきちんと地元で生活してる人に聞かなきゃダメだよ。

あさはかで何も生み出さない多くのブログが多い中でも見てる人は何か期待してるはずだよね、その意味ではここは未だマシな方かなとはおもってるよ。




コメントを閉じる▲
2008-06-13 00:02
 最近、CO2温室効果ガス削減の方法など、世の中であまりにギャグ効果(ギャグのような逆効果)な環境対策がなされている。TVや新聞などのマスコミの環境キャンペーンの多くのなんと低レベルな事。それに便乗して、またはその反動のため、環境問題など大した事がないと言う風潮や本まで沢山出ている。
 確かに環境問題は、地球の未来と言う複雑系カオスを取り扱っているから、単純ではないだろうけれど、もう既に限界を超えたと考えられているエコロジカル・フットプリントの観点からも、これ以上の開発、経済成長、人口増加は、無理であるのは明らかである。それどころか現在の経済、人口、開発された土地も減らさなければ、人類社会は持続可能ではない。

 さて、現在の環境問題軽視、経済重視の風潮は、世界中の産業界、経済界と結びついた世界中の政府の政策だったのだけれど、それで大丈夫・・なんて根拠はある筈がない。ただ今まで・・少しの間・・続いてきた
「これまで人類は自然を開発して、経済成長しながら上手くやって来た」・・・と言う、楽観主義であろう。産業革命以降と考えれば、たったの2~300年の事。生物の中でも歴史の極めて浅い人類の歴史の中でも、ほんのごく最近の事。人類の著しい開発、経済、進歩の歴史は、まだ、始まっただけで、これだけ問題噴出している。

 実際はこの2~300年の間に地球環境はずたずたにされてきたし、多くの犠牲を出してきた。・・その犠牲が、先住民であったり労働者や地域の住民で、企業のトップのほうではなかっただけの事。全然上手くなんてやってきていない。
 地球という容器の中の使えるものを浪費してシャーレの中のバクテリアのように、いっぱいいっぱいに増えて来ただけの事。人類社会の理性なんか働いていない。

 環境のキャパを超えて、滅んでしまった文明、砂漠化してしまった都市なんて枚挙に暇がない。
現在の環境問題はグローバル化させて、先送りしてきただけ。先送りしただけ環境問題は大きく大きく膨らんできた。来るべき破局は地球規模・・・。

 私も楽観主義は沢山持っているけれど、これまで人類は上手くやってきたから、これからも開発して、経済成長して人口が増えても大丈夫・・・と言う現状無視の本当に愚かな楽観主義には辟易だ・・・そんな事言ってる間に人類が滅んだのでは笑えない。 
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2008/06/13 00:02】 | Economic Fascism トラックバック(0) |


nao
かなり大きな地震だったようですね。余震にお気をつけ下さい。

無理に開発した場所に被害は大きいみたいですね。
雑草Z
 いえ、揺れていた時間は長く感じましたが、福島県会津地方は、震度4程度で、特に被害はありませんでした。
 私が子供のころ生活していた岩手県一関市辺りが震源のようで、被害も大きかったみたいですが、田舎で人口密集地でもないので、思いのほか被害は少ないのではないでしょうか? 
 被害の場所は、無理に山の中に道を作った場所や、人工林の場所だったような感じです。開発した場所って自然災害に弱いのではないでしょうか?未開の原始時代とかは、建物の下敷きになって死んだりする事も少なかったのではないでしょうか?中国の地震災害の大きさを見ると、つくずく人災って感じがします。

コメントを閉じる▲
2008-06-09 00:12
 数日前の朝、ラジオから聞こえてきた。
「アフリカの経済成長はめざましいけれど、その経済成長に取り残された貧しい人々を救う事も考えなければなりません。アフリカには、今も1日1ドル以下で暮らしている人がいっぱいいます・・・だから、先進諸国はこう言う貧しい人々の経済状態も豊かになるような援助の仕方を考えなければなりません。」

 一見、もっともらしいこの手のステレオタイプの議論にはうんざりだ。なんでこんなに薄っぺらな議論を繰り返すのだろう・・・?
 かつて貨幣経済が発達していなかった自給自足、物々交換の行われていた地域が最近貨幣経済圏に組み込まれた場合、その豊かさを貨幣経済活動の大き さ、GDPなんかで計ったら、低く出るのは当たり前。
 経済活動がなくて、自給自足をしていた民族は、1日0ドルの生活だから最も貧しいと思うのは、自ら優位性を謳って「先進国」なんて呼ぶ国のおごりだろう。 
 1日0ドルで暮らしていける地域って、素晴らしくないかい?ある意味ユートピアではなかろうか?一方、先進国と呼ばれる国々の都市部では、1日1ドルでは暮らしていけない。・・・どっちが貧しい社会だろうか?
 
1日0ドルで暮らして行けた自給自足的社会は、昔は普通であった。今ではユートピアのようなそんな社会を破壊したのは、開発に頭を冒された自ら先進国と呼んでいる国々の人々である。その先進諸国の人々は・・本気で、自給自足的な社会を貨幣経済にすれば人々は幸せになれる・・・と考える一部の御目出度い人々をのぞけば、「未開の地」の開発は全て、自分達の利権の為であろう。貧しい人々を救う・・・なんて体のいい口実。

 1日1ドル以下の生活をしている人をなくす努力よりも(この為には、富の偏りをなくして再分配などをしなければならないだろう・・)1日1ドルでも楽に暮らしていける社会が、素晴らしい社会と言えるのではないんかい?

 「幸せはお金では買えない、お金があっても幸せにはなれない・・・」
なんて誰でも言えるような使い古された表現は、死語になってしまったのだろうか?

 
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2008/06/09 00:12】 | Economic Fascism トラックバック(0) |


団塊おやじの遺言
もの心がついた頃 母の後を私達5人の兄弟達は 空っぽのリュックを背負い 永い道を歩き 帰りには 一杯野菜の詰まったリュックを担ぎ夜遅く家路についた 母の姉が農家だったので 食料難の時代も無事に生きて来た それが当たり前で 何も特別な事とは思わなかった 水もおいしかつたし野菜も夢中で食べた しかし今の開発援助とは 自然破壊の引き金になる事が多いし 資源の利権等で地域の平和が脅かされる原因にもなる 話し合いをしているのは 役人同士で 信用度は 銀行金利並み
地元で生活している人達の 本当の声を聞きたい

そう!そうですよね!
BEM
1ドル以下の生活が決して不幸な訳ではありませんよね。
それで幸せに生きて行ければ良い訳です。問題は食べられないってことでなので、別に車を持っていたり、海外旅行に行ったり高いワインを飲む事が決して幸せな訳ではない筈なのに、いつのまにか1日何ドルもかけないと幸せな生活ができないというようになってしまったようです。
ホント最近森の中で暮らしたい~なんて感じるようになりました。

お金がかかるのが当たり前の時代?
雑草Z
    団塊おやじの遺言 さま

幼い頃のお話は大変いいお話です。そういう時代の方がつくづく幸福だったと思いますね。

>水もおいしかつたし

 今は、水を美味しく飲むのにもお金を払わなければならなくなってきました。
 つまり、何にでもお金がかかるようになったから、経済が成長し、それを豊かさの指標にしているのだから、経済界は本当に愚かです。

>今の開発援助

は、本当に税金の無駄遣いであり、自然破壊であり、酷い事づくめですね。開発はもう一切必要ありませんね。




1日1ドル以下でも食と住が手に入る生活!!
雑草Z
     BEMさん

 今の日本にはかなり難しい事ですが、お金がなくても生活していけるって、ある意味ユートピアですよね。

>いつのまにか1日何ドルもかけないと幸せな生活ができないというようになってしまった

のは、明らかに儲けたいやつが何でも商売にしたりして来たからでしょう。

途上国と呼ばれる国々の余計な開発援助を見ているとつくづく思います。
 お金がなくても生活出来ている楽園を、開発の名のもとに破壊して、プランテーションで嗜好品を栽培させて自給的農業も破壊して、貨幣経済を持ち込んで経済圏に取り込んでいるのだから、酷いものです。

高いワインを飲んだり、高級品をコレクトするなんて本当に厭味な軽薄な趣味ですね。
 そんな事でしか幸せを感じられないのは不幸ですし、心も貧しいですよね。
 

コメントを閉じる▲
2008-06-05 00:11
 6月1日、県下一斉清掃作業が朝の6時からあった。県下一斉なんて、どうでもいいのだが、町内会の皆さんが出ているから、こちらも張り切って出た。
 
 公園は地面がコンクリートで固められているから、そこにたまった落ち葉を掃いてゴミ袋に入れて出していた。側溝もコンクリートで三面張りにされていて、その脇の道も舗装されているから、すくった汚泥を土嚢に入れてゴミに出していた。・・・・本当に狂っている・・・コンクリートで固められていなかったら・・・落ち葉をゴミ袋にいれて出す必要はないだろうし、汚泥も側溝沿いに置けばいい。どこの自治体もゴミの処分場の枯渇が問題なのに、そのゴミの量をわざわざ増やしているのだからどうしようもない。第一袋に入れて出すからゴミになるのであって、土に戻せば、ゴミどころか、生態系の栄養になる。そう、諸悪の根源はコンクリートなのだ。

 何で公園をコンクリートで固める必要があろう??土のまま、雑草が茂っていた方が、色んな意味でいいに決まっている。生態系が豊かで、色んな生物が集まるし、子供が転んだって怪我しにくいし、雨の水はけもいい。日照りでもそんなに暑くならないし、落ち葉だってそのままにして置いても問題はない。土のままの公園も沢山残っているが、それがいつの間にかコンクリートで固められているのを目にしてがっかりする・・・。

 何で側溝、用水路を三面張りにする必要があるのだろう?水を下流へ下流へ・・・海まで早く押し流す事にどんな意味があるのだろう??下流は洪水になるし、上流流域の栄養分は流されるし、川を流れた土や砂、石をまた流域に戻すのを妨げて、上流の浸食を早め、海岸の泥を増やして海を埋めていく・・・

 コンクリートで固める事の愚かさは、その作業現場にいれば一目瞭然の筈・・・
三面張りだって、必要な場所もあるかも知れないが、大抵は、ただ業者と地方自治体の癒着によるものであろう。それが習慣化して、用水路や小川や側溝は三面張りにするもんだ、公園の地面もコンクリートで固めよう・・と、自然の摂理を解しない、愚かな役所の人間が増えたから、困ったものだ。

 コンクリートに固める必要のあるところなんて、現在コンクリートで固められている面積のほんの数パーセントもないだろう。

 余談だけれど、この手の作業のときは、私は、落ち葉はゴミ袋に入れずに花壇等に撒くし、側溝からすくった汚泥も出来るだけコンクリートで固めてない土の場所・・・場合によっては花壇に撒くようにしている・・・最近はご近所さんもそうしてくれる方が少しずつ増えて来た事は嬉しい。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2008/06/05 00:11】 | 都市/文明 トラックバック(0) |

公園の樹のご飯
団塊おやじの遺言
まさにそのとおり・・我が家の裏が公園で おまけにコンクリーの蓋 水の流れが悪く蚊の温床です 掃除の叔母さんは落ち葉や雑草をきれいに袋につめて持ち去る 公園の植物達のご飯を どうしてやらないの! 野良猫には時々 餌やってるのに 話は変わります 日陰で見えなかった 蜜柑の苗木に ビッシリと貝殻虫が付いていたのですが 苗木はそんなに弱ってもいず 日当たりの良い処に出しました貝殻虫はタバコの火を付けても動かないので 既にご臨終・・
と言う事は この成分はカイガラムシにも 効くのか!

落ち葉や雑草がゴミの筈がないですね
雑草Z
    団塊おやじの遺言 さま

 雑草や落ち葉をごみ袋に詰めてゴミとして出す習慣っていつ頃出て来たんでしょう?・・本当に愚か者ですね。そんな事を行政指導する役人たちも大バカ者です。そんな事してたら土地も痩せますしね。・・・コンクリートって生態系の大きな破壊者ですね。

 当方ではまだアメシロも見られません。そろそろ注意して見ます。

同感です。
BEM
ゴミを減らしたいのか増やしたいのかよく分かりませんね。コンクリートの場所もそうですが芝生の公園もやっぱり落ち葉を集めています。
都市部はどんどんコンクリート、アスファルトで覆われ雨水はほとんど川に流れてしまい地中に浸透させていないというのもどうかと思います。
役所がやると落ち葉も堆肥化させて~肥料にして~なんて余計なこと考えるんですよ、おっしゃる通り花壇に撒いたり土に埋めればいいだけの話しだと思うんですけどね。
先日河川のゴミ拾いに行ったら市役所の労組も来ていて、落ち葉や木の枝をゴミ袋に入れてるのがいました。しょーもないです。


nao
三面張りのU字溝なんてカエルやヘビにとってはトラップと一緒です。役所や政治家は環境を考えるのなら、まずは自分達の足下を。

本当にしょーもないです。
雑草Z
    BEMさん

>ゴミを減らしたいのか増やしたいのかよく分かりませんね

 ・・・役所の職員の多くはそんな事考えてなくて、ただ、与えられた指示--公園や側溝の見かけををきれいにすればいいんですね。そして、それを「環境美化」なんて呼んでいるのだからどうしようもありません。
 コンクリートで固めなければ、手間もかからなくて効果的なのですがね。お金もかからないし、ゴミも減量。
 

生態系の分断
雑草Z
    naoさん

 コンクリートって、本当に生態系の循環を断ち切りますね。おっしゃるように三面張りは、小動物のトラップにもなっています。
 役所や政治家は、お金をかけて無駄な事をやるのが環境対策だと思っているようです。

  


Anthony
梅雨の晴れ間、仕事場の近くの川のコンクリート護岸が汚れているからと、合成洗剤をぶっ掛けて洗っているボランティア達が・・

唖然・・・




愚かな善意のボランティア
雑草Z
    Anthonyさん

  自分の利益の為にやっている訳ではないとはいえ、本当にどうしようもない愚かな人たちですね。
 川のコンクリートの護岸なんか汚れたままで不都合はないし、雨などが洗い流せば十分だし、その大量の合成洗剤が川の生態系に与える悪影響の方がよっぽど深刻です。
 合成洗剤で洗うくらいなら、ハンマーでコンクリート護岸を壊して欲しいものです。

 この手の愚かな人達が沢山いるから困ったものです。



Anthony
それが、護岸に水草とか苔とかが生えていたのを「汚い」とか言って、ブラシと合成洗剤で....


川がキレイになってきた証拠の苔を、汚れだという「自称・川の番人」には、怒りがこみあげてきました。


P

そこまで狂った人たちでしたか?
雑草Z
     Anthony さん

 はじめのコメントを読んだ段階では、
>近くの川のコンクリート護岸
の水面から外に出た上の部分に暴走族とかがペンキで落書きでもしたのかと思いました。
そしたら何と、「汚れ」って

>水草とか苔とかが生えていた

でしたか???それを汚れと感じる狂った感性・・・
おっしゃるように自然の再生で、いい事じゃないですか!!!
 そういう自然の自浄能力をみると、植物の生命力も捨てたもんじゃない、環境の再生も自然の力を頼りに頑張れる・・・と思うのに、・・・洗剤で洗い落とすと言う愚行・・・私も怒りがこみ上げてきました。
 水草や苔を汚れだと言って、川に洗剤を流す事を平気な輩は大バカ者です。植物を洗剤で流すと言う発想も完全に狂ってます。
その場にいたら、Anthony氏と一緒に抗議してやめさせたいところでした。
そんな奴らが「自称・川の番人」では開いた口が塞がりません。そいつら解散させなきゃならんですね。

今回のこの内容で記事を書きたいですね。Anthony さん、書いてくれますか?またはこの内容詳しく教えてくださいますか? 

コメントを閉じる▲
2008-06-01 00:11
 5月30日、夕食時に何気なくTVのローカルニュースを見ていたら、
「今日はごみゼロの日です。県内の各地で、取り組みが行われました。郡山市では・・・」などと流れた。5月30日が530だから「ごみゼロの日」って事だ。ゴミを出さない運動か?って、何とは無しにどんな事やってるのか見てたら
「みんなで駅前や道路を清掃しました。」・なんてのはまだいいのだが、
「ポイ捨て禁止を呼びかけ、ゴミ袋を配りました。」・・・って、通行人に大きめのレジ袋のような袋を配ってる。ご丁寧に「ごみゼロの日・・・」とか印刷されている。・・・こんなどうしようもない事に税金を使っている。テレビに映し出された清掃作業も、よく見ると、ほうきとちり取りを持って・・・ではなく、大きなビニール袋を持って・・・ゴミを拾っている。こんな大きな袋を一人一人持って、袋がいっぱいにならなくても捨てるんじゃないのか?ごみゼロの日にゴミ袋を配りまくり、ゴミを増やす・・・本当に馬鹿な自治体だ!!どこの自治体でもゴミの最終処分場の確保には頭を悩ませている筈だから、ゴミを入れる袋がゴミの量を増やすという基本的事実は当然考えるべきだ。福島県の役人って東北地方の中でも特に御目出度いようだ。こんなお馬鹿な事がテレビに映し出されて、自分たちが ”立派な”仕事に取り組んでいる事をアピールしたいのだろうか?太鼓持ちのテレビ局もテレビ局だ。アナウンサーも能天気・・市町村長からしてこの前逮捕された前知事の佐藤栄作久みたいなのばっかりだし・・・元の矢祭町長は全国に誇れる素晴らしい町長なのだが・・・
 ごみゼロの日ってあんまり関心がないけれど、本来はそんな事ではなく、ゴミの減量化が目的ではないのだろうか?。
 他の自治体もこんなお馬鹿な作業をやってる所ばかりではないだろうけれど、お役所仕事は本当に愚かだ!!本質が見えないで、形だけさも頑張っているように見せかける。・・・それも税金を投入して・・・自分達で自分達の首を絞めるようなごみ対策を推進するごみゼロの日って何なんだ!!こういうお馬鹿な役人が多くて嘆かわしい。
 他の県もこんな愚かな「ごみゼロの日」をやってるのだろうか?
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2008/06/01 00:11】 | ゴミ・廃棄物 トラックバック(0) |

全く同感です!
BEM
ホン~トお役所っていうのは。お願いだから何もしないで!って言いたくなります。サミットを前にして北海道はゴミ拾いのオンパレードです。
今回の洞爺湖サミット。捨てようとした新聞をチラッと目にした記事に「国際メディアセンター」が完成。とありました。建設費30億2000万円で国交省が作りました。が!サミットが終わったら解体するんですって。も~冗談としか聞こえません。サミットの大きな課題は『地球温暖化』なんですよね。呆れてしまいます。

無駄な事ばかりやるお役所の体質
雑草Z
    BEMさん

 コメント有難う御座います。

>サミットを前にして北海道はゴミ拾いのオンパレードです。

 そうですか?ほんとに馬鹿ですね。
「洞爺湖サミットを成功させよう!・・」などと言う袋とかチラシを配ったりポスターを張ったりしてやってるんでしょうね。

そのサミット後に解体する
>国際メディアセンター
ってのも本当に税金の無駄遣いですね。
地球環境の事を考えた会議なら、今まである施設を使って質素にやるべきですよね。その方がよっぽど説得力があります。
 洞爺湖サミットの内容は期待しているどころか、ギャグ効果(ギャグのように愚かな逆効果)にならなきゃいいと思っています。
 おっしゃるようにお役所には
>お願いだから何もしないで!って言いたくなります

ですし、さらに
そんな無駄な事は自腹を切ってやれ!・・・と言いたくなりますね。
 自浄作用が働いているお役所も少しずつ増えてる感じもするのですが・・

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。