-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2015-08-23 00:01
そんなに広くない国土で、50基以上の原子炉がある日本の原子炉密度は断トツの世界一でしょう。そんな日本を本気で破壊しようとすれば、核弾道ミサイルなんて大げさな物さえ必要ありません。ただの弾道ミサイルを原子炉に打ち込む、若しくは数人のテロリストが原発にもぐりこみ、電源喪失など破壊工作すればいいだけです。その意味で日本は非常に脆弱な国と言えましょう。国防なんて不可能です。

去る、7月29日の参院安保特別委員会での山本太郎氏の質疑は、安倍政権の詭弁と矛盾の核心を露呈させる、非常に素晴らしい質疑でした。ちょっと時間が経ってしまいましたが、改めてその事に関して書かせて戴きます。

先ず、山本太郎が、安倍政権に、本当に日本にミサイルを向けている国が存在するか確認すると、「中国、北朝鮮、ロシア・・・(中略)・・・北朝鮮は日本を射程に入れる数百発もの弾道ミサイルを配備し、発射訓練を繰り返している・・・」と、中谷防衛大臣が用意した原稿ですらすらと答えます。それに対し山本太郎氏が現実にミサイルを打ってきたらどうするのかと質問すると、安倍総理も用意した原稿を意気揚々と読み上げます。そして安倍総理から北朝鮮のミサイルを「重大かつ差し迫った脅威と考えている」と言う言葉を引き出します。その後、平素よりミサイル攻撃等に対して様々な事態を想定し各種のシミュレーション、訓練をしている事を安倍総理に確認したのち、山本太郎氏は再稼働する川内原発稼働中に原子炉が弾道ミサイルの直撃受けた場合のシミュレーションや対策、弾道ミサイルが撃ち込まれた場合の避難計画を質問します。すると、
原子力規制委員会の田中委員長は「弾道ミサイルの直撃のシミュレーションや対策は求めていないのでしていない。」と答えます。そして「放射性物質の福島原発事故の千分の一や百分の一の場合は計算している」と付け加えます。安倍総理は「仮定の想定の質問には一概にお答え出来ない。」と答えます。それに対して山本太郎氏は、「今回の安保法案の中身は、仮定や想定を基にしているのに・・。」と突っ込みます。「都合のいい時だけ想定や仮定を連発して、国防上ターゲットになり得る核施設に関する想定、仮定を出来かねます・・・ってどんだけご都合主義なんですか?」

大庭内閣審議官は避難対策について「事態の推移等を把握して対処法を決定したい」と答えます。
山本太郎氏は「要は一度被曝させてから考えると言う事ですね。・・・こんないい加減な話あるかよ。・・」

ミサイル攻撃に対して評価してないし今後もやる積りが無いと言う政府に対して、「これは試算しなくては駄目なんです。・・(中略)・・『原子力災害対策本部長』の総理がシミュレーションして貰って下さい」と要求すると安倍総理は、話しにならない現在のシミュレーションの状況だけを話し、長々とどうでもいいいい逃れをごにょごにょ繰り返し、「シミュレーションさせます。」とは決して答えません。それに対し山本太郎は怒りを持って言い放ちます。
「・・・危機管理の基本は『最悪の場合に備える』が当たり前です。でも、最悪の場合には備えてない、見たくないものは見ない、耳は塞ぐ、でもやりたい事だけやって行く・・・それがたとえ国民のリスクに繋がったとしてもやる・・・・本当に国民の生命財産を守る為だったら、ミサイルが飛んできたらどうするかという事に対して、核施設が直撃されたらどうするかという事に対して、対策はもう既にできている筈・・・」

最後の質問として、山本氏は
「・・・・政府が危機感を持っている弾道ミサイルが、もしも着弾した場合の対処の方法はほぼ無いんですよ。・・・・・それでも再稼働させるのですか?それでも・・。再稼働出来る筈無いですよ。お答え下さい、総理」
に対して安倍総理は
「原子力規制委員会の、世界でも厳しい安全基準を満たしたものについては、再稼働していく方針で御座います。」と答え、それに対し山本太郎は
「安倍総理の規制委員会への責任転嫁で、この質疑は終わりたいと思います。有難う御座いました。」
と締めます。将棋で言えば、完全に詰んだ状態でしょう。



この記事を書く為に、YouTube でこの質疑の模様を繰り返し見ました。何度も見ると、ここでこう突っ込んだ方がより効果的であった・・・という部分は何箇所かありましたが、一発勝負の質疑応答の舞台で、ここまで効果満点のパフォーマンスで追い詰める事の出来る政治家は殆どいないでしょう。山本太郎氏の努力と才能に脱帽です。しかし何よりも、ここまで説得力のある質疑が出来る理由は、山本太郎の言っている事のほうに理、正義があるからに他ならないからでしょう。いい逃れや責任逃れに終始した安倍総理や田中原子力規制委員長などの姿は、非常に醜く映りました。


安倍政権が強調する「重大かつ差し迫った脅威」であるところの隣国が、本気で弾道ミサイルで攻撃してくるかどうかは、兎も角、安倍政権がそう言っているのですから、政権はその場合のシミュレーションや避難計画を立てなければならない事は当然です。しかし彼等はそれはやる訳には行きません。何故なら、ミサイルが直撃した場合の放射性物質の外部環境への放出は、規制委員会の言う、福島原発事故の百分の一や千分の一程度で済む筈の無い事は誰の目にも明らかです。(こんな値で計算する事に何の意味も無いでしょう。・・・原子力規制委員会は「役立たずの無能」と言う他ないでしょう。・・政府にとっては都合のいい存在でしょう。)それどころか、福島原発事故よりも遥かに多くの放射性物質を撒き散らす可能性も大きいでしょう。そんな最悪の場合のシミュレーションをまともにやって公開したら、人々は原発の恐ろしさを再確認し、今よりも遥かに多くの人々が再稼働に強く反対し、反原発の運動も拡大するでしょう。この事は、3.11以前・・原発を始めた当初よりも判っていた筈です。原発は費用対効果の破局した全く割に合わない発電方式であり、その上危険性も1基のシビアアクシデントで、国家を破綻させるほどの危険な代物です。(事実、チェルノブイリ原発事故の数年後にソビエト連邦は崩壊しました。)
チェルノブイリも福島第一原発も「事故」でした。意図的な攻撃にはもっと弱いでしょう。防ぐ事は不可能です。だから、原発を持っている限り、日本は戦争出来ないのです。だから日本が、本土攻撃されるリスクを減らす最も有効な方法は、戦争に参加しない事であり、それは、憲法第九条を守り、集団的自衛権等を行使しない事でしょう。国家成立後、その9割以上の年数をどこかと戦争して来た無類の好戦国家アメリカに付き合って集団的自衛権を行使したら、日本は戦争に巻き込まれる事は目に見えています。(アメリカは他の国を『ならず者国家』呼ばわりしてきましたが、アメリカこそ現代最大の『ならず者国家』です。)集団的自衛権の行使によって、日本の原発が、弾道ミサイルやテロによって、爆破される可能性が高くなる事は火を見るより明らかです。




山本太郎のこの質疑を大々的に拡散していきましょう。
(山本太郎氏の国会での素晴らしい質疑はもっと他にも沢山あるのです。・・・そしてこれからも増えていくでしょう。)
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2015/08/23 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |


ぽんのんの
連絡遅くなりました
記事お借りしました。ありがとうございました。

実は国は予測してました
そりゃないよ獣医さん
NNNドキュメントは55年前に、核施設が攻撃を受けた場合、更には電源喪失した場合の予測を、東海村で稼働する前にしていたのです。
核施設(原発)が攻撃した場合には3兆4千億円の被害が生じると試算されていました。当時の国家予算倍以上です。死者が1000名ほどで被ばく者が数万人だったかと思います。今となってはかなり正確なシュミレーションと言えます。
ただ恐ろしくて公表されなかっただけなのです。SPEEDが公表されなかった理由と同じように、国民に混乱をきたすからというのだそうです。
電源喪失も、かなり正確な予測がされていました。今回の福島は全くそれを知らなかったために起きたこととも言えます。
この国は原子力行政に限ってみても、怖ろしい国家です。

Re:この記事へのコメント
雑草Z
    ぽんのんのさん

 記事のリンク、及び、山本太郎氏の国会質疑の映像の拡散有難う御座います。山本太郎氏の国会質疑の記事、映像をどんどん拡散して、安倍政権の酷い政策を止めさせましょう。

Re:実は国は予測してました
雑草Z
    そりゃないよ獣医さん

 
 いつのことかは忘れましたが、(3.11以前)槌田敦さんの反原発の書物にも、葬り去られたシミュレーションの事は書かれていて、読んだ記憶があります。ただ、そこには攻撃を受けた場合のシミュレーションは記してなかったと記憶しています。攻撃を受けた場合のシミュレーションも55年前に行われていたのですね!?・・・その結果を公表していれば、原発もここまでは増えなかったかも知れませんね。 核施設が攻撃を受けた場合のシミュレーションはするまでも無く、福島第一原発事故より酷い被害を被る事は誰でも予測出来ますね。

>この国は原子力行政に限ってみても、怖ろしい国家です。

狂気の沙汰です。

むかしから思っていたこと
guyver1092
 国会の政府の答弁は、まともに答えなくともよいようですね。ずれた返答をした場合には、返答したものに何らかの罰則がなければ、日本の破滅の画策し放題ですね。今回のミサイルを撃ち込まれた場合の被害想定もそうですが、原発を津波が襲った場合の対策についての質問に対して、問題ないと答弁し、結局原発災害が起こりました。今回も、まともな答弁をせずに済まして、いざミサイル攻撃を受けた場合には、右往左往して結局戦争に負けることが望みなのでしょう。

Re:むかしから思っていたこと
雑草Z
>国会の政府の答弁は、まともに答えなくともよいようで

悪しき慣習ですね。小学校の学級会での質疑応答よりも酷いですね。こんなの許しておいたのでは、社会は良くなりませんね。

>ずれた返答をした場合には、返答したものに何らかの罰則がなければ、日本の破滅の画策し放題

仰る通りです。ずれた答えをするという事は、答えようがないと言う事で、実質「論破された」と言う事ですからね。

>原発を津波が襲った場合の対策についての質問に対して、問題ないと答弁し、結局原発災害が起こりました。

これは犯罪ですね。起訴されて有罪になって然るべきです。国会の発言には(法的)責任がある筈です。

コメントを閉じる▲
2015-08-13 09:48
8月11日に、九州電力川内原発が再稼働されました。それまで1年11カ月間国内の原発は全て停止していました。当サイトでは3.11福島原発事故以前から論じて来ましたが、原発のメリットが殆ど無い事は、3.11以降広まりつつあります。原発が無くても電気は十分に足りている事も原発稼働ゼロによって実証されたのにも拘らず、川内原発が再稼働させられました。
今回の再稼働の理由として政権の菅官房長官が、安い、電力の安定供給、そして地球温暖化防止等、とっくの昔に否定されている事項(当方は既に決着がついたと認識しています。)を挙げていました。その余りのレベルの低さには呆れれるばかりですが、(現総理の側近衆の発言は定常的にこんなレベルです。)元来原発にはまともなメリットが何一つないので、そんなチープな偽りの理由しか挙げられないのはある意味当然です。そう、たとえ事故が起こらなくても、放射性廃棄物の問題一つだけでも、解決策の無い非常に深刻な問題であり、これだけで原発はあってはならない代物なのです。更に国家の存亡にかかわるほど甚大で恐ろしい危険な事故を起こす可能性を孕み、費用対効果も破綻している・・・まともなメリットが一つもない原発【原発のメリット】を推進する勢力が、この期に及んでも一定レベル以上いて、反対か賛成か議論している事自体、愚かです。原発廃止に議論の余地はない筈です。
しかし現実に現政府は、原発を再稼働させてしまうと言う愚挙に出ました。
推進派は、経済の為だとか、工場の電力コストを下げる為だとか色々言っています。本当に再稼働したいのは、電力会社や原発プラント会社の役員、経団連の一部、及びその傀儡である与党自民党の現政権の幹部・・利権があるごく一部の連中です。・・・あとは彼等に騙され、踊らされている人々(情報弱者)、若しくは長いものに巻かれて、迎合して太鼓持ちしている(何らかの利権にありつきたい)連中でしょう。
電力会社が他の発電方式に比べて勝る点の殆ど無い原発に拘る大きな理由の一つは、原発に有利に作られた会計上の仕組み、経済的トリックにあります。総括原価方式で、利権が大きいと言う事もあります。それよりも遥かに大きな理由が、原子炉も使用済み核燃料(リサイクル可能という事で)も、再稼働の意図がある限り、資産として計上されているものが(・・ここがそもそものインチキ)、廃炉が決まった瞬間から、巨大な不良債権に変わり、原発を抱える電力会社は破綻の危機に直面するからです。【原発経済を壊すと言う事】で述べている通りです。
いまだに、リスクがあっても経済の為には再稼働は必要だ(必要悪である)というような言い方をする人がかなりいます。しかし、元々原発によって作られた経済、好景気は、バブル経済です。それも税金の投入によって作られた非常に悪質なバブル経済です。1980年代のバブルよりも悪質なのは、殆どが税金の投入によって作られたものであり、マクロに見れば浪費と環境破壊しか言いようのない代物です。国土を破壊しながら国の借金が増える一方でした。・・・現在の経済成長主義の愚行を端的に表わしています。
原発を再稼働する事によって得られる景気は、非常に質の悪い麻薬やドーピングの類と一緒です。違いは・・・麻薬は個人や私的組織のお金によって購入されますが、原発経済は国家のお金…税金の投入で為される事です。原発による経済効果は、税金のばら撒きによって作り出されるのです。(費用対効果の破綻・・・)投入された税金は原発の利権団体に吸収され回収されません。一部トリクルダウンで住民に行きわたるのです。それ以上に処理のしようが無い放射能が作られ環境が破壊されていくのです。原発によってもたらされる経済は言わば、環境破壊型差別集金バブルなのです。
『差別型』・・・と表現したのは、税金が原発利権団体にばら撒かれると言う事以外に、被曝労働によって被曝する人々がいなければ稼働出来ない・・・という事もあるからです。

もう一つ、今回の再稼働の特徴は、無責任と言う事でしょう。・・・まあ、原発行政はこれまでも非常に無責任でしたが・・・福島第一原発事故以来、原発事故は起こり得るものと言う当然の認識が出来上がっています。推進派もそう認識している筈です。「絶対安全」と確信があるのならば責任も持てるでしょう。しかし、彼等はそのような確信は無いわけです。原発事故のように桁違いの災害をもたらすものは、「絶対安全」くらいのものでなければ動かしてはならない筈です。それでも再稼働を推進する人々は、責任を持つとは口にしません。安倍総理は世界一厳しい規制委員会が判断したから再稼働すると言い、規制委員会の委員長は、基準を満たすだけで、全ての事故を想定して事故が起こらないとは言っていないと言います。つまりお互い事故が起こっても責任は他方にあり、責任は持たないとのスタンスです。福島第一原発の事故のときと同様の無責任体質です。何かあれば責任を取る積りが無いのならば、こんな危険な代物を再稼働する権利はない筈です。(責任を取ると言っても、責任は取れないから再稼働する理由にはなりませんが、3.11以降2年近く原発が動いていない状態から、再稼働するのだから、責任は極めて重大です。事故が起こっても起こらなくても絶対に許されない事です。)
 万が一の事故の起こる可能性は否定せず、いざ大惨事になったら責任を取る覚悟は全くなくて、しかし電力会社やプラント会社、経団連の利権を守って、自分達もその利権の恩恵は受けたい・・・そのような卑劣な官僚や政治家によって川内原発は再稼働されたのです。
 「経済発展の為にはある程度のリスクは仕方が無い」のような考え方がまかり通り、実際に原発を再稼働してしまう現代社会は非常に狂った(遅れた)社会であると考えます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2015/08/13 09:48】 | 原子力 トラックバック(0) |

所詮金目
guyver1092
 昨年、大臣が「所詮金目でしょ」と発言し、問題となりましたが、原子力邑に金を集める仕掛けが原発なのでしょうね。今回の再稼働では、マスコミは「1年11カ月ぶり」は報道しましたが、原発のでメリットの真の姿は全く報道されていなかったように感じます。なんのかんの言いながら、マスコミは金目で破滅を選んだようですね。
 真にマスコミというなら、エネルギー産出比から原発を論じ、立場を明らかにすべきと考えます。


katu
 川内原発に桜島噴火はどう影響するのか。何があっても安全しか言わない関係者たち。ただ鹿児島は噴火の可能性を否定できないまま、福島の悲惨さを知ってなお、再稼働した。
 そして今日新たな再稼働OKの原発の報道あり。狂ってる。

Re:所詮金目
雑草Z
>原子力邑に金を集める仕掛けが原発

あとは、原発を不良債権としたくないという事でしょう。guyver1092さんがいつもおっしゃるところの
会計システムに自滅するような仕組みが仕掛けられていると言う事ですね。どちらにしても「金目」ですね。

それ以外なら「核兵器を作る」以外大した理由はないでしょうね。

実際はこんな事の為に原発が再稼働させられるのですから、とんでもない国家です。

Re:
雑草Z
>何があっても安全しか言わない関係者たち。

なのに彼等はその安全を保障する積りも、責任を取る積りも無いのですよね。そのくせ、利権には預かりたい・・・非常に強欲で無責任で身勝手な人々です。

>狂ってる。

の通りですね。

    katuさん
 初のコメント、有難う御座います。2~3年ほど前から、当方の(特に原発関係の)記事が検索に掛らないように逆SEOされたらしくて、新規の方のコメントはなかなか来ない状態でした。辿りついて頂いて有難う御座います。


katu
逆SEO・・よくわかりませんが、公平ではないのでしょうね。検索数もコントロールとかされているような・・
幌延が要注意!みたいです。「れんげ通信」2014.3.20に動画が乗っています

Re:幌延が要注意
雑草Z
katuさん

早速の御返事有難う御座います。逆SEOというのは、検索に引っかかりにくくすると言う事です。3.11以前から原発の危険性を書いてきた当ブログに、3.11以降多くのコメントが来ましたし、記事を拡散させている方もいました。反論みたいな嫌がらせみたいなコメントも来ましたが、殆ど撃退したら、ばったりとコメントが来なくなって、当方の記事、特に原発関係の記事が検索に出て来にくくなりました。

 情報有難う御座います。幌延町の事は知りませんでしたが、「深地層研究計画」ってやつですね。怪し過ぎます。ご紹介のページも見てみました。とんでもないですね。
国と幌延町と北海道で核のゴミを持ちこまないと言う上例があるから大丈夫・・・等言う方もいますが、油断は禁物ですね。

コメントを閉じる▲
2015-04-19 16:39
日本国において、三権分立がまともに機能していると考える人は殆どいないでしょう。行政権と立法権は重なり合い、司法権は完全に行政に取り込まれています。そして行政は企業と癒着しています。環境訴訟に関する裁判は、多くが大企業に有利な形で判決しています。原発訴訟はその典型例でした。しかし、昨年の大飯原発差し止め請求裁判では、真っ当な理由による真っ当な判決が出されました。憲法で保障された人格権が判決の根拠とされ、『コストの問題に関連して国富の流出や喪失の議論があるが、たとえ本件原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失である』と結論付けられました。全くその通り。極めて理性的な判決文です。

その大飯原発の湾を挟んで直ぐ対岸の、やはり関西電力の高浜原発の再稼働差し止め判決が、4月14日に判決が出されました。今回の差し止め判決もやはり福井地裁で同じ樋口英明裁判長が出しました。判決は大飯原発と同様に「人格権の侵害」が判決の根拠になり、更に踏み込んで、原子力規制委の新基準を『ズサンで無効』と判断しました。そして原子力規制委員会が策定した新規制基準に適合しても、「緩やかに過ぎ、合理性を欠く。安全性は確保できない」と規制委員会の作った規制基準を真っ向から否定しました。これまた画期的な判決です。
弁護団は、昨年の大飯原発差し止め訴訟で、運転停止を命じた樋口裁判長なら原発の問題点を熟知していると判断し、樋口裁判長のいる福井地裁に提訴したのです。それに対抗する為に、関電は3人全ての裁判官に対し、裁判官忌避申し立てを行います。
日刊ゲンダイ【高浜原発差し止め 裁判長を激怒させた関西電力の“禁じ手”】には、「樋口裁判長が4月1日付で名古屋家裁に異動することを知った関電は『裁判官忌避』という手段で判決の引き延ばしを図った。」とあります。しかしこれは関電が知ったと言うよりも、政府と関電など原子力邑が、樋口弁護士の追い出しを画策したのではないでしょうか?そう、「お上に歯向かう裁判官」は、見せしめ人事として、そして同じ判決を出させない為に左遷するのが権力政権の常套手段です。他の例も色々あります。(当方も実際に目の当たりにした事がありました。)そこに三権分立の精神は微塵にも生かされていません。これに対し気骨のある樋口裁判官は、『異動するが、この訴訟だけは俺がやる』と職務代行の手続きを取り、仮処分の決定を出したのです。
この判決を出した樋口裁判長に対して、原子力規制委員長、田中俊一氏は、「規制基準を見直す考えはない」「(裁判所の決定には)事実誤認がある」と話した。との事ですが、事実誤認は田中委員長にこそあるようです。再稼働推進派の御用学者や御用ジャーナリスト達は、樋口英明裁判長を誹謗中傷していますが、論点がお馬鹿過ぎて、一つ一つ挙げて反論するのも時間の無駄です。(具体的点に関してご要望が出れば反論致します。)

日刊ゲンダイは「樋口裁判長のような「良心と気概」を持った裁判官が増えてほしいものである。」と締めくくっていますが全くその通りです。
翁長雄志沖縄県知事、元官僚古賀茂明氏、そして今回の樋口英明裁判長と、反対派威圧のとんでも政権に、正面から反意を示し、日本をしっかり守ろうとする良識派が増えて来ました。金融資本家御用達のとんでも政権に日本を破壊される前に、何とかこの体制を打破したいものです。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2015/04/19 16:39】 | 原子力 トラックバック(0) |

ありがとうございました
森の妖精 アイ
ご訪問とコメントありがとうございました
おかげさまで 大論争!!(笑)
願っていた 意見交換が始まり 感謝です

行政や市長とも こんな話が出来るといいのですが・・・
お気づきの点 ご指摘 アドバイスも これからもよろしくお願いいたします


呪われた判決
  呪われた判決

裁判官.樋口英明は、高浜原発に対して、 「合理性がない」・「人格権が侵害される危険性がある」 などとして3,4号機の仮処分決定を下した。
裁判官.樋口英明は、法と人権を重んじる立派な裁判官でありましょうか?
そうではないはずです。
裁判官.樋口英明は、別訴で、「訴訟の場には虚偽は到底許される」 との判決を被害者に言い渡したのです。(※1)
言うまでもなく、万が一にも虚偽事由などが許されることなどありません。(再審事由)

今回、原子力規制委員会の田中俊一委員長からは、当仮処分内容には 「事実誤認がいっぱいある」 と指摘されているようですが、裁判官の「虚偽は正当」 との基準からすれば、その様な指摘が出てくることは当然のことでもありましょう。
裁判官.樋口英明は、嘘の主張で対立させて争わせて、何を判断するというのでしょうか。
法廷で嘘をつかないように「宣誓」 までさせておきながら、何故、「訴訟の場には虚偽は到底許される」 と言えるのでしょうか。
裁判官.樋口英明は、法と国民を愚ろうし社会秩序を乱す国賊ではないのでしょうか。

 (※1) 福井弁護士会所属の弁護士(2名)は、「虚偽を依頼者に教唆し事由としたことを滑らせて自白した」、 しかし、その後、 「虚偽.侮辱することは正当な弁護士業務だ」 と主張し続けて罪を重ねた。(弁護士3名、他多数) 
  裁判官は、自白を裁判の基礎とせずに(基本原則違反)、「訴訟の場には虚偽は到底許される」 と判決したのである。
  結果、福井弁護士会の弁護士3名(多数)は、今もこの主張を撤回しょうとせず、被害者に恐怖の日々を与えている。

裁判官.樋口英明は、被害者の苦しみを知りながら、恣(し)意的に侮辱する行為(人権侵害:国際法違反)を良しとし、訴訟詐欺を認めているのである。


ここの記事を読みましたか?
雑草Z
    森の妖精 アイさんへ

この記事への最初のコメントが、記事本文に関係ないコメントで脱力です。
ここは、記事に対するコメント欄であって、連絡欄では無い事はお分かりですよね?
 前の記事に良識的なコメントを戴いたので、そちらのサイトを訪問してそちらの興味を持った記事にコメントしたのですが、そのお礼は同じそちらのコメント欄に書くべきです。ここに書くのは場違いです。
以上が
>お気づきの点 ご指摘 アドバイス
です。

Re: 呪われた判決
雑草Z
    呪われた判決さん

樋口英明氏の他の裁判の事は知りませんし、あなたが書かれている事は理解出来ません。(かといってその点を説明されれば、長文になるだろうし、本件から外れるでしょうから、)本裁判に関して・・・この裁判についてどこが不合理と考えているか具体的に書いて下さい。

>原子力規制委員会の田中俊一委員長からは、当仮処分内容には「事実誤認がいっぱいある」 と指摘されているようですが、 
と、書かれていますが、具体的に書かなければお返事できません。本文にもそのような旨記しました。

今回の判決に関して、原発推進派は樋口英明氏に対して別件などである事ない事書き立てていると言われてますが、あなたもその工作員の一人でしょうか?逆効果だと思いますよ。

戦争と原発と神風
団塊親爺の遺言
 あの大戦突入の時も日本には神風が吹くから大丈夫とか・・
一億総玉砕の精神でとか・・富国強兵の為にとか戦争に駆り出された人々は
逝きました 一部の権力者たちの言い成りになると悲惨な結果が・・
今も世界の様々な戦争の為に凄い数の避難民や一般の方が亡くなっています 
我が国も近隣の国との領土問題が在ります 
戦争は終われば国へ故郷へ帰れるが・・
福島から避難した方々は帰られないのですよね 
欲望に囚われた一部の権力者たちの考えは人の命なんて捨て駒位にしか考えていないのでしよう やっと司法が国富の喪失との本質を語りました

原発事故は 国富の喪失で在る事が現実に成った今
人は間違いを起こす生き物なのだと云う事が判らなければ
それは人では無く 唯の金の亡者なのかも・・あの世で遣ってくれ
裁判官がどうので無く 原発事故をどうするのか 解決策は在るのか
口先の理屈は要らない 福島を取り戻してからのお話では・・  

Re:戦争と原発と神風
雑草Z
    団塊親爺の遺言さま

>一部の権力者たちの言い成りになると悲惨な結果が・・

おっしゃる通りです。その意味で日本人は大人し過ぎるのかもしれません。

>欲望に囚われた一部の権力者たちの考えは人の命なんて捨て駒位にしか考えていないのでしよう

残念ながら、そのように考えていると思われる権力者が沢山いますね。原発の被曝労働を是とする人々はみんなそうだと思います。

>やっと司法が国富の喪失との本質を語りました 

はい、こう言う方にこそ頑張って欲しいものです。

>裁判官がどうので無く 原発事故をどうするのか 解決策は在るのか口先の理屈は要らない

そうですね。極めて真っ当な判決を出した裁判官に、別件のある事ない事で誹謗中傷する原子力邑の推進派は、卑劣だと思います。

理性的な結論は、先ずは原発を全廃する事でしょう。 

最初に知った時
guyver1092
 最初に知った時、裁判所としての一般的な判断で、仮処分が出たと思っていましたが、前回の大飯原発と同じ裁判長だったのですね。このことを知った時、あまり喜べないと思いましたが、やはり川内原発の判決では、気違いじみた判決が出ました。
 まだまだ裁判も安心して見ている事は出来ないようですね。

Re:最初に知った時
雑草Z
>このことを知った時、あまり喜べないと思いましたが、
>まだまだ裁判も安心して見ている事は出来ないようですね。

おっしゃりたい事は良くわかります。結局、樋口英明裁判長だけ・・・と言う事で、彼は主要な地位から外されて、控訴審では逆転判決・・・と言うシナリオを現政権や関電は描いている事でしょう。まあ、裁判は裁判長一人で決める事では無く、3人の裁判官の平等な協議によるとの事ですので、後の二人の裁判官の少なくとも一人は樋口英明裁判長に近い思想の持ち主だったのでしょう。

世界一の原発密度の日本は、今直ぐ脱原発に舵を切ったとしても放射性廃棄物の膨大な量で、放射能汚染は既に遅し・・・の感のあるところですが、これからも再稼働を続ければ、助かるものも助からなくなりそうです。原発は愚の骨頂です。

安心安全を願う者です
呪われた判決
雑草Z 様

私は、あなたと同じく安心安全を心から願う者です。
「身に迫る危険」、それは様々です。
法を犯している事を知りながら、「正しい」として身勝手に組織的に行動する者たちがいる。
この恐怖は、原発事故よりも身近であるのかも知れません。

Re;
雑草Z
>この恐怖は、原発事故よりも身近であるのかも知れません。

身近かも知れませんが、原発事故ほど恐ろしくは無いでしょうね。

>法を犯している事を知りながら、「正しい」として身勝手に組織的に行動する者たちがいる。

なんて抽象的な事を書かれてもね。先のお返事に
>具体的に書かなければお返事できません。本文にもそのような旨記しました。

と書いた筈ですが。勿論今回の記事の
高浜原発再稼働差し止め判決
に関してです。


コメントを閉じる▲
2015-03-23 00:01
原発のメリットを考えてもまともなメリットは何一つ見付かりません。ブラックジョーク的なメリットしか考え付きません。ここのサイトでは、2011年の3.11よりかなり以前の記事【原発に代替案は必要か?】2007年7月21日
で論じています。3.11原発震災以降、反論のコメントらしきものはありましたが、まともな反論は一つもありませんでした。
私の論争の手法が上手いのではなく、原発にまともなメリットが無い事が事実だからです。
ただ、一つくらいまともなメリットがあってもいいとも思います。誰か、私に原発のメリットを教えて下さいますか?勿論理に適った方法で。
まともなメリットがあったとしても、枚挙に暇の無いデメリットを補うほどにはならない・・・プラスマイナスでも大きくマイナスになる事は間違いないと思いますが、それでもなるほどと私を唸らせるメリットをお知らせ下さいな。原子力邑の工作員の方々も、逆SEO対策なんて小狡ことをしてないで、まともなメリットがあれば教えて下さいな。

原発の是非論の議論は、私の中では3.11以前に決着がついていますが、3.11から4年がたった現在でも原発事故に決着はついていませんし、収束もしていません。
原発は即全廃、で議論の余地などない代物です。もう今の段階でもチェルノブイリや福島第一原発の深刻な事故だけで終わるわけでは無く、残念ながらこれからもっと深刻な事態も起こるでしょう。しかし、これ以上原発を続ければ人類が生存できる可能性はもっと駄目押しされるだけです。只一時の経済の為・・・電力会社の「資産」として会計処理されている原発が、廃炉を決めた瞬間から「不良債権」に会計処理され、電力会社をはじめ、多くの企業が打撃を受けて倒産する会社も現れる・・・ただそれだけの理由(あとは矛盾だらけの軍事利用)で動かしている原発です。病院や医療関係の企業が潰れるからと言って人類を滅ぼす危険性のある深刻な伝染病を蔓延させるのを黙認するなんて馬鹿な事は許されないのと同様でしょう。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2015/03/23 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

そりゃ無理
爽風上々
やはりこのように聞かれるとどなたもコメントも付けにくいようですね。

原発にメリットがあるかと言われてすぐに答えられるのは推進派の中にもほとんどいないのではないでしょうか。(商売の人だけ)
ほとんどの人は危険性を言われてもやはり仕方なく必要と考えているのだと思います。

エネルギー源のほとんどで様々な面に難点がある状況で、原発がいくら難点が多いといっても簡単には捨てられないと感じているのが大多数です。

経済成長をしなければ資本主義が崩壊すると言う固定観念があり、また一方ではエネルギー使用と経済との密接な結び付きがある現状では、エネルギー削減などということは頭の中から消し去られてしまっているのでしょう。
しかし、その点を解決しなければ人類自体が「持続可能」ではなくなります。

エネルギーに過度に依存する文明となってから、せいぜいわずか300年です。またこのような奇形化した資本主義もそれほど長く続いたわけでもありません。他の道を探るということが今ほど求められている時はありません。

1000年先の世界を見定め、今すぐに対応を決めなければ様々なところで並行して進んでいる破局が一気に加速するかも知れません。


Re:そりゃ無理
雑草Z
    爽風上々さん

 特に原子力推進派の人にコメントを戴きたいと思っていたわけではありませんが、今回の記事には誰もコメントをくれないのではないかも知れないと思いましたので、コメントを戴いて嬉しいです。【ネット監視】の記事にも書きました通り、以前は当方の記事には、原子力邑のネット監視工作員と思える方々からの嫌がらせのコメントらしきものがたくさん来ていましたが、ことごとく撃退しましたし、そのコメントも削除せずに晒してますので、逆効果と思ったのか、原子力邑の人々は、無視を決め込んだばかりか、アクセスしにくいように逆SEO対策をしたようです。

>原発にメリットがあるかと言われてすぐに答えられるのは推進派の中にもほとんどいないのではないでしょうか。

少なくとも、他の発電方式に勝るメリットをしっかり挙げられないのであれば、原発を推進しては駄目ですよね?

>エネルギー源のほとんどで様々な面に難点がある状況で、原発がいくら難点が多いといっても簡単には捨てられないと感じているのが大多数です。

おっしゃる通りの面もあると思いますが、逆に原発以外の発電方式は、原発に勝るメリットは沢山列挙できます。発電方式を比較して、原発が極端に劣る以上、やるべきでは無いですね。

>経済成長をしなければ資本主義が崩壊すると言う固定観念

これも半分真理でしょう。資本主義が詐欺的な社会ですから崩壊させるべきです。現代人は「資本主義」を「自由経済」と混同している(させられている)ところがまずいと言えましょう。

おっしゃるようにエネルギーの大量使用(浪費)を改めなければ真の解決は出来ないでしょうね。

>他の道を探るということが今ほど求められている時はありません。

そうですね。エネルギー削減を桁違いに行わなければ、人類には1000年先どころか、100年先もないでしょうね。

説くべき相手は
爽風上々
喧嘩をする時は周りの傍観者をできるだけ味方につけるようにしろという話があります。
いろいろな事情から原発推進を進める中心の人々はそれほど多いわけではありませんが、強力な意志を持っています。
大多数はそれ以外の一般国民なのですが、その人々が推進派を支持してしまえば反対もしようがありません。

これらの人々が「経済成長のためにはエネルギー確保が必要なので、いくら危険があっても原発を動かすのは仕方がない」と考えてしまえば推進積極派の勝ちです。
しかし、現在の国民の多数はこの状態に近づきつつあるように感じます。

この思考には2つの大きな間違いがあるというのは分かる人には分かりますが、分からない人には想像もできないことかもしれません。
つまり、「経済成長」と「原発の多少の危険」です。
多くの原発反対派の人たちはここで、「原発の危険」は多少ではないということを主張していますが、それだけではもうひとつの「経済成長」の誤りを晴らすことはできず、結局は失敗に終わるでしょう。

原発反対のためには社会の大変革が必要ということをどれだけ真剣に考えるかです。

原発の経済性
guyver1092
 推進派は、原発の経済性について嘘を言ってきたのが、3.11後経済誌にも載るほどになり、ある程度は政府も認めざるを得ないところまで来ています。しかし、国民の意識は騙されていた時代とあまり変わっていないように感じます。騙されて無駄に金を払わされたことが出来ていないようですね。政府の嘘により、どれだけの無駄金を払わされたかという宣伝を大規模にすれば理解できるかもしれませんね。

公害を想い出す
団塊親爺の遺言
戦後の経済・産業の復興に様々な公害問題が発生しましたね
人々はその結果がどうなるかを知らず邁進していました
無知な私たちは国や偉い学者さんたちがやる事だからと・・
水や空気が汚され初めて知る生命の危機 多くの人が奇病で
苦しみ亡くなったのはつい最近の事です 絶対事故の起きない
原発は人類史上最悪の公害に成る恐れが・・目に見えないものは
大地や川や海に流れ全ての食べ物を汚染しいずれ私たちの体内に・・
原発に依る病気が発生しても因果関係が判らず又お得意の
ウィルス説にされ様々な薬剤を投与されお終いに・・

以前に国破れて山河<在り>←(無し)と想いました
モラルやマナーの欠如した 金に群がる亡者共の企み
反省も責任も取らずに寝言を言う・・

全くメリットは無し 最悪のゴミの処分は将来の人たちへ
自分たちは利益だけを得 後始末は他の人へ
いつもの偽装企業の記者会見でも責任者は頭を下げている
福島から追い出された人々に謝れ 誰も出て来ない現実
誰も責任は摂らない 古狸たちの昔の掟(国策)

二度とこの様な事は在っては成らないのです
人間は間違いを起こすもの モノは必ず壊れる事

Re:説くべき相手は
雑草Z
>原発推進を進める中心の人々はそれほど多いわけではありませんが、強力な意志を持っています。

その通りだと思います。ただ、経営者でなくとも、電力会社や原発プラント会社、そこにお金を貸した銀行などの一般社員も単に自分の会社が赤字になるのが嫌だから、原発推進派になっている人が大勢いますね。かつてここに原発の賛成論を書き込んだ人々もそのような末端の社員などが動員をかけられて嫌がらせのコメントを描いたのでしょう。広く言えばそのような人々も含めて原子力邑の住人と言えましょう。

>現在の国民の多数はこの状態に近づきつつあるように感じます。

まだ過半数は原発反対ではないでしょうか?・・・政府や御用マスゴミがっそのような世論を作り出そうとしているのだと思います。

>「経済成長」と「原発の多少の危険」

原発によって経済成長が出来ると考える事は正に、不要な浪費が経済成長を作ると言う典型でしょう。「経済成長」して社会は住みにくく崩壊に近づいて行くだけです。

Re:原発の経済性
雑草Z
>原発の経済性について嘘を言ってきたのが、3.11後経済誌にも載るほどになり、ある程度は政府も認めざるを得ないところまで来ています。

そうですね。事故後発行されたその経済紙を guyver1092 さんにご紹介して頂きました。ある程度意識の高い人は、そこに気がついている筈ですが、しっかり調べもせずに「経済」に脅されて原発を何となく必要悪と考えている人が多過ぎますね。

>政府の嘘により、どれだけの無駄金を払わされたかという宣伝を大規模にすれば理解できるかもしれませんね。

そうですね。もう4年も経ったのだから、ある程度しっかり示せる筈です・・・示しているものも沢山出てきたと思いますが、マスコミがことごとく無視を決め込んでますね。偽プロパガンダの悪辣な広告代理店の悪行から暴くべきでしょうか?

Re:公害を想い出す
雑草Z
>人々はその結果がどうなるかを知らず邁進していました
無知な私たちは国や偉い学者さんたちがやる事だからと・・

これはまずいと思った人も少なからずいた筈ですが、声を上げると嫌がらせをされたり村八分にされて無視されたり・・・正に原発と一緒でしたね。

>水や空気が汚され初めて知る生命の危機 多くの人が奇病で
苦しみ亡くなったのはつい最近の事です

その通りですね。原発はもっと大規模で深刻なのに一時の利権の為に動く強欲な連中・・・そう言うモラルの欠けた連中が世の中を動かしているから悪いんだ・・・とつくづく実感する今日この頃です。

>原発に依る病気が発生しても因果関係が判らず又お得意の
ウィルス説にされ様々な薬剤を投与されお終いに・・

言われてみれば、そうされる可能性は高いと思います。何せ無責任でモラルの無い連中ですから。

>国破れて山河<在り>←(無し)
>誰も責任は摂らない 古狸たちの昔の掟(国策)

酷いもんですね。そんな人々がアベノミクスを推進しています。





コメントを閉じる▲
2015-03-17 00:01
原発にはメリットは全くないと言っても過言ではありません。まともなメリットが無いので、推進派は3.11以前よりデメリットを逆手にとって詭弁を用いて・・・『詭弁』と言うほどの論理でもなく、単なる誤魔化しレベルですが・・・・メリットとしてプロパガンダしてきました。そのロジックは正に詐欺レベルと言っていいでしょう。【デメリットを嘘で塗り固めてメリットとしてしまうプロパガンダ

放射性廃棄物の処理を出来なかったのにも関わらず、将来的に放射性廃棄物を無放射能化する技術を開発すると科学者(核物理学者)達に約束させて、原発を見切り発車させてしまいました。・・・その後、50年以上研究した現在でも、科学技術的に放射能を減らす事は出来ませんでした。放射能の減少は時間だけの関数であり、時間しか解決できない事は物理的な根本事象なのかも知れません。だから原発推進派は放射能が十分に弱まるまで地下貯留するという計画を立てました。日本ではその候補地に名乗り出る地方自治体が無い状態で(一時期出ましたが、撤回されています。)現在に至ります。
放射性廃棄物を無放射能化出来ない事だけでも原発を稼動することは無責任極まりない危険なことで、許可されてはいけない筈です。だから推進派は放射性廃棄物の問題には出来るだけ触れないで知らせないで来ました。3.11以前は放射性廃棄物の問題を知っている人は余り多くなかったようです。反原発の人々も反対理理由のトップのほうには挙げませんでした。

ところが、3.11原発震災以降、多くの原発が停止されほとんど稼動されていない中で、再稼動を目論む推進派は、あろうことか、放射性廃棄物の処理さえ原発稼働の理由にしようとしました。
先ず、使用済み核燃料の冷却を続けるために原発が必要だと言い始めました。非常に理不尽な滅茶苦茶な理屈を真顔で主張しました。使用済み核燃料を冷却するために原発を稼動し続けて、更に新たな放射性廃棄物を出し続けたら、それこそイタチごっこで、永久に原発を稼働し続けなければなりません。そして、使用済み核燃料は増える一方です。最後には別な発電方式で作った電力によって冷却をしなければならないでしょう。それならできるだけ早く別な発電方式で作った電気で冷却するべきでしょう。
そして、原子力推進派は更にとんでもない事を言い始めます。放射性廃棄物の処理の研究の為にも、原発は稼動しなければならないと言うのです。研究を続ければ無放射能化も可能だとか、安全に処理できる方法が見つかると言うのです。そんな事を前提に話を進めているのです。更に廃炉を決めたらモチベーションが下がるとか、とんでもないことを本気で主張しています。
こんな馬鹿なロジックに付き合って入られません。
確かにこれまで排出された放射性廃棄物の量は膨大です。特に使用済み核燃料の放射能が、人体への影響が無視できるほど弱まるもで人間社会から隔離しておくことは不可能に近いでしょう。そのことに関して私は他の多くの人々よりも悲観的です。そう、日本では既に遅しのレベルです。しかしだからと言ってこれ以上使用済み核燃料を増やして、原発を続けたら、更に悲惨な事になるだけでしょう。兎も角、放射性廃棄物の上乗せは即停止すべきでしょう。
原発推進派の理屈はこんなとんでもない滅茶苦茶なロジックばかりです。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2015/03/17 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

どのぐらいの割合が騙されているのか
guyver1092
 少し考えれば変な主張であることは分かりそうなものですが、日本人のどの程度が騙されているのか非常に興味があります。加えて、騙されなかった人が選挙時に、どのような選択をするのかもです。

困ったことに…
ST
更に加えてですがhttp://diysome.web.fc2.com/FE/Hajime/index10.html
http://homepage2.nifty.com/cosmo-formalism/sakusaku/3_1.htm
なども全部を信じてしまう人がいるのですよ…

Re:どのぐらいの割合が騙されているのか
雑草Z
>日本人のどの程度が騙されているのか非常に興味があります。

そうですね。こんな事に騙される輩はよっぽどレベルが低いのだろうと思いますが、youtube で「山本太郎を堀江貴文が完全論破」のようなタイトルがあったので、ありました。山本太郎は3.11以降原発に関してよく調べていたので、論破されないだろうと観て見たら、堀江が記事本文の
「放射性廃棄物の処理の研究の為にも、原発は稼動しなければならない」のような事を言って山本太郎は全く論破されていませんでした。それを論破と言ってアップした人物や堀江がレベルが低過ぎでした。・・・と言う事で、彼等は特別なお馬鹿なのかもしれませんが、結構な割合でいるかも知れませんorz.


Re:困ったことに…
雑草Z
    STさん

 ご紹介のHPのタイトルだけ見ると、確かに「とんでも」に見えます。私もその手のとんでもを信じている方を何人か知っています。文系の方に多いように見えます。
ご紹介のHPを読んでみると、この手のHPの中ではまともな方でもっともらし事が描かれていて、信じてしまう方がいるのも不思議ではない感じです。

フリーエネルギーだとか生物学的元素転換、生物利用の無放射能化を主張する人の検証実験をビデオ等で観ると、検証実験がいい加減過ぎました。彼等は厳密な実験が出来ないのか、敢えてやろうとしないのか判りませんが、対照実験さえしない彼等のやり方は、信頼を得る事は難しいでしょうね。

面白い事は、政府はこの手の「とんでも方法」を信じていない事です。そのくせ本文記載のように更に酷い「とんでもロジック」を使います。

コメントを閉じる▲
2015-03-11 00:01
本日で3.11東日本大震災から丁度4年となりました。本日は震災に関する事が各種マスコミで報道されるでしょう。その中で原発震災に関する報道はどのくらいの割合になるのでしょうか?

3.11で原発に関する政府と東電の報道が如何に出鱈目であるか。如何に真実を隠そうとしているか・・・が露呈されました。言い訳のできない事実が暴かれる度に東電は謝罪してきましたが、いまだに情報隠しが続いています。つい最近も汚染水の海への流出の事実も報告せずに隠していた事が露呈されたばかりです。
3.11以降多くの原発が止められて、2012年5月には原発稼働ゼロが実現しました。それ以来今まで稼働した原発も本の僅かで、原発が必要ない事が実際に証明されました。原子力の代わりに火力発電がフル稼働しているから、石油の輸入が増えて、石油の輸入費が膨大になった・・とか言う御用エコノミストが沢山いますが、石油の輸入額の高騰はアベノミクスの円安政策でしょう。それに、石油では無く原発で発電すれば石油を輸入しなくて済むかと言えば、そんな事は全くなく、後の廃炉処理、放射性廃棄物の処理に、火力発電以上にエネルギーを投入しなければならなくなります。原子力邑の人々は、ことごとくデメリットをメリットとプロパガンダして来ましたし、現在もしています。そのプロパガンダは3.11直後はかなり自己規制されていましたが、最近また酷くなってきました。(具体的内容に関しては後日記事にします。)

最近は「絆」プロジェクトあたりも、政府や東電が広告代理店あたりに考えさせたプロパガンダではないかと疑っています。「みんな絆で繋がっているのに、放射能とかで騒ぎ立てるな・・・責任追及とかしているな。みんな絆で助け合っていこう・・・」ってな感じです。そして償い切れない犠牲を出したにも関わらず、誰も責任を負っていません。誰も責任も取れないのに、こんな危険で、子孫に負の遺産を残すデメリットだらけの代物を再稼働するのは、利権を持っている人々の単に目先の利益だけでしょう。その為に日本ではもう既に原発で将来の明るい見通しは立ちません。素直に絆プロジェクトを素直に受け止めている人も沢山いると思います。しかし、絆プロジェクトは、モラルハザードプロジェクトかも知れません。日本の3.11原発震災を観て、ドイツ(メルケル首相)は脱原発に大きく舵を切りました。そのメルケル首相が来日しましたが、アベ首相はメルケル首相の脱原発の提言を聞く耳をもたないでしょう。主義が違うばかりでなく、極めて愚かだからです。
東京でオリンピックを開く為に「原発は完全にコントロールされている」等と見え見えの嘘をついても平気な彼には一刻も早く止めて頂く事が今出来得る最善策でしょう。

このほか除染や瓦礫の広域処理についても書こうと思いましたが、丁度一年前に記事【3.11から丸3年】を書いていて、読み直したら触れていました。・・・と言う事で、今回はこの辺で止めて置きます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2015/03/11 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

震災
爽風上々
自分のブログの方でも気がついて見れば去年とまったく同じことを書いていて、我ながらあきれました。
それだけ事態の進展がほとんど無いと言うことなのかも知れません。

今朝のテレビなどもほとんどその話題ですが、復興財源の全額国庫負担というのが5年ということであと1年で終了するそうです。被災地各所の自治体などの苦悩も強まるばかりかと思います。
この点での事態の進展(というか悪化)はひどくなってきたようです。
この日だけでなく、こういった点の報道というのもマスコミには引き続き取り上げてもらいたいものです。

人に迷惑を懸けたら・・
団塊親爺の遺言
 私たちの日常で他人様に迷惑を懸けたならば・・
ご免なさいと謝るのが当たり前じゃありませんか・・?

人の遣る事です 一度は間違っても寛容に対応は出来ます

でも今回これだけの被害を国民に与えたにも関わらず 又再稼働を企む輩たちが居る事に驚きます 福島の惨状を一つも解決せずに次の大惨事を招く輩たちは人類の敵 ISILの輩と変わりません 40年後に何とかする・・信用出来ません

こんな人類の手に負えない代物は今回でお終いに・・
言葉の保障は要りません 福島を元に戻してから云え
謝れと声を大にして言いたい これは間違ったと何故に云えないのか 
子供たちが過ちを犯した時に怒るのは親の責任だが
これは親の過ち・・再稼働は在り得ない  

Re:震災
雑草Z
>それだけ事態の進展がほとんど無いと言うことなのかも知れません。

そうですね。色々細かい進展(?・・「後退」かも・・)があっても、あんまりいい方向には進んでいませんね。

>復興財源の全額国庫負担というのが5年ということであと1年で終了

瓦礫の広域処理や除染作業のように大手ゼネコン等の利権に繋がり、地元にあまりお金が流れないような事業には潤沢なお金が投入されましたが、本当に必要なところでもお金が投入されていないものが色々ありますね。復興事業を利権に結び付けて行うところが浅ましいですね。

>この点での事態の進展(というか悪化)はひどくなってきたようです。

後退、悪化の印象を否めませんね。

Re:人に迷惑を懸けたら・・
雑草Z
>今回これだけの被害を国民に与えたにも関わらず 又再稼働を企む輩たちが居る事に驚きます 

色んな理屈をこねていますが、結局は利権だけですね。原発は再稼働せずに廃炉を決定すれば、その瞬間に資産から不良債権となるような会計処理が為されます。たったそれだけの理由で、再稼働しようと目論む連中は、売国奴とか非国民の類でしょうね。

>謝れと声を大にして言いたい これは間違ったと何故に云えないのか 

このような正論が通じないのが原子力ムラでしょうね。

>再稼働は在り得ない

私もそう思います。  

あきれるほど変わっていない
guyver1092
 原発推進派は、3.11後あきれるほど変わっていませんね。宣伝の力で嘘を本当と思い込ませる、または、問題の本質を隠して別のことを最重要課題と思わせる等術策を弄して、世界を破滅へ導こうとしていますね。
 国民もあきれるほど変わっていません。原発が危険という認識は広まってきているのは確かですが、いざ意思決定の場となると、景気対策が最重要で、原発推進を容認します。

Re:あきれるほど変わっていない
雑草Z
おっしゃる通りです。

>宣伝の力で嘘を本当と思い込ませる、または、問題の本質を隠して別のことを最重要課題と思わせる等術策を弄して、世界を破滅へ導こうとしていますね。

3.11によって原発推進派のこのような体質が世間一般に露呈したにもかかわらず、

>原発が危険という認識は広まってきているのは確かですが、いざ意思決定の場となると、景気対策が最重要で、原発推進を容認します。

のとおりですね。このままでは文明崩壊も時間の問題でしょうね。どうしましょうか?

Re:Re:あきれるほど変わっていない
guyver1092
 困ったものです。有効な対策は全く思いつきません。国民が賢くなり、選挙で正しい選択をすることが出来ればよいのですが、選挙の時になると、人類の存続よりも、一時的な金銭収入を取ってしまうようです。

Re:Re:Re:あきれるほど変わっていない
雑草Z
>人類の存続よりも、一時的な金銭収入を取ってしまうようです。

そうですね。人類の理性を信じたい部分もあるのですが、自国の首相と言うには恥ずかし過ぎる人物が安倍首相のように自分の言いたい事だけ言って首相になる国ですからね。
・・となると、 guyver1092 さんが提唱される会計システムのように得するように動けば、システム的に持続可能な社会になるようなシステムを構築するしかありませんが、そのようなシステムを構築するような動きを妨げる勢力がありますね。

コメントを閉じる▲
2014-04-17 00:02
まやかしの【トレード・オフ】の具体例です。
3.11以前の日本では、原発に反対する者を封じ込める為に、多くの嘘のプロパガンダがまかり通っていました。「絶対安全。非常に安いクリーンな電気エネルギー。」のような強引なプロパガンダがまかり通っていました。この論調では原発には特にデメリットがなく、原発によるトレード・オフなんか考える必要がない・・・最も優れた発電方式が原発だ・・・と言うようなプロパガンダです。電力会社や原発プラント関連会社だけでなく、国が率先して広めていたのですから、彼ら・・・いわゆる原子力邑の住人たちは、悪辣な詐欺的集団と言えましょう。

「絶対安全」と言う狂信的な神話が崩れた3.11以降、原発に関わる様々なトレード・オフ関係を認識した人が沢山現れました。原発にも負の面が沢山あると当然の事を言えるようになってきました。・・・原子力推進派さえも、「原発はいい事尽くめ」・・・とは・・流石に言えなくなって、「安全対策をしっかりすればメリットが多い」と言うような論調に変化しました。しかしそのトレード・オフ関係にも、いまだに原子力邑の嘘が蔓延っています。
「他の発電所の事故とは比べようも無いくらい、深刻で危険で大規模な事故が起こる可能性」・・3.11で実際に起きたのです。・・・をデメリットとして、これだけでも対等なトレード・オフ関係にあると言えるメリットなどなかなか考えつきません。しかし、デメリットは事故の悲惨さだけではありません。それなのにいまだに推進派からはメリットが吹聴されています。他の発電方式や他のエネルギー、不景気、などとのトレード・オフ的なプロパガンダで原発を維持しようと必死です。
推進派の挙げるメリットを列挙してみます。


ごく少量のウラン燃料で大量の電気が作れる。
地球温暖化の原因になるCO2を排出しない
核燃サイクル、プルサーマルで燃料をリサイクルできる。
低コストで発電単価が安い
ウラン燃料は安定供給が出来る
自然エネルギーではまかないきれない
エネルギー資源の乏しい日本では原発が無ければエネルギー不足に陥る
原発が稼動しなければ経済が破綻する
事故率が低い
他の発電方式とのベストミックスで電力を安定供給
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


いまだにプロパガンダされているこれら原発のメリットは、データを都合のいいようにアレンジし、都合のいいように解釈した虚構のメリットと言えましょう。当サイトでは3.11以前からそれらの虚構性を指摘しています。
現在の便益と将来の便益との間の選択のトレード・オフ関係に関して、原発は未来を犠牲にして、現在の便益を優先していると多くの人が考えているとでしょう。未来を犠牲にしている事は確かですが、現在の便益に関しても、他の発電方式、他のエネルギーを使った方がいいのです。・・・つまり、原発のメリットはないと言えます。原発はデメリットばかりなので、トレード・オフ関係など考える必要が無い愚かな発電方式なのです。3.11以前に【原発に代替案は必要か】でも述べています。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2014/04/17 00:02】 | 原子力 トラックバック(0) |

原発のメリットと言われているものに対するトレードオフ
guyver1092
>ごく少量のウラン燃料で大量の電気が作れる。

ごく少量のウラン燃料を作るために大量の石油を燃やす必要がある。

>地球温暖化の原因になるCO2を排出しない

核分裂自体ではその通りであるが、核燃料を作る段階で使っているのでは、嘘ではないが事実すべてでもない。

>核燃サイクル、プルサーマルで燃料をリサイクルできる。

やって出来ないことはないだろうが、それをするのに必要な石油を素直に燃やした方が、桁違いに大量の電力を生み出すことが出来る。


 石油が無いと出来ないのは丸わかりなのに、まだ言うのですね、原子力村の口は。




 

羊たちの沈黙
団塊親爺の遺言
昔の映画の題です 恐い映画でした

人の心理や盲点を突く構成です 乾電池から原子力迄の
現在の大手企業の戦略は 如何に安定して儲けるかです

今の社会はピラミッド型の社会 底辺の私たちは羊にしか
見られていない 一番上に利益が吸い取られ最下層の人には
利益が回らないシステム 専門家とか政治家を配下にし無知な
羊は自分たちに命の危険が迫る迄 気が付かない

まるで陰謀論の様ですが今の社会の有様です こんな世界・・
ぶち壊したいが・・野生動物の世界を見ても相手を絶滅させる
事はしません 人間は全てを絶滅するパワー(原爆)を持ちます

恐竜の社会は1億5千万年の歴史 人間の歴史は足元にも及び
ません ビッグバーンから始まった この世界のレベルは何年
続くのか・・今の人間の考え方では 恐竜時代にも及びません
勝手な事を書きました 晩酌も入っています ご免んなさい 

Re:原発のメリットと言われているものに対するトレードオフ
雑草Z
    guyver1092 さん

模範解答有難う御座います。
一か所省略した主語を補わせて頂けば、

核分裂自体ではその通りであるが、核燃料を作る段階で<石油を>使っているのでは、原発に投入されるエネルギー全体で見ればCO2も排出しているし、直接海を暖めて温暖化ガスの一つである水蒸気も出している。

ですね。

結局のところ、原発は、石油の迂回燃料になっていると言えますね。つまり、石油の節約どころか、石油とウランのダブル浪費と言う事ですね。

>石油が無いと出来ないのは丸わかりなのに、まだ言うのですね、原子力村の口は。

3.11以前よりはトーンダウンしましたが、(・・意図的に?)学ばない輩もかなりいるようです。

実際のところ、原発をやる事によるデメリットを打ち消すだけのメリットはありませんね?・・その意味で、原発稼働の為のトレードオフを考える必要は無いと考えますが、guyver1092 さんは如何に考えますか?

Re:羊たちの沈黙
雑草Z
    団塊親爺の遺言さん

>今の社会はピラミッド型の社会 底辺の私たちは羊にしか
見られていない 一番上に利益が吸い取られ最下層の人には利益が回らないシステム

なるほど、無力な一般庶民を「羊」に例えられているのですね。「羊たちの沈黙」ってそういう意味で捉えると理解出来ます。確かに現代社会はそのようなシステムだと思います。 

>専門家とか政治家を配下にし無知な羊は自分たちに命の危険が迫る迄 気が付かない

正に現状ですね。原発の放射能でも。PM2.5でも、いつ日本中を覆うか分からない状態ですね。それなのに無知な羊たちはアベノミクスに踊らされて、景気回復だとかオリンピックだとか・・・この期に及んでアベノミクスの危険性、愚かさに気がつかない人々は、ヤバいと思います。

>まるで陰謀論の様ですが今の社会の有様です

そうですね。子供の頃、これほどまでに酷い社会だとは思いもよりませんでした。現在の子供の世代にもこの酷い現状を言うには忍びないですが、真実を知って改革の世論を形成すべきですね。

最近毎回のコメント、有難う御座います。感謝致します。 

原発のトレードオフ
guyver1092
 私も雑草Zさんと同じく、原発のメリットはないと考えています。ただし、文明の崩壊をお金に換えて儲けようという人間にとっては、なくてはならないアイテムでしょう。

Re:原発のトレードオフ
雑草Z
guyver1092 さんもやはりそのようのお考えですね。
原発は狂気の沙汰ですね。

>文明の崩壊をお金に換えて儲けようという人間にとっては、なくてはならないアイテム

これはブラックでしょうか?・・・原発推進派は、文明崩壊と言う大犯罪を犯している事になりましょうね。

ブラックです
guyver1092
 ブラックですが、支配者の行動は文明を破壊し、消去する心算の場合の行動と何ら変わらないと感じますが。

Re:ブラックです
雑草Z
なるほど、ブラック・ジョークの積りでも、支配者の行動は、ジョークと同じ行動をとっているので、結果は同じと言う事ですね!?・・・利権の為にやっている事なのでしょうが、文明を破壊し、消去する方向に繋がると気付かないのでしょうか?どうお考えですか?・・・・アベノミクスに代表されるような政策は、強欲に踊らされた愚か者にしか見えませんが・・。

価値判断基準
guyver1092
 価値に対する判断が致命的に狂っているのでしょうね。真実に価値のあるモノをゴミと認識し、価値のないものを至上の価値と認識するのでしょう。アベノミクスに代表されるような政策は、彼らの価値判断基準では、「これしかない」物なのでしょうが、長期的に、日本全体、世界全体の人類の存続て言う尺度で見れば、絶対してはいけない政策と感じます。

Re:価値判断基準
雑草Z
   guyver1092 #さんのおっしゃる通り

>価値に対する判断が致命的に狂っているのでしょうね

「致命的に狂っている事は、字面の如く本当に致命的ですね。現在はアベノミクスのような成長戦略をやる場合じゃない事を悟れないって、どれだけ愚かなのでしょう。このままでは近い将来崩壊が顕著に目に見えるようになるでしょうね。

>真実に価値のあるモノをゴミと認識し、価値のないものを至上の価値と認識

アベノミクスが典型例ですね。最悪の政策です。

>長期的に、日本全体、世界全体の人類の存続て言う尺度で見れば、絶対してはいけない政策

の通りですね。崩壊へのカウントダウンが始まったようです。



コメントを閉じる▲
2014-03-23 00:01
 2011年3.11の福島原発震災以前は、明確に原発に反対の意志を表明する人はあまりいませんでした。潜在的に原発に反対であった人は少なからずいたでしょうが、それを口に出す人は現在よりも遥かに少なかったでしょうし、まして、反原発団体に所属する人は更にずっと少なかったでしょう。反原発団体に所属する人は原子力村の人々によって「過激派」のレッテルさえ貼られていました。3.11以前は原発反対のデモの参加者が10人足らずだったのが、3.11以降100倍以上に増えた(1000倍以上の場合もある)という話は実際に聞いています。
2011年3月11日の原発震災以降、原発反対を口に出す人は増えました。福島第一原発事故の情報はかなり隠蔽されていましたが、それでも極めて深刻な原発事故を目の当たりにして、反原発になった人は当然の如くかなりいました。そして、そのとき直ぐに反原発にならなくても、その後、3.11以降出版された原発に関する様々な書物や、3.11以前から出版された原発の書物などを読んで、もしくはネットなどの情報から、原発の酷さ、虚構性、経済性さえない実体を知り、反原発に回った人は沢山いました。
そう、危険極まりないことは当然の事として、発電機関よりも廃炉後の放射性廃棄物の処理・管理に膨大なお金と時間がかかり、ライフサイクルで考えれば最も安い発電方式どころか、最も単価が高く、費用対効果も破綻している原発の実態を知れば、反原発に回る事は当然の帰着です。
つまり、原発の実態に関する知識の量と原発に反対する事は正の相関関係があると言えましょう。理性を持ったまともな人間であれば、原発に関する本当の知識を持てば、原発に賛成しないことは確実です。原発推進派は、原子力邑の住人か、その原子力邑の住人の虚構のプロパガンダを信じて、原発の真の姿を知らない者=いわゆる情報弱者、若しくは原子力に利権持っている人だけでしょう。
推進派の原発のプロパガンダは、「現在原発が止まっているから日本の経済は良くならない」のような真実を誤魔化した嘘のオンパレードです。原発推進派の破綻したロジックには、どの項目に関してもふざけたような共通点があります。それは、原発の持っている大きなデメリットを、全て嘘で塗り固めて、逆にメリットとしてプロパガンダしている点です。
危険すぎるから、安全と言い、
費用対効果が破綻しているから、安い発電費用 と言う。
押し付けだから地元の要望と言い、
軍事目的だから平和利用と言う。
その場では二酸化炭素を出さずに放射能を出すから クリーンと言い、
そして不必要だから必要と言う
全ライフサイクルを無視して、一部だけに着目して安い電力と言う。
・・・・・・
冗談のようなふざけたようなロジックを平気で展開しています。原子力邑のプロパガンダは、殆どが嘘で塗り固めた虚構です。無茶苦茶なロジックでプロパガンダしています。

3.11以降、原発推進派から反原発派に変わった人は山ほどいますが、その逆だと言う人は知りません。・・・おそらく殆どいないでしょう。・・・いるとすれば、原発利権に取り込まれた人でしょう。(マスコミや著名人に多く見受けられるかも知れません。)

原発に関するまともな知識を持ち、理性と良心を持ち合わせた人物ならば、原発に賛成する筈はありません。
理性で考えれば脱原発は必然の帰結です。原発に関する真の情報は、3.11以降、多くの人々の間に浸透して来ましたが、まだまだ嘘のプロパガンダに騙されている人も沢山います。原発の推進派は、原発に利権がある場合か、そんな原子力邑の情報操作に引っかかってしまう情報弱者ばかりでしょう(その数が洒落にならないくらい多いのです)。大手テレビ局や新聞会社の多くは、原発利権に取り込まれて、まともな原発情報を発信していません。ネットを上手く探せば原子力の本当の姿を知ることができます。
脱原発派に対する原子力利権の人々からの誹謗中傷も後を立ちません。秘密保護法が施行されれば、原発に関する多くのことが機密扱いされるでしょう。何故なら、原発は国防上の国の安全に関することと言えるからです。現在でもネット上に原子力邑の工作員がいると感じることがしばしばあります。ネット上の発言の自由がなくなったら大変です。
原発は、後の世の人々から「愚の極みであり、許されざる行為であった」と評価される事は確実です。(・・・原発で人類が滅んでいない場合ですが・・)
原発に関して、全ての人々が正しい知識を得たら、原発は廃止に追い込まれる事でしょう。何のメリットも無く、人間の手に負えないような大きなデメリットばかりが厳然として存在するだけなのですから。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2014/03/23 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

もう一息
guyver1092
 「よくぞここまで知識をためた。」と言うところですが、日本国民の選択を変えるところまでは変わっていませんね。景気さえよければ原発を容認するようでは、まだ、原発に対する知識が不足していると言わざるを得ないと考えます。

誰も解決策が無い
団塊親爺の遺言
40年先に解決・・解決策を見られません

人生の保障も何も無い時代 金で解決 許せん

明日の事も知れないのに こんなものに託す世界は

狂っています 文明崩壊が見える 人間の欲望

経済が赤字とか 日本の力とかは関係在りません

皆が健康に生きてこその人生 こんなものに遣られる

位なら 闘って死ぬ・・ 責任者や推進者は名前も出さず

自分たちの利権だけ 他人の苦しみを構わぬ様な輩は 明確

な責任を示すべき 人生は金額では有りません

少々過激になりました 自然の恵みの恩恵は全ての生命が

無償で受けられる権利です 奴隷制度が終息した様に・・
 

Re:もう一息
雑草Z
3.11以前から原発に反対していた人々の間では常識的だった色々な側面からの「原発の真の姿」が、3.11以降多くの人々にも浸透してきました。もう過半数の人は原発反対の筈ですが、おっしゃるように
>日本国民の選択を変えるところまでは変わっていません

ですね。

>景気さえよければ原発を容認するようでは、まだ、原発に対する知識が不足していると言わざるを得ないと考えます。

その通りですね。その場限りの景気が良くて、問題を先送りしていたら、深刻な問題がますます深刻になる一方ですね。
原発に対して「正当な恐怖心」を持っていない人がまだまだ多いと言わざるを得ませんね。
日本人は、次の大事故まで原発を止められないくらい愚かなのでしょうか?




Re:誰も解決策が無い
雑草Z
>明日の事も知れないのに こんなものに託す世界は 狂っています 文明崩壊が見える 

全くおっしゃる通りです。現政権も電力会社の経営陣も、みんな狂っています。目先の欲望のみのためにこんな事が出来る神経が分かりません。

>経済が赤字とか 日本の力とかは関係在りません
>皆が健康に生きてこその人生

これまたその通りだと思います。大多数の人はそう考えている筈なのに、世の中は狂った方向に突き進んでいますね。

>少々過激になりました 

人類の存亡にかかわる事ですから、過激になってももっと多くの人が声を上げるべきです。日本人は不合理な事に関しても従順過ぎるように飼い馴らされた感じがします。

>自然の恵みの恩恵は全ての生命が無償で受けられる権利です

そうではない方向に進んでいる社会が恐ろしいですね。もっと多くの人がしっかりと声を上げるべきですね。


リリィ
>原発に関するまともな知識を持ち、理性と良心を持ち合わせた人物ならば、原発に賛成する筈はありません。

それはあなたの勝手な決め付けでしょ?

>3.11以降、原発推進派から反原発派に変わった人は山ほどいますが、その逆だと言う人は知りません。・・・おそらく殆どいないでしょう。・・・いるとすれば、原発利権に取り込まれた人でしょう。

利権にとらわれず、自ら調べた結果推進派になった方は多数いらっしゃいますよ
下記のような映画も公開されるようです
http://www.pandoraspromise.jp/director.html
大手テレビ等が間違った情報を多く流し、原子力は全てが悪だという間違った認識を多くの国民に持たせています
火力、水力、風力、原子力などすべてにメリットデメリットがあります
原発のみ悪であるというのは明らかに間違った認識です


地震 雷 火事 親爺
団塊親爺の遺言
 リリィ様 

事故 災害は毎日起き、防ぎ様も無く 犠牲者は必ず出ます

しかし原発だけは 放射能等の解決策の無いものに何処へ逃げ
何を食べれば 今迄の様な生活が出来るのか・・?
何代にも亘り 苦労の挙句に安住の地を得た我が国です
夢も希望も消え失せる・・何時になったら帰れるのか
国土や故郷を棄てるのと同じ 中韓露国との領土問題を見ても
大騒ぎ 原発は事故が起きれば 領土を棄てるのと同じ

リリィ様 避難生活の者たちへ納得する夢と希望の助言を
是非にお願いします

 原発のみ悪であるというのは明らかに間違った認識です

私は今の生活から福島の人たちの様な避難生活には耐えられません もしこれが火力、水力、風力の事故ならば 3年後の今は
福島の避難生活は無いかもしれません 死んだ人は戻らない
でも何度も津波被害に遭っても立ち直る人たちの努力が在れば
遣りなおせた 原発事故はその意欲すら消し飛ばします

10万年後の話です どうか原発を続ける意義 夢と希望が
在るなら お教えください




Re:
雑草Z
>火力、水力、風力、原子力などすべてにメリットデメリットがあります

リリィさん、こう書いた以上原発のメリットをしっかり記して下さいな。私には思いつかないもので・・。具体的に書いて頂かないと議論になりません。

>大手テレビ等が間違った情報を多く流し、原子力は全てが悪だという間違った認識を多くの国民に持たせています

それは逆だと思いますよ。大手メディアが、原発にもまともなメリットがあって推進の意義もあるような事を言ってるから

>間違った認識を多くの国民に持たせています

ですよ。メディアの多くも原子力邑に取り込まれていますからね。

そうではないとおっしゃるのならば、是非とも原発のメリットを記して下さい。 全て書くのは大変でしょうから、あなたが自信を持ってメリットと考えていることを、いくつかでも教えて下さい。ご自分で簡潔にお書き下さい。




団塊親爺の遺言さま

コメント、有難う御座います。原発に対する怒りのお気持ち、至極当然だと思います。

リリィさん
guyver1092
 以前から原発推進派の人はエネルギー問題についてどのような理解をしているのか疑問に思っておりました。ちょうどいい機会ですので、ぜひとも回答してほしいのですが。

質問1
原子力をすれば、人類のエネルギー問題は解決すると考えているのですか

質問2
文明を支えられるエネルギーの条件についてどう認識していますか

質問3
エネルギー、エントロピー、エクセルギーの関係について、どう認識していますか

Re:
雑草Z
リリィさん

まだお返事を頂いておりませんが、
団塊親爺の遺言 さまがおっしゃっていたような、
原発の事故の深刻さや放射能の問題を踏まえても、それを凌ぐくらいのメリットがあるとおっしゃるのなら是非ともお答え下さいな。
そうでなければ、ここの記事に丁度お似合いな、
原発に関するまともな知識を持ち合わせていない、理性と良識を持ち合わせていない方・・・と捉えてしまって宜しいでしょうか?



コメントを閉じる▲
2014-03-11 00:11
本日で、3.11東日本大震災から丸3年が経ちます。東日本大震災がそれまでの日本の、世界の、震災と大きく異なった点は、勿論深刻な原発事故を起こした事でしょう。(津波の前に壊れていた・・・と言う説も真実味を帯びていますが、直接的な地震の揺れで壊れたにせよ、津波で壊れたにせよ、「絶対安全」と言い続けてきたのですから、その責任は重大です。)
3年経ったのに復興が進んでいないと言われています。多額の復興予算が計上されたのに復興が進まない理由は、震災復興と殆ど関係の無いようなものに予算が使われて、肝心の被災地である岩手・宮城・東北の沿岸の復興に使われなかった事などこれまでにも色々と非難されてきました。

その中でも特に大きな無駄遣いが、原則無視の瓦礫の広域処理と除染作業だと思います。
瓦礫を処理するのにわざわざ遠くに運んで処理する必要があるのでしょうか?輸送コストで膨大な費用を使い、石油の浪費にも繋がります。そして、ただでさえ拡散してしまった放射性物質を更に拡散させます。放射性物質は拡散しないように管理するのが原則ですが、わざわざ拡散させているのです。とんでもない話です。「みんなで瓦礫を分かち合いましょう」のようなキャッチコピーまで作られました。国が運送業界等に儲けさせようとして企てた事でしょう。大きな利権が生まれています。

 除染は一軒当たり、数百万円かかりました。それでも1回の除染の効果は「空間線量が1、2割減った」という程度です。屋根から壁からを消防ポンプのような高い水圧のホースで『除染』と言う名の『移染』、即ち、放射性物質を(下方に)流し落とすのです。放射性物質は地下水や河川、海まで流れ、それぞれを汚染していくのです。これまた放射性物質の拡散です。「人間が住む為なら、放射性物質の拡散もやむを得ない」と言うのならば、そのまま放置しても十分に『除染=移染』は出来ます。何故ならば日本は降水量が多いからです。一回で数百万円かけて行う除染作業よりも、一シーズンの梅雨、台風、雪のほうが遥かに『除染=移染』の効果は高いでしょう。一軒だけでは無く、地域一帯に降水をもたらして広域にわたって長い時間「除染作業」するのです。一般家屋のホットスポットである雨樋も一シーズンの梅雨や台風、冬の雪が見事に流してくれました。自分の家だけの測定ですが、一シーズンで10分の一以下のレベルまで下がりました。・・・勿論一観測例では決められませんが、国や県も、梅雨や台風、雪による『自然除染』の効果を調べて、人為的「除染作業」がそれ以上に効果が見込めるかどうかしっかり測定して、顕著な効果があれば『除染=移染』すればいいのです。
会津若松市の高校跡地の大熊町の仮庁舎には、連日中央の大手ゼネコンが除染作業の仕事の受注に来ていたのを目撃されています。大きな利権があるからでしょう。

 広域瓦礫処理も除染作業も、効果の少ない事に巨額の税金を無駄に投入して、利権に群がる白アリたちに一番儲けさせていると言えるのではないでしょうか?実際に復興の為に相応の仕事をして、正当なお金を手に入れる分には文句がありませんが、自分達の利権の為に必要のない仕事を作り出して無駄な税金の使い方をして、放射能を拡散しているのですから酷い政策です。震災復興予算を食い物にしています。こんなとんでもない事を考える政治家、官僚に震災復興事業を任せるわけにはいきません。


 震災復興から最後まで取り残されるのは、福島原発周辺の地域になりましょうか。仮にいま、殆どの地域の除染が出来たとしても、これからまた放射能汚染される分も無視出来ないでしょう。いまだに汚染水が漏れ、コントロールされていない福島第一原発からは放射性物質も一緒にたれ流し状態です。こんな悲惨な状況になっても、停止中の原発を再稼働しようとする政府は完全にいかれています。3.11を経ても脱原発を出来ないで、次々に再稼働させていったら、また同じような事故を起こすのではないでしょうか?原発には人類にとってまともなメリットなど無いのですから、即脱原発こそが理性的な結論です。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2014/03/11 00:11】 | 原子力 トラックバック(0) |

学ぶ事をしない社会
団塊親爺の遺言
 段々と酷く成って来た原発事故の周辺と思うのは私だけでは
無いと思います ここ3年間の状況を見るに人間の利権に群がる
醜い姿が垣間見えます 本当にこれで解決するのか大いに疑問
表土を削ったり水を懸けたりするだけで除染完了とするなら
地元の人たちに遣らせたら好いのでは こんな予算は地元の人へ
還元 毎日降って来るのだから それにしても原発の除染技術の
低レベルさには呆れる 儲けだけに目を向ける輩の多い事

 これでは中国の汚染も真面に批判は出来ません

日本は環境先進国の筈 手に負えない危険なものに邁進し
責任者のいない政策 廃棄物の処理も無し 隠すだけの手法

津波対策に防潮堤 海と大地の関係は大地から様々な有機物等が
海に流れ込み豊穣の海に成り海草や魚介類が育ちます
三陸の海の恵みを棄てるか そこに住む人たちの安全か・・
自然の恵み無くして人は活きられるのか? 津波は何度も襲い
これより下に家を造るなとの石碑も在りましたね
先人たちの教え 世界経済がどうの 株価がどうのと・・
私たちは自然に生かされ生きて来た事 旨い魚や海藻類と貝等が
壊滅すると私たちも生きては往けない 大地と海に壁を造る者たちが
ほくそ笑むのが見えて来た  

 
 

Re:学ぶ事をしない社会
雑草Z
    団塊親爺の遺言さま コメント有難う御座います。

原発事故はしっかり収束に向かっているとは言えませんね。団塊親爺の遺言さんのおっしゃるように、段々酷くなっているとも考えられますね。そして、おっしゃるように本当の事故収束の努力よりもその利権に群がって火事場泥棒のような事が為されています。

>これでは中国の汚染も真面に批判は出来ません

そうですね。中国からのPM2.5を批判するなら、日本の放射性物質の海、大気中への拡散も大いに批判されますね。

>責任者のいない政策 廃棄物の処理も無し 隠すだけの手法

全くその通りです。「国策」の名に於いて、重大な責任を逃れています。これはモラルハザードです。

>世界経済がどうの 株価がどうのと・・

全くです。そんな事を心配しているときではないですね。狂っています。そんな心配している間に世界は滅ぶ・・・。




捨てきれない疑問
guyver1092
 日本の支配者は、日本の滅亡を画策しているというブラックを以前から何度か言っていますが、何度考えても、本当ではないかとの疑問が捨てきれません。理由は、日本が決定するすべて(と言ってよいほどの)の決定が、日本を将来、確実に破滅させるための布石以外の何物でもないからです。欲ボケしてそのような決定をしているだけであると何度思いなおしても、次ら次へと愚かな決定をされてはたまりません。

Re:捨てきれない疑問
雑草Z
    guyver1092さん の

>日本の支配者は、日本の滅亡を画策しているというブラック

は、いつも言い得て妙だと感じていましたが、最近は、若しかして事実ではないか?・・と思わせられる事が多くなりました。

>日本が決定するすべて(と言ってよいほどの)の決定が、日本を将来、確実に破滅させるための布石以外の何物でもない

も、言われてみれば御指摘の通りかも知れません。

>欲ボケしてそのような決定をしているだけであると何度思いなおしても

欲ボケもかなりあると思いますが、それと共に、自分達が生きてきた特殊な時代(高度成長時代)の過去の経験を拠り所にしているのでしょう。本気で「高度経済成長を再び!」と考えているようです。成長の限界まで考えが及ばないのでしょう。兎も角、日本の支配層、指導者層は殆ど、強欲で、モラルが無く、理性も捨てているような感じですね。庶民が持っている普通の良識も無いように感じます。・・・そしてこれは日本に限った事では無いですね。

>次ら次へと愚かな決定をされてはたまりません。

若し本気で日本の滅亡を画策しているとしたら目的は何だと想像しますか?


Re:Re:捨てきれない疑問
guyver1092
 TPP推進の類の政策は「日本の富をアメリカに貢いで、よい奴隷とほめてもらえるのがうれしい」と言うのが考えられますが、原発推進の類は、貢ぐ日本が汚染されますから、この場合の理由は、SF的に「宇宙人が地球を侵略するために人間を滅ぼそうとしている」ぐらいしか思いつけませんね。

Re:Re:Re:捨てきれない疑問
雑草Z
>日本の富をアメリカに貢いで、よい奴隷とほめてもらえるのがうれしい

なるほど、アメリカのポチ説ですね。十分に考え得る事ですね。然し本当は、「アメリカのポチ」では無く「アメリカの影の支配者層(と思い込んでいる強欲パラノイア)」のポチと言う事になりましょう。実は彼らの思い込みもただの自己満足でしょう。アメリカの影の支配者と思い込んでいる連中は、愛国心などない多国籍企業のトップだったりして、自分達の富と生存しか考えていないでしょう。

日本のポチ達には「褒めて貰えるのが嬉しい」ばかりでなく、具体的な報酬もあるのでしょうか。報酬が金銭的な事だけなら本当に「利用されるだけの馬鹿なポチ」ですね。若しかしたらその先に「安全な場所に移住させて貰えて日本破滅から逃げさせてくれる」までの密約がありましょうか?・・・まあ日本の指導者と自負している人々を見る限りそこまでは無いでしょうね。それに、来るべき成長の限界の崩壊に際して、地上に安全な場所は考えれられません。その意味で世界の影の支配者達も浅はかなのかも知れません。
強欲な馬鹿が世界の支配者気取りでいるような世の中がまともとは言えませんね。

『捨てきれない疑問』若しくは『日本の自滅を画策しているのか』等のタイトルで記事を書いて頂けましょうか?

Re:Re:Re:Re:捨てきれない疑問
guyver1092
 基本的には、私の支配者の判断基準に対する感想ですから、あまり深いものになならない気がしますが、書いてみることにします。時間はかかると思いますが。

Re:Re:Re:Re:Re:捨てきれない疑問
雑草Z

>日本の支配者は、日本の滅亡を画策しているという

ことに関して、どの程度に、本当ではないかと思われているか、その根拠は?・・・目的は?・・・、「支配者」と自任しているパラノイアは誰か?・・・等々ということに関してのguyver1092さんの推理に非常に興味があります。ブラックなのか、嘘のような事実なのか?・・推測は尽きません。

ただ、彼らのやっていることは、確かに日本の自滅策ですね。本気でやっているとしたら、本当に愚か者で売国奴です。総理だとか、経団連会長、官僚のトップクラスだとか・・・。



コメントを閉じる▲
2013-09-17 00:11
 IOC総会で、安倍首相が「The situation is under control」(状況はコントロール下にある)などと発言をして問題になっています。「私が安全を保証します。状況はコントロールされています」「汚染水による影響が福島第1原発の港湾内0.3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている」「抜本解決のプログラムを私が責任を持って決定し、着手している」「健康に対する問題はない。今までも、現在も、これからもない」。など、確認もされていない事を次々と平然と・・・と言うよりも得意げに・・言ってのけたようです。 何を根拠にこんな事を言ってのけたのでしょうか?これは間違いと言うよりも希望的推測でしょうか?嘘と言うのが一番当たっているでしょう。福島第一原発の専用港「湾内」と外洋を隔ててブロックする構造物などはありません。繋がっています。港湾内の海水は外洋の海水と入れ替わっているのは明らかです。放射性物質は太平洋に・・世界中の海に拡散していくのが当然です。今のところ抜本的解決法は無く、コントロールどころか、汚染水の流出量は増える一方です。放射能による地下水汚染、海洋汚染は安倍首相の在任期はおろか、2020年のオリンピック開催予定年までにも収拾がつかないかも知れません。彼が死ぬまで解決しない可能性も低くはないでしょう。健康問題も今まで出ていないわけではありませんし、これからない等と断言できる筈がありません。安倍首相に安全を保証できる筈もありませんし、責任も取れる筈がありません。(勿論、切腹ぐらいの覚悟は出来ているのでしょう?)海洋への汚染水の流出は、3.11の事故直後から続いていたと考えられます。小出裕章氏も、「安倍首相の発言は、あまりにも恥知らずだ、間違いでは無く嘘だ、こんな軽々しい発言をする人を 一国の首相に持っていることを私自身は大変恥ずかしく思います。」のようなコメントを述べたそうですが、全くその通りだと思います。
タンクからの汚染水漏れの原因は、東電の杜撰な管理(930基のタンクを2人だけに見回りさせていた)などにあり、国際原子力事故評価尺度(INES)の暫定評価を「レベル1」(逸脱)から「レベル3」(重大な異常事象)に引き上げることが決まりました。おそらくこの問題はかなり長引くであろうし、解決どころか深刻さも増していくでしょう。海外からも賠償請求が為されるかもしれません。それなのに、オリンピック獲得の為に、安倍首相は、誰にでもわかる嘘を平然と言ってのけたのです。責任は重大です。

この3.11福島第一原発事故の汚染水処理問題だけでこれだけ大変な事になっているのです。更なる大地震が起きて、福島第一原発の汚染水タンクが壊れるかも知れません。台風でも竜巻でも汚染水タンクは壊れそうです。・・・福島第一原発でなくとも、他の国内の原発や六ヶ所村の再処理施設でも地震や津波などで同じような事故が起きる可能性は低くは無いでしょう。
汚染水の問題は、放射性廃棄物の問題の一つであり、放射性廃棄物の問題は人間の歴史と比べて半永久的に続く問題です。放射性廃棄物を(まだしっかり確立していない技術で)地下処理しても、放射能が人体に危険でないレベルまで下がる前に漏れ出して、地下水を汚染するでしょう。既に日本に溜まっている放射性廃棄物は、今回問題になっている汚染水の量などと比べ物にならないくらい大量の地下水を汚染する量があるでしょう。放射能による汚染問題、地下水と海洋の汚染はこれから何世紀も続くのです。高々数十年の発電の為に、子孫、、何十代も後の世代まで大きな重荷を背負わされてしまったのです。汚染水の問題一つをとっても、原発は割に合わない非合理な悪魔の発電所なのです。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2013/09/17 00:11】 | 原子力 トラックバック(0) |

騙されてしまう程度の頭しかない
guyver1092
 阿部首相のIOC総会演説を見ましたが、本当に得意げに自信たっぷりで、すぐさま東京電力さえ否定することを言いきっていましたね。彼の価値基準では、騙す方と騙されるほうとでは騙されるほうが悪いということなのでしょうね。
 このような人物に騙されて喜んでいるようでは、文明崩壊回避は絶望的ですね。

生きる術を壊す人たち
団塊親爺の遺言
私の故郷の井戸水も農薬剤に汚染され飲めなく成りました

東京へ来て26年 水道水は一度飲んでこれは飲み物では
無いと直感し以来飲んでいません 
秩父の名水を汲みに行き現在に至ります 
安全とか安心は他人任せでは成り立ちません 
責任者は何処にも居ません 全て自己責任

これからの若者たちはどう生きるのか・・?
汚染だらけの食べ物 飲み物 変な病気が蔓延し
薬剤メーカーや医者たちが手ぐすねをひいて 待ち構える社会

本物の食べ物 飲み物を知らない世代が増えると・・
化学薬剤で可笑しくされ 本当に滅亡かも・・

Re:騙されてしまう程度の頭しかない
雑草Z
>本当に得意げに自信たっぷり

その質問をされる事を想定して、しっかり「応答」を用意して来たのでしょうね。殆どその事だけに集中していたのでしょう。こんな事を第一義に考える能天気な人物を日本は首相に選んで仕舞ったのです。彼には将来を見通す力が全くなく、おそらく、2020年までには何とかなる・・と彼自身騙されているのだと思います。原子力推進派の大部分はまさか原発で日本が、世界が滅びる事までの大惨事には至らないとタカをくくっているのでしょう。事故の起こる可能性も低いから、起こらない事を前提に・・・でも、事故が起こるが起こるまいが、現時点で既に放射性廃棄物は処分の限界を超えています。騙される連中以前に原子力ムラの推進派の頭の程度がその位なのだと思います。

Re:団塊親爺の遺言
雑草Z
    団塊親爺の遺言さん

 海や地下水を犠牲にして汚染してまで、原発を動かしたり農薬を撒いたりする意味はありませんね。狂っているとしか言いようがありません。完全に自由経済の失敗ですね。強欲で良心の無い人々が悪徳企業のトップにいるからいつまで経っても改善されません。
現時点で化学物質と放射性物質による汚染はかなり深刻な状況なのに、その汚染はこれからもっと深刻になっていく勢いです。その深刻さに気が付かない馬鹿者達が社会をもっと汚染させる方向へ動かしています。この危機を人類は切り抜けられるのでしょうか?

コメントを閉じる▲
2012-11-23 01:01
衆議院が解散されて、12月16日の総選挙に向けて、様々な政策論争が繰り広げられています。今回の争点は、ここ暫く恒例の景気対策、財政再建から、社会保障、消費税増税、日中関係、オスプレイに象徴される沖縄の基地問題、TPP、震災復興・・・と色々ありますが、最も大きな問題は、勿論原発問題でしょう。原発問題よりも経済政策、景気対策が先だ・・・という意見も巷に溢れていますが、そのような事を述べるのは、理性が欠落しているか、原発問題から目を逸らせる為の策略でしょう。福島第一原発のような事故がまた起こったら、景気どころの話ではありません。稼働中の事故が起こらなくても、放射性廃棄物は日本を繰り返し繰り返し滅ぼすくらいにたまってしまいました。・・・脱原発だけで十分争点になり得ます。原発推進政党は、その事を争点のメインにするとまずいと考えて、景気対策やら金融政策、財政再建など経済問題をメインに置こうとするでしょうが、今回のメインは脱原発に絞るべきです。「郵政選挙」と呼ばれた、2005年の衆議院総選挙は、郵政民営化だけを争点の主軸にした選挙でした。当時、郵政民営化は大きな問題だったかも知れませんが、原発の問題と比べれば大した問題ではありません。今回の争点は、原発問題以外にも、TPP問題や沖縄の基地問題のように郵政民営化よりも深刻な問題はあるでしょう。しかし、今回は脱原発に絞って、投票すべきだと考えます。(・・脱原発を掲げるまともな党は、同時に反TPPである事が大部分で、相反しませんが・・)これまでの選挙で、脱原発よりも重要な争点があったとは思えません。

“脱原発”を目指す超党派の議員と市民グループの関係者らが、来月の衆議院選挙で脱原発の実現を目指す勢力で過半数を獲得することを目指し、連携して活動していくことを決めました。「脱原発つうしんぼ」なるものもあります。
7割以上の国民が原発に反対している現状で、脱原発の連携で過半数を占める事は、決して不可能ではないでしょう。
多くのマスコミ報道では、自民の政権返り咲きが濃厚ですが、自民党に戻れば、原発推進になり、原発が次々に再稼働しようとするでしょう。そうなれば、世も末です。

はっきり言って、まともに考えれば、広くもない日本の国土に50基以上の原発が立ち並び稼働してきた時点で、もう「既に遅し」の感は否めません。しかし、これ以上稼働を続ければ続けるほど、日本はもっともっと破滅に近づいて行くだけです。一縷の望みを託す為にも、脱原発への近道は、脱原発議員で過半数を占める事です。
他の争点に持って行こうとする原発推進派の策に嵌らずに、今回は脱原発の一点集中で投票しましょう。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/11/23 01:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

関連しそうな争点
guyver1092
 脱原発に関連しそうと思う争点を上げてみます。
 国防について、原発は日本攻撃専用巨大原爆ですから、国防上マイナスですね。
 いったん事故が起こった場合の損害の巨大さを考えれば、財政再建上存在を許してはいけないと思います。どうしても原発推進なら、政府が(結局は国民が)損害を負担するのではなく、推進論者すべてが金を出し合って、保険をかけるべきです。そんな者を引き受ける保険会社は存在しないでしょうが。損害発生時の負担を明確にすべきと考えます。
 消費税も、財政上の問題としてとらえれば、原発事故で消費税の増収が吹き飛ぶ場合もあるので、絡んできますね。

 日本の(世界の)会計法は狂っていますね。エネルギーの収支で考えれば無駄にしかならない原発が、会計上では経済的になるのはおかしいことです。
 


Re:関連しそうな争点
雑草Z
国防について、おっしゃる通りです。現在17か所に54基ある時点で国防も何もないでしょうね。日本はまな板の鯉です。戦争は出来ません。

>いったん事故が起こった場合の損害の巨大さを考えれば、財政再建上存在を許してはいけないと思います。

これも全くおっしゃる通りですが、福島第一原発事故だけで、既に原発は財政上大きなマイナスであった事は確定していますね。消費税に関しても然り。

脱原発は、これ以上ない大きな争点になる筈ですが、推進派は違う論点に置き換えようと必死です。自分達の乗る船は沈んでもいいから、目先の経済効果が欲しいようです。
guyver1092さんは、今回の選挙の争点を脱原発に絞る事に関してどう考えますか?

Re:Re:関連しそうな争点
guyver1092
 省略した書き方をして申し訳ありません。争点を脱原発に絞って投票すると(勝利しなければなりませんが)裏の効果として国防にも寄与するし、財政にも寄与すると言いたかったのです。

Re:Re:Re:関連しそうな争点
雑草Z
この事に関して、裏の効果を論ずることも、非常に効果があると思います。guyver1092さんのコメントを受けて、是非そこまで踏み込むべきだと思いました。

今回の選挙の争点を脱原発に絞る事は重要ですが、自民などの論点のすり替えにはうんざりです。民主のように20~30年先の脱原発も全く当てになりませんね。争点を脱原発に絞る為にも、今回のguyver1092さんのコメントのように関連しそうな争点を考える事は重要だと思いました。争点のすり替えに対してしっかり切り返したいものです。難しいですが、何かアイディアありますか?

領土問題
団塊親爺の遺言
 尖閣や竹島でも これだけ騒いでいます
領土を失うのは誰でも厭なものです まして未熟な技術で
何か起こったらその地域の多くの人たちを犠牲に一部の者が潤う
体制は許せません 
自ら領土や故郷 人の生活の出来ない地域を
造った現状は人の汚いエゴ以外の何物でも無いのです
責任も持たず 後始末は何とかなるの他人任せの綺麗ごと・・
未来はどうでも・・自分たちの今さえ良ければと云う論理
この略奪覇権世界から どうしたら自分たちの生活を護れるものか・・
どう生きるべきか・・雑草の言葉の発信は私の心の糧に
人類はさほど進歩していない 間も無く我が国の選挙が始まります 
自然を理解し未来の子供たちへ責任の持てる人へ一票・・
 


Re:領土問題
雑草Z
    団塊親爺の遺言さん

 お久し振りのコメント有難う御座います。

>何か起こったらその地域の多くの人たちを犠牲に一部の者が潤う体制は許せません

そうですね。原発がその典型でしょう。

>人の生活の出来ない地域を造った現状は人の汚いエゴ以外の何物でも無い

原発の放射性物質で高濃度に汚染された地域を代表に、人間が人が生活出来ない汚染地域をどんどん増やしている現状は正に世も末です。

>未来はどうでも・・自分たちの今さえ良ければと云う論理

これまた原発を典型例とする、経済優先主義と経済成長政策でしょうね。破綻は目前です。

>自然を理解し未来の子供たちへ責任の持てる人へ一票・・

その為には、自民、民主、公明、維新は駄目ですね。

脱原発を目指す超党派の中から選ぶことが重要ですね。脱原発を目指している党は反TPPでも共通です。今回の選挙の一番の重要点は脱原発ですが、次いで反TPPでしょう。両方掲げている党が結構あります。その中から選ぶべきですね。 

Re:Re:Re:Re:関連しそうな争点
guyver1092
 すり替えのネタは多岐にわたっていますね。自民党の公約を見てみましたが、最初は復興となっていました。これに対しては、まだ放射能漏れは止まっていないのに復興はありえない、だから原発廃止と返すのはどうでしょうか。

 二番目は経済立て直しですので、前回のコメント等の原発は財政上マイナスであることを主張し、終息のためこれからも財政の足を引っ張るから、原発は廃止すべきと主張する。

 教育、外交はちょっと絡める理屈思いつきません。

 社会保障、防災、地域活性化等の主張には、福島事故では日本の国土が事実上無くなったと返す。

 とりあえず、自民党の公約に対して考えついたことはこのぐらいです。

Re:Re:Re:Re:Re:関連しそうな争点
雑草Z
ここまで具体的に、争点のすり替えに対する切り返しを考えて下さって有難う御座います。具体的で、効果的な切り返しだと思います。これは、guyver1092さんがはじめに考えられた裏の効果とも共通しますね。これは是非文書にしていつでも引き出せるようにしたいものです。
今回guyver1092さんが考えられた切り返し案は、非常に効果的であるし、理に適っていますね。

>すり替えのネタは多岐にわたっていますね。

まさにその通りです。自民党や維新の会の連中は、脱原発の嘉田由紀子さんの日本未来の党への大合流に関して、脱原発以外の政策を考えないで合流するのはおかしいとか言ってますが、先ずは脱原発で合流するのが大同合流で、他は小異と言えましょう。幸いな事に脱原発の次に重要な反TPPでもほぼ一致しているので、今は他の小異など気にする必要はないでしょう。自民党の安部とか石破とかの演説を聴くと、本当に旧態依然としたお馬鹿経済成長路線の囚われ人と言う感じがします。

 ところで、嘉田由紀子さんの「卒原発」には違和感を覚えます。10年をかけて徐々に、原発を減らして原発を無くす・・・と言うのが現実路線だと考えているのでしょうが、これから再稼働は一切認めない方向が一番いいと思います。
脱原発に関しては嘉田さんはちょっと歯がゆい感じです。でも、現実として脱原発を実現しようとしたなら、この路線が確実なのでしょうか??

Re:Re:Re:Re:Re:Re:関連しそうな争点
guyver1092
 確かに歯がゆいですね。共産党のようにはっきりと即時ゼロと言ってほしかったですね。
 話は少しずれますが、渡辺満久・東洋大教授の説によると、日本で活断層のない原発は、玄海原発だけだそうですので、日本の現在の法律を遵守すれば、玄海原発以外は廃炉が法的に正しいということになります。10年をかけて徐々に原発を減らしていくなどは法的にもおかしい主張と考えます。

 民主党は2030年に脱原発が現実的と言っているようですが、どれだけの人が信じるのでしょうか? 私には推進派のごまかしにしか聞こえないです。これに対しては、バックエンド処理のための労力を考えれば、子孫の石油を使いつぶすつもりか? と追求するとか。

Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:関連しそうな争点
雑草Z
>共産党のようにはっきりと即時ゼロと言ってほしかったですね。

そう、全くです。実際に今年は原発稼働0の時期もあったし、今でも動いているのは大飯の3,4号だけで、稼働しなくても何の問題も無いどころか、稼働した方が被曝労働とか福島第一原発の作業員確保とか色々問題があります。
滋賀県知事としての嘉田由紀子氏は、最後まで強硬に反対した訳ではないし、再稼働もちょっと懸念されるところです。
今度の選挙で、現状で自民や民主に対抗しうる勢力としては、日本未来の党しかないでしょうが、彼女も旧態依然としたところを持っているのかも知れません。guyver1092さんは如何お考えですか?

>民主党は2030年に脱原発が現実的と言っているようですが、

民主党こそ選挙の為のポピュリズムですね。民主党が脱原発派とは考えられません。今のところ推進派と捉えた方がいいようです。

コメントを閉じる▲
2012-10-11 00:01
 東日本大震災から1年以上を経て、大飯原発の再稼働や大間原発の再着工をはじめとして、原発の再稼働、再着工の話があちこちで議論されています。この国では、いまだに理不尽この上ない事が行われようとしています。
  さて、これら再稼働、再着工の是非の議論の中心となる論点は、「安全か?」と言う事です。そして、この「安全」はかなり「狭義」の意味です。即ち、稼働しているときに大地震などが起こっても安全か・・と言った意味に絞られていると言う事です。
原発の是非論議は、福島第一原発事故を受けて、稼働期間中に事故を起こさないように安全対策が為されているかどうかに論点が矮小化されているといつも感じます。・・その論点も大切ではあるけれど、その論点では、稼働期間中の安全対策が万全ならば(・・『万全』はあり得ませんが・・・)稼働していい・・・と言う事に繋がって危険です。
原発に反対する為にもっと先に主張すべき事は、使用済み核燃料等、放射性廃棄物の問題でしょう。・・放射性廃棄物の無放射化は、時間しか解決策はなく、その時間は人間の歴史に比して半永久的である事・・・即ち、放射性廃棄物は半永久的に放射線を放出し続ける事・・・この一点のみでも、原発は即刻中止すべきものである事は明らかです。
 そして、被曝労働の問題・・・被曝の犠牲になる者がいなければ、1日たりとも稼働できない事実・・このことだけでも、原発は稼働すべきでない事は明らかです。
以上2点をもっと前面に押し出して、再稼働反対、再着工反対を主張すべきだと感じています。
 いつも原発の是非の討論会等を見て歯がゆく感じる事は、稼働期間中の地震などへの安全対策の議論が先で、現状では安全でないから、どこまで安全対策しなければ再稼働を許せないとか・・そんな事が議論の中心になっている事です。そして、放射性廃棄物の問題と、被曝労働の問題は議論の中心になる事はあまりありません。
 あらゆる角度から原発に反対する事は大切ですが、昨今の原発是非論議は、安全対策ばかりが論議の中心になっています。もっともっと、放射性廃棄物の問題と被曝労働の問題を取り上げて論議の中心に据えて、原発の負の面を浮き彫りにするべきです。
原子力村のメンバーが過半数を占める「とんでも原子力規制委員会」がまともに機能する事は期待出来る筈もありませんが、「原子力安全委員会」が廃止され、「原子力規制委員会」へ移行したのですから、「安全論議」もひとまず置いて、先ず、「規制」する事でしょう。即ち、「放射性廃棄物の無放射化」が出来るまで、そして、誰一人として被曝労働する必要がなくなるまで、原発再稼働と再着工は凍結すべきである事は当然の帰着点でしょう。そして、結局無放射化も被曝労働を無くす事は(・・少なくとも当分の間は・・・)不可能なので、再稼働も再着工もあり得ないという結論になるのです。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/10/11 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

議論
guyver1092
 この方針に賛同します。論点をずらし、矮小化するという手法は原子力邑と言うよりは、国家の常套手段ですね。この手に引っかかると、小手先のどうでもよい手法についての無意味な議論になってしまうというのがこれまでの原子力に対する論争と言う気がします。
 使用済み核燃料については、最近、日本学術会議が地層処分につき見直しを提言しました。理性的に考えて当然です。また、福島事故終息のため、被曝が限度を超える人が続出しているそうです。これらの推進側にとって最も痛いところから攻めるのが一番大切なことと考えます。というか、ここを一点取っはすることが未だ物の解っていない層を啓蒙する有力な手段と考えます。

Re:議論
雑草Z
 コメント、お待ちしておりました。guyver1092さんから1週間以上コメントを頂かないと、不安になりますね。(笑)

>この手に引っかかると、小手先のどうでもよい手法についての無意味な議論になってしまうというのがこれまでの原子力に対する論争

そうですね。今でも原子力ムラはこの手法を盛んに行っていますね。安全対策をして再稼働と言う流れを作ろうとしています。・・・更に杜撰にも、安全対策を将来的にするからと約束して、対策前に再稼働と言う掟破りも平気で行っています。
いまだに原発論議が歯がゆいのは、安全対策で堂々巡りの議論になってしまっているからですね。やはり、
放射性廃棄物の問題と被曝労働の問題
で、攻めるべきでしょう。

コメントを閉じる▲
2012-09-23 00:21
3.11の深刻な原発震災をポジティブに捉えようと考えた場合、この事故によって、日本だけではなく世界中が、脱原発の方向に進んだ・・と言う事が一番でしょう。今回の原発事故は、大きな代償を払いましたが、この事故によって、世界の原発推進に大きく歯止めがかかりました。世界の脱原発の流れは決定したも同然です。ドイツ、イタリア、スイス、ベルギー・・・と続々と脱原発に舵を切りました。・・・これらの国家は、日本と違って、3.11以前から、脱原発の世論は大きくなっていて、脱原発の準備も進んでいました。3.11はあくまでも「きっかけ」と捉えています。それに比べて事故の当事国である日本は、やっと脱原発の議論が全国的に盛り上がったところです。パーキンソンの法則よろしく、原子力ムラが巨大になってしまった日本は、これほど大きな犠牲を出して、やっと脱原発が現実味を帯びて来ました。

原発の放射能漏れ事故は日常茶飯事でした。放射性廃棄物の無放射能化は出来ません。被曝労働と言う人権無視の労働も許されざるものです。【原発の知識と賛否の相関関係】に描いた通り、3.11以降、正しい原発の知識を身に付けた人が増え、深い知識を身に付けた人ほど理に適う脱原発派になっています。機は十分に熟しました。脱原発に舵を取るべき時です。・・3.11以前の段階で政府は、54機の原発では不足だと、エスカレートして更に数十機増設して、全発電に対する原子力の割合を50%に持って行くなどと言うとんでもない計画を立てていました。呆れる事に、これらの計画はいまだに白紙撤回されていないものが大部分ですが、それでも、これらの原発がやすやすと建設される可能性は無くなりました。福島原発事故は、日本の原発行政に大きくブレーキをかけた事に間違いありません。

しかし、もう既に、日本全国17か所、50機以上もの原発が作られて稼働されてしまいました。ウランを核反応させることによって出来た核反応生成物である放射性核種は、既に広島原爆の百万個分のレベルです。核燃サイクルが破綻している現在、六ヶ所村の再処理工場の貯蔵プールも殆ど限界に達しています。使用済み核燃料をはじめとする放射性廃棄物の持って行き場はありません。日本のどこに持って行こうと十万年以上も安全に管理する事は不可能に近いでしょう。そう、原発で作られてしまった放射性核種は既に手に負えない量に達してしまいました。日本中を放射能だらけにして住めなくしてしまうのに十分な大量の放射性廃棄物が日本のあちこちに点在していると言う悪夢の状態です。

「もしも」の仮定の話をしても仕方ありませんが、どうせ深刻な事故が起こるのなら、もっと以前に起こっていればよかったと思います。現在、政・産・官・学・マスコミ癒着で巨大に、強固になってしまった日本の原子力ムラは、【大事故までやめない積もりでせうか?】に書いたように、シビアアクシデントが起きない限り止まらなかったでしょう。・・・シビアアクシデントが起こってしまったこの期に及んでさえも、脱原発を妨害する勢力が力を持っているのですから・・。
アメリカスリーマイル島原発事故と同じ頃・・1979年頃であれば、まだ日本の原発は20機ほど、放射性廃棄物も現在の十分の一のオーダーでした。(それでも多過ぎて深刻ですが・・)もっと以前の福島第一原発1号機が営業運転開始した1971年にシビア・アクシデントが起こっていれば、同時多発メルトダウンにはならなかったでしょう。(2号機以降が出来ていませんでしたから・・)さらに遡って、原発の黎明期・・・日本初の商業用原子力発電所の東海原発が、営業運転を開始した1966年にメルトダウンしていれば、放射性廃棄物は現在の数千、数万分の一の量だったでしょう。日本の原発政策は方向転換して、今頃は日本国土には一機の原子炉も存在しなかったかも知れません。放射性廃棄物の問題がここまで深刻に・・日本の存亡の問題まで至らなくて済んだ事でしょう。原子力ムラもここまで巨大に、巨悪になる前に潰せたかも知れません。
そう、これから直ちに脱原発を決定して、その方策を練っても・・もう既に遅し・・の感も否めません。これから大事故が起きなくても、廃炉処理の過程などで、放射能漏れは次々に起こるでしょう。・・・そもそも廃炉処理の方法も決まっていません。高々半世紀の国策の原発の稼働の為に、日本は核反応生成物だらけになってしまいました。これからの世代は、その大きな代償を払わせ続けられるのです。その間に日本が滅んで仕舞う可能性も非常に高いでしょう。原子力ムラの人々は、取り返しのつかない事をしてしまったのです。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/09/23 00:21】 | 原子力 トラックバック(0) |

過酷事故
guyver1092
 1959年に「大型原子炉の事故の理論的可能性および公衆損害額に関する試算」という文書が、科学技術庁の委託で作られていたそうですから、この資産道理の事故が起きればよかったのでしょう。今回と同じく、想定外とたわごとを言った直後ぐらいに試算の文書が漏れるのが最も原発推進派にとって痛い事態でしょうか。
 推進派の思考回路を自白剤を使って洗いざらい白日のもとに公開すべきですね。

Re:過酷事故
雑草Z
>「大型原子炉の事故の理論的可能性および公衆損害額に関する試算」

確か、この試算でさえも、かなり被害を小さめに予測したと思います。それでも原発派割に合わない事は当時から分かっていたと言う事ですね。隠蔽されて世に出たのはかなり後になってからでしたよね?

>想定外とたわごとを言った直後ぐらいに試算の文書が漏れるのが最も原発推進派にとって痛い事態

そうですね。今回もあの文書を付き付けるべきでしたね。(ただ、首都圏、関東方面の試算でしたね。)

>推進派の思考回路を自白剤を使って洗いざらい白日のもとに公開

かなり酷い思考回路でしょうが、原発の本質を意外と知らない部分があるかも知れません。そうでなければ、これほど危険で、稼働するだけで未来を喰っていく原発を推進する筈はないと思います。guyver1092さんがよくおっしゃるように、日本の破滅を目論んでいるとしか思えません。ブラックでは無く、結構マジでしょうか?

日本の破滅
guyver1092
 理論的に考えてみると、無謀な若者以外で理性的な判断のできるものなら、自己を危険に曝す選択はしないであろうと考えられ、その方面から考えると、原発推進派は安全であるから推進していると考えられます。しかし現実は、誰もが知っている通り原発は危険です。エネルギー産出比から考えても、割に合いません。最近の推進派の上げる必要な理由はどれも理論的に矛盾しています。理論的に考えるのなら、否定する材料がない限り破滅を目論んでいると暫定的に考え、こちらもそれなりの対応をするしかないのではないでしょうか。

Re:日本の破滅
雑草Z
>最近の推進派の上げる必要な理由はどれも理論的に矛盾しています。

そうですね。原子力邑の人々が原発を続けようとする最大の理由は、不良債権化を阻止する事でしょう。即ち問題の先送りであり、それは問題の深刻化になる事は散々ここで議論した通りです。彼等は自分達が生きている間、若しくは現役で働いている間にシビアアクシデントが起きなければいいと考えているのでしょうし、それはかなりの確率・・十中八九以上に確実だと考えているのでしょう。つまり、保身の為に人類の未来を賭けている事になりましょう。しかし、放射性廃棄物の処理の問題は全く考えていません。原発の是非論は、安全性ではなく、放射性廃棄物や被曝労働の観点から議論すべきだと思います。

>否定する材料がない限り破滅を目論んでいると暫定的に考え、こちらもそれなりの対応をするしかないのではないでしょうか。

それは彼らがアメリカユダヤの金貸しなどの犬と言う事でしょうか?


ムジナと思います
guyver1092
 日本の原子力邑の住民も、原発推進で利益を得ているのですから、主従関係というよりは、同じ穴のムジナと判断すべきでしょう。
 以前にも何かでコメントした記憶がありますが、彼らの内心の目的が日本を死の灰で埋めることであるかどうかは分かりません。ただ、彼らの行動を容認した結果、日本を死の灰で埋めることになる確率が高くなるとの認識で行動すべきとの意味です。

Re:ムジナと思います
雑草Z
>原発推進で利益を得ているのですから、主従関係というよりは、同じ穴のムジナと判断すべき

なるほど、眉唾かも知れないユダヤ人陰謀説などと比べれば、現に利権を持っている連中同士がつるんでいると考えた方がより現実に近いでしょうね。

>彼らの行動を容認した結果、日本を死の灰で埋めることになる確率が高くなるとの認識で行動すべきとの意味

了解です。現実にとられる行動として、どうされるかが問題ですから、内心がどうあれその行動パターンが、日本の破滅の方向に向かっているかどうかが重要ですね。そのような表現は、guyver1092さん一流のブラックの真骨頂と言えそうです。
 日本は既に死の灰があり過ぎてどうしていいか分からない状態だと思いますが、それでも出来るだけ早く脱原発に舵を切るほど、破局を回避できる可能性が高くなるでしょうね。前にもお話しましたが、今の段階で既に手遅れの感が拭えませんが、guyver1092さんは如何でしょうか?

手遅れ
guyver1092
 巨大事故を起こして放射性物質の大量放出があるかと問われれば、福島の事故が起き、放射性物質の流出が止まっていない以上、すでに手遅れと言えると思います。
 これからさらに大規模事故があるかどうかが手遅れの判断基準になるのであれば、現在の原子力規制庁と政府が責任の押し付け合いをしながら原発再稼働をするのであれば、やはり手遅れとなる可能性が高いでしょうね。日本人はひょっとしてマゾばかりでしょうか? 原発推進を主張する自民党が一番人気との世論調査の結果があるようです。
 また、原発廃止がなったとして、これまでに蓄積されてきた廃棄物を100万年の間管理できるかと言えば、不可能としか言いようがないでしょうね。海底岩盤に埋め込んで、地球の内部に捨てることは不可能なのでしょうか? 可能なら本当に良いと思います。

Re:手遅れ
雑草Z
>日本人はひょっとしてマゾばかりでしょうか?

そうとも言えそうですが、寧ろ無知ばかりなのではないでしょうか?・・・日本人に限った事ではありませんが、経済成長主義が主流の世界を見ると、人類は強欲で理性が大きく不足しているように思われます。

>これまでに蓄積されてきた廃棄物を100万年の間管理できるかと言えば、不可能としか言いようがないでしょうね。

はい、主にその事を言っています。エントロピーの法則からしても何れ日本中放射能が蒔き散らかされることになりそうです。回避の方法はありましょうか???

>海底岩盤に埋め込んで、地球の内部に捨てること

guyver1092さんは以前にもこの事を言及されていましたね??・・・出来ればいいのですが、・・注入にも大きなエネルギーを必要とするでしょうし、何万年も封じ込める事は並大抵のことでは不可能でしょうね。

コメントを閉じる▲
2012-09-17 00:11
3.11以前、政府が主催する原発に関する公聴会の類は、ほとんどがやらせであり、原発推進の「結論ありき」であった事は、殆どの人が認めるところです。そしてこれほど深刻な原発震災が起こってしまった3.11以後、政府の方針は変わると思いきや、その体質は殆ど変わっていません。呆れる事に、いまだに原発生き残りの画策に明けくれています。

原発震災発生から1年以上が経った7月に行われたエネルギー・環境の選択に関する意見聴取会も、何とか少しでも原発の延命を図ろうとあの手この手のペテンを行いました。
 この意見聴取会は、事前に入札にかけられ、博報堂が7854万円で落札しました。博報堂はこれまでずっと電力会社の広告で甘い汁を吸ってきた大手広告代理店の一つです。中立性を保てる筈もありません。・・余談ですが、そもそもこんなものは外注などせずに経済産業省・資源エネルギー庁の官僚が自分たちでやるべき事でしょう。税金の無駄遣いもいいところです・・・政府が注文を付けたのか、博報堂が、経済産業省や電力会社の思惑を図って意を汲んだのかは知りませんが、2重の罠を仕組んでいました。
先ず、原発依存の比率の選択肢は、①0% , ②15% , ③20~25% の3択でした。政府と博報堂は、落としどころを3.11以前よりは依存度の低い(「依存」と言う言葉は間違いですが・・)15%に持ってこようと画策したのでしょう。これまでの依存率の公称値30%の半分15% の選択肢を真ん中に入れておけば、極端な、①0%を選ばずに、②15%を選ぶ人が増えるだろうと言う誘導の意味があったのでしょう。「読み」がかなり甘かったようです。
しかし一方、博報堂はもう一つ「仕掛け」をしていました。それは「2030の全電力に占める原発の割合について国民の声を聴く」と言う前提です。これでは、たとえ①0% シナリオを選んだとしても2030年まで原発を動かしてもいいと言う事になってしまいます。原発に関して、そんな20年も先の事を論じてもあまり意味がないでしょう。どうせ現政権ももう直ぐ幕を閉じます。2030年ではなく、直近の今年後半の事とか来年2013年の事を問うべきです。そしてもっと具体的に、現在止まっている原発の再稼働について、問うほうが、よっぽど有効でしょう。(・・勿論原子力ムラの一員の政府にとっては都合が悪い事でしょう・・。)
① 全機再稼働させない , ②安全で新しいものだけ再稼働させる , ③全炉再稼働 
のような選択肢にするべきでした。それでも①全機再稼働させない を選ぶ人が、過半数を超えた事でしょう・・・と言うよりも 2030年に ①0% を選んだ大部分の人は、
今現在でも ①全炉再稼働させない を選んだ事でしょう。
つまり、この意見聴取会は、①0% , ②15% , ③20~25% と言う3つのシナリオと、2030年と言う見え見えのダブルのトリックがあったのです。そして、最悪の場合でも・・どう転んでも、2030年までのおよそ20年間は、原発を稼働させる意図でやったのでしょう。そんな博報堂も政府も最低です。博報堂は、現政権と共に潰れて欲しいものです・・。
それから、もう一つ勘繰っている事は、「原発依存の比率の選択肢」と言う曖昧な表現です。
前提として、「全使用電力に於ける」と記されていないので、後から「全エネルギーにおける割合」とでも言われたら、②15% でも 電力に占める割合は現在の公称の割合30%と余り変わりません。

この罠だらけの、エネルギー・環境の選択に関する意見聴取会 で、やっと民意の脱原発の意思の強さを知った野田政権は、8月末に予定していた「2030年の原発割合を定める新たなエネルギー政策の策定」を先送りし、9月半ばに、「2030年代に原発稼働ゼロを可能とする」との目標を掲げた新たなエネルギー戦略を決めました。脱電発を掲げないと選挙で大敗すると悟ったのでしょう。
しかし、この『脱原発宣言』も罠ばかりでした。2030年から「2030年代」に変更しました。これは「2030年代の終わりまでには」と言う事と同じですから、実質「2040年には」と変わりありません。更に「脱原発を可能にする」と言う表現は、馬鹿にし過ぎです。まやかし以外の何ものでもないでしょう。何故なら、今現在でも脱原発は十分に可能だからです。もう原発が必要ない事は多くのデータから明らかで、十分に実証もされています。
今回の野田内閣の脱原発宣言は、2040年前までは全54機を全て動かしても構わないと言う事と変わりないでしょう。一応3原則として、
(1) 運転を40年に制限 (2)安全が確認された原発のみ再稼働 (3)新増設はしない
と挙げられていますが、現在作られようとしている 委員長を始め、原子力ムラの出身者で固められたどうしようもない原子力規制委員会では、幾らでもペテンが出来ます。
おまけに現在建設中の青森県東通原発や大間原発などの工事の続行も認められました。大間原発が予定通り2014年に運転開始しても、40年後は2054年です。2040年時点で、「止めるのは可能だが、経済の為に動かす」・・・とも言えるのです。
 野田政権はこの期に及んでも、電事連や経団連の忠実な犬であり続ける事を優先しているようです。政府として初めて(・・やっと・・)『脱原発』を宣言したものの、政府民主党の実体はいまだに「推進派」にしか見えません。。出来るだけ長く、多くの原発の延命を図ろうと躍起なのですから、お話になりません・・。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/09/17 00:11】 | 原子力 トラックバック(0) |

選挙のための罠
guyver1092
 政府の原発政策は、一年以内にある総選挙のための罠でしょうね。「これならまあ許せるか」と過半数の人が思えるようなところをうまく突いている政策に感じます。
 自民の総裁選挙で、すべての候補者が原発推進と言ったようですね。原発推進派である財界にすり寄ってもう一度政権与党をという魂胆でしょうね。国民がどこまで賢いかが問われる選挙ですね。やはり次の総選挙は、原子力政策一択の選挙にしないと、日本は死の灰に埋もれる可能性が高いですね。

Re:選挙のための罠
雑草Z
お気づきかと思いますが、今回の記事は、一つ前の記事【原発の知識と賛否の相関関係】へのguyver1092 さんのコメント 
>推進派
>私の価値判断基準からすると、政府方針は立派な原子力推進政策

に対するアンサー記事でもあります。ただ、この期に及んでも、政府の読みは甘過ぎますね!?
>「これならまあ許せるか」と過半数の人が思えるようなところをうまく突いている政策

の積りでしょうが、大多数の再稼働反対の脱原発派は、

>2030年代に原発稼働ゼロを可能とする
では、納得しないでしょう。
これじゃあ、地に落ちた現政権の支持率回復は無理でしょう。更に本日民主党は脱原発政策も白紙撤回するかもしれないとぶれています。経団連や電事連の支持が他の多数の国民の支持よりも大切なようです。かなり洗脳されて、理性が働かず、潮流も読めないようです。

>やはり次の総選挙は、原子力政策一択の選挙にしないと

そうですね。自民党も民主党もしっかりした脱原発は望めませんね。新勢力の台頭がし易くなっているのではないでしょうか?

原発政策
guyver1092
 yahoo!ニュースで、原子力規制委員人事、原発依存度ゼロを目指す等のニュースのコメントを見る限りは、政府の魂胆を見破っている意見ばかりでしたので、政府の読みは甘かったようにも思いますが、過去の消費税導入等の国民が騙された経緯を思い出す限り、わたしは安心できないのです。まして、自民、公明、民社を源流としない政党は、どうも日本人にとって選択の対象外のようですので、二重の意味で不安を感じています。

Re:原発政策
雑草Z
なるほど、

>政府の魂胆を見破っている意見ばかり

でも、

>自民、公明、民社を源流としない政党は、どうも日本人にとって選択の対象外

と言う事ですね。了解致しました。これは、御用マスコミを通しての経団連やアメリカの「教育=洗脳」の賜物でしょうね。
 しかし、この、アメリカ流自由主義、換言すると、独占資本帝国主義が、強欲な人々の為に作られた不平等システムである事に気が付いている人は多いわけですから、各地で反乱が起こっています。氾濫が大きくならない為に「貧しく忙しく、そして愚民化」の政策で、「現体制維持」を図っているのは、資本主義国家も(似非)社会主義国家も一緒ですね。どの国がこの体制を打ち破るでしょうか?・・・ラテンアメリカはどうでしょう??

Re:「教育=洗脳」
guyver1092
 この「教育=洗脳」の呪縛を破らない限り、日本の未来は文明崩壊への一本道しかないという事態になるでしょうね。当然、全世界でも各国政府が、それぞれの財界と一体になって「教育=洗脳」しているでしょうから、世界中でも同じでしょうね。
 洗脳を打ち破った国はこの地球上にあるのでしょうか。ブータンとかキューバでも、拡大再生産主義の撒き餌に迷っているような新聞記事も読んだ事がありますし。

Re:Re:「教育=洗脳」
雑草Z
この頃つくづく考える事は、現代の主義や価値観が、昔よりも優れてはいないと言う事です。地球の大きさや限界などを知るようになった現代人が、切りがない拡大再生産を是とする経済成長主義を推進するとは、何と愚かな事でしょう?・・江戸時代の人もそれ以前の古代の人も、そんなことやったら危険な事は感覚として認識していたのではないかと思います。現代人もそれが分かっている人も沢山いるのに、経済成長、資本主義に翻弄されています。財閥や資本家と言った種類の人間が、生態系の事よりもお金を大切にして、最も愚かで強欲なのかもしれません。世界は、人間の中でも最も愚かで利己主義の人々に動かされているように感じます。
「善良な市民」と言う言葉は、美化され過ぎですが、一般のそれほど悪くない人々は、資本家や財閥の作った不公平な流れに身を任せている状態です。

>ブータンとかキューバでも、拡大再生産主義の撒き餌に迷っているような新聞記事も読んだ事があります

「人間の性」と言えるのでしょうか??地球の有限性をしっかり認識し、指数関数的増加の恐ろしさ、破局性をしっかり把握するべきですね。基本です。

どこの社会でも欲に目がくらむ人はいます。・・というよりも、金持ちを美化したり、搾取型資本主義を「是」とする社会である限り、「やった者勝ち」ですね。「金持ちはずるい=よくない」と言った共通認識が必要かもしれません。

福一は政府の失敗です
地下水
 「福一は政府の失敗です。」
 緑の風が国会質問をするのを見て泣きました。
 なぜ今まで問題をこんなに分かりやすく話してくれる政党がなかったのかと思いました。


 「福一は政府の…」 、さて…
ST
“政府”とは推進した政府、即ち「自民党」と解釈してもいいのでしょうか? それとそれを支持し続けた「国民自体」もその一翼を間接的に担ってたと拡大して解釈していいのか?
とすれば「やや自業自得気味」になってしまうのですがね…
うーんその時の言葉に「当時推進を続けた」と言う言葉は挟まってはいなかったのですかね… いたとしたら直接「自民党の大チョンボ」を痛烈に批判し、責任を問う言葉ですね。

Re:福一は政府の失敗です
雑草Z
    地下水さん

いつも遡って関連のある記事を探してのコメント有難う御座います。

>なぜ今まで問題をこんなに分かりやすく話してくれる政党がなかったのか

やはり、話し方は重要ですね。分かりやすく、そして説得力が無ければなりません。どこまでを自明として、どこから説明するかによって人を惹きつけられるか否かが決まります。重要な要素です。しかし話す相手に拠っても評価が大きく変わります。
私は自分自身、最近反原発の話が上手くないなと感じています。話は出尽くしたような感じで、どこから話すべきか決まらないからです。
脱原発にこそ『理』があるのですから、あとはしっかり伝えてより多くの人の理解を得る事でしょう。

 その緑の風の国会質問を見てみたかったと思います。


Re:「福一は政府の…」 、さて…
雑草Z
    STさん

このお答えは、地下水さんがされるのが妥当と思いましたので昨日はお返事しませんでしたが、簡単に私の思うところを書かせて頂きます。

一般の国民、特に原発に反対を表明していた人達は

>「やや自業自得気味」

になるのは避けるべきだと考えます。
反原発の雄、小出裕章さんも、原発を廃止出来なかった事に責任を感じている旨をよく発言されますが、これは推進派を助長させてしまいます。みんなで推進して来たから、何が起こっても全て我々(全国民)が悪い・・・では、モラルハザードも甚だしいと思います。やはり、推進派の責任はしっかり個人レベルで追及すべきです。

コメントを閉じる▲
2012-09-11 00:01
 昨年3.11の福島原発事故の後、原発に関する多くの書物が売れ、新たな書物もどんどん刊行されました。ネットの原発情報も、どんどん閲覧されています。その結果、原発に関する詳しい知識を身につけている人がどんどん増えています。
3.11以前は、被曝労働の事も、放射性廃棄物の深刻さの事もあまりよく知らない人のほうが多かった感じですが、最近は常識になっています。3.11から半年が経った頃のここの記事【議論は終わってる・・推進派のプロパガンダの嘘】に載せた内容について、昨年は、知らない項目が複数ある人が殆どで、全ての項目について知っている人は、ほんの一握りでしたが、今や全ての知識を持っている人がかなり沢山に増えたように感じます。
3.11以前から反原発だった一部の人を除いて、多くの人が3.11以降に原発の真の姿を知る事になりました。・・・かく言う私は、3.11以前から徹底した脱原発派で、原発に関する殆どの基礎知識は持っている積りでした。・・一応原発に関する記事は、3.11以前に完結した積りでした。・・それでも、3.11以降に新たに読んだ数十冊の本で、原発の歴史的な経緯等、更に新たな事も沢山知りました。知れば知るほど、原発にメリットは何もない事を再確認いたしました。

 さて、3.11以降、昨年行われた、マスコミによる原発の是非に関する討論会やアンケートの類は、脱原発派と推進派とどちらが多いか分からない感じのものが多々ありましたが・・・マスコミによる「やらせ」的要素もあったのですが・・・今年に入って様々なアンケートで脱原発派は過半数を楽に越えています。特に今年夏の大飯原発3,4号機の再稼働あたりからは、脱原発派は少なく見積もっても7割は越えたと思われます。

昨年、原発必要論者を公言した評論家や企業の代表者なども、次々に脱原発派に変わっています。・・そう、3.11以降、推進派から脱原発派に変わった人は沢山いますが、その逆に変わったと言う人は知りません。

つまり原発に関してしっかりした知識を身につければ、原発のどうしようもない実態がわかり、脱原発派になるのが自然の理性的な流れです。原発は最悪の発電方式である事が分かるからです。

3.11から1年半が経った現在でも原発を推進派している人々は、原子力邑の関係者で、この期に及んでも利権の為に、原発の虚構の安全性、虚構のメリットを主張続けている人、もしくは、その、安全性、メリットを本当に信じている素直な人(・・愚か者とも言う・・)のどちらかでしょう。

 原発に関する本当の知識を身につければ、まともな人は自ずと脱原発派になっていくでしょう。原発の安全性、メリットは殆どが虚構の嘘っぱちだと言う事を理解するからです。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/09/11 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

知れば知るほど脱原発ですね^^
でなしNo.146
>知れば知るほど、原発にメリットは何もない事を再確認いたしました。

私もそう思います。
原発推進派は結局、無知か悪意を持って推進しているとしか思えません。

火力発電は燃料が高いから電気料が上がるとか言っている人を見ると注意する気すら起きなくなってしまいました。

結局、原発はあらゆる意味で未来の世代に負の遺産を先送りにしているだけだと思います。

そもそも、日本の社会のあらゆる部分が「未来の世代に負の遺産を先送りモード」になっていることを最近非常に危惧しています。

Re:知れば知るほど脱原発・・
雑草Z
>原発推進派は結局、無知か悪意を持って推進している人かも知れません。

原子力ムラの住人を含め、無知の人が大多数でしょうけれど、後は刹那的利権に群がる強欲な人々でしょう。
>悪意を持って推進している人
とは、裏の陰謀論ですね?即ち、日本を支配したい、利用したい、若しくは、脅迫したい、滅ぼしたい勢力ですね!?日本の原子力ムラのトップは、その勢力の犬ということですか?

>そもそも、日本の社会のあらゆる部分が 「未来の世代に負の遺産を先送りモード」になっている

全くその通りですね。日本に限った事ではありませんが、政治家の政策が、目先だけの対症療法的で、逆効果的な事ばかりです。あまりに酷過ぎます。このような愚かな事を続ければ、日本も世界も21世紀中に、文明崩壊でしょうね。
現代文明は危機的末期症状ですね。

推進派
guyver1092
 経団連会長と青森県知事が、政府の新しい原子力政策に文句を言っているようですね。私の価値判断基準からすると、政府方針は立派な原子力推進政策ですが、原子力邑の住人にとっては「承服しかねる」方針のようです。最近になって日本人の多くが原発の情けない実態を知るようになってきており、その知識からすれば、彼らの言い分は全く根拠のないうわごとにしか聞こえません。
 そこまで不満であるのなら、国の原子力に対する補助金等すべての利益供与を断り、自分のお金でバックエンド等の不算入コスト及び、事故が起きた時の保険料もすべて自前で払い自己責任で原発をするべきでしょう。そんなことは、コスト上不可能との結論がすでに出ていますが。
 戦前、財閥は日本の国益に反するのを承知で金を国外に流出させましたが、経済界は国益よりもわが社の利益が大事という姿勢は変わっていないようですね。

Re:推進派
雑草Z
>政府方針は立派な原子力推進政策ですが、

全く以てその通りですね。将来のエネルギー政策を決める政府の意見聴取会も、そもそも前提が2030年の時の事ですが、2030年ではなくて、即全廃と言う選択肢があれば、それが一番支持された事でしょう。政府は更に2030年代とか言ってますから、出来るだけ原子力を使う為に卑劣な方法を使っているとしか思えません。

>そこまで不満であるのなら、国の原子力に対する補助金等すべての利益供与を断り、自分のお金でバックエンド等の不算入コスト及び、事故が起きた時の保険料もすべて自前で払い自己責任で原発をするべき

その通りですね。特に経団連の米倉会長は、原子力ムラの中心の一人でしょう。日本の癌ですね。彼は国民のお金(税金なども・・)を懐に入れる事しか考えていないようです。原発の実体も全くわからないのでしょう。何となく正力松太郎とダブって見えます。最低の人種です。

コメントを閉じる▲
2012-09-05 00:01
以前より原発の海外輸出を進めていた日本の原発プラントメーカーと日本政府は、3.11の原発震災が起こった後でも、反省もせずに売り込みを続けようとしています。原発プラントの海外輸出も、国内の原発の再稼働を急いでいる大きな目的の一つでしょう。(自国で原発を稼働出来無くて、他国へ売り込もうとしても、信頼が得られないでしょう・・しかし実際、原発を稼働してもしなくても、もう既に日本の原発の信頼は失墜しています・・。)
原発震災の半年ほど前に、日本政府(民主党管内閣・・この頃の管内閣は極端に原発推進でした。)は、ベトナムでの原発受注を成立させました。その時の報道では、日本が原発建設を受注する代わりに、ベトナムの港などのインフラ建設に資金を融資するとか、原発技術を移転するとか、レアアースを共同開発するとかの話が話題になりましたが、もっと深刻な問題が報道されませんでした。それは、放射性廃棄物の処理も日本が行うと言う合意です。それまで、新興国で激化していた原発建設の受注競争で、相次いで韓国やロシアに出し抜かれていた日本は、愚かにもベトナムの要求を丸呑みして非常に不利な受注をしてしまったのです。ロシアの統一民間原子力企業体アトムエネルゴプロムが、放射性廃棄物を引き取って、自国で最終処分すると宣伝して原発を売り込んでいた事にも対抗して同じ事を約束してしまったのです。
 ベトナムで原発事故が起きた場合に災害補償の負担を求められる事は当然として、事故が起こらなくても放射性廃棄物を引き取らなければなりません。
放射性廃棄物を日本で引き受ける場合、当然持って行く場所はありません。核燃料サイクルは破綻していて、六ヶ所村も余地がありません。・・・費用対効果や放射性物質の非拡散、リスクなどを考えれば、事故の起きた福島原発周辺と言う事にならざるを得ないかも知れません。・・・いや、それは酷過ぎる・・・と言う推進派も代替地を挙げる事は出来ないでしょう。・・・実際日本に放射性廃棄物を置いておく場所がある筈がありませんから、海外を挙げるしかないでしょう。だからモンゴルに押し付けようとしています。モンゴルにも原発利権に群がる連中がいるでしょうから、モンゴルが引き受ける可能性も無いわけではありませんが、それは一般のモンゴル国民にとったら死活問題です。もしも放射性廃棄物をモンゴルに持ち込んで埋めたら、末代まで日本が恨まれる事になりましょう。放射性廃棄物の他国への押し付けは、絶対にやってはいけない事です。モンゴルで無くとも地球上に放射性廃棄物を安心して置いておける場所など無いのです。

 今回の受注は、経済産業省が音頭を取って、日本国外への原発建設受注の為に2010年に設立された国策会社「国際原子力開発」を中心に行われたプロジェクトです。この会社の民間の出資企業は、東電をはじめとした原発を持っている9電力会社、及び、三菱、日立、東芝の原発プラントメーカー3社、それからもう1社、産業革新機構と言う怪しげな会社です。(税金の投入によって作られた天下り先企業でしょう。)東電は、3.11の事故を起こした後の1年後に事実上撤退を決めています。

日本の原子力ムラに所属する企業に一時的な儲けを確保する為に、愚かにも日本政府は国家を担保に入れてしまったのです。とんでもない事をしてしまいました。原発に関しては、これまでも国策でとんでもない事をやってきたわけですが、今度は海外での事故や放射性廃棄物のリスクまでを日本が国家として背負い込んでしまったのです。原発プラントメーカーは、原発輸出で当面儲けたら、後は事故が起こったら国家に泣きつき、放射性廃棄物の処分は国家に丸投げ・・なんてとんでもない話です。企業倫理にも反します。企業が外国で損害を与えたら、国家が尻拭いをして、損害を肩代わりしてくれる・・・なんて虫のいい話があっていい筈がありません。
事故が起こったら、原発プラントを輸出した企業は、社長を始め、社員総動員(若しくは家族まで動員して・・)で現地に行って収束作業に全力を尽くす(勿論被曝労働)。放射性廃棄物は、自分の土地に埋めて、放射能が殆ど危険で無くなるまで子孫代々その上に住む・・という覚悟がない限り、原発輸出などはやってはいけませんし考えてもいけないでしょう。・・それらの覚悟があったとしても、他の人々に多大な損害を与えるので、やってはいけない代物です。事故の場合のリスクも放射性廃棄物もすべて国家任せで、目先の利益だけを上げる為に原発を輸出するなんて、言語道断です。
  3.11の福島第一原発事故や、それに伴う東電の原発輸出事業からの撤退などで、ベトナムが条件の変更を理由に原発受注契約解消をする事を日本政府、経団連やプラントメーカーは恐れているようですが、これは、日本としては四面楚歌の最悪の状態から免れる為の最後のチャンスかも知れません。当面かなりな不利益が出たとしても絶対に契約解消すべきです。

 当方は、使用済み核燃料を含む放射性廃棄物を、原発輸出国が責任を持つ事には反対ではありません。寧ろしっかり責任を持つべきでしょう。しかし、実際チェルノブイリ級や福島第一原発級の深刻な事故が起きれば、国家でも責任の取りようがありません。原放射性廃棄物は処分できませんし、放射能が安全なレベルに下がるまで保管できる土地も地球上にはありません。事故の期待値を計算に含め(・・当然の事です。)放射性廃棄物の処理まで考えれば、原発は経済的に破綻している事も明らかです。原発は、輸出国も輸入国も、長いスパンで見れば、結果的には大損害を受けることになります。それも、破滅の危険性を孕む恐ろしいものです。原発を輸出する事は無責任の極みです。だから、「原発輸出国が責任を持つ」と言う事は、「原発を輸出しない」と言う事しかあり得ません
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/09/05 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

不勉強でした
guyver1092
 ベトナムと核廃棄物引き取りの契約をしているのは、知りませんでした。国内で使用した核燃料の保管場所にも困っているのに、どうするつもりだったのでしょうか? 正気を疑いますね。
 原子力村の価値判断基準では、目先のほんのわずかな儲けが日本の破滅より大事なようですね。もしくは本当に日本の破滅が目的とか。

Re:不勉強でした
雑草Z
>ベトナムと核廃棄物引き取りの契約

私もその事を知ったのは最近です。本文にも書きました通り、当時は、原発輸出の見返りとして、資金や技術の提供の事ばかり報道された記憶です。日本のマスコミは本当にどうしようもない御用組合ですね。

>国内で使用した核燃料の保管場所にも困っているのに、どうするつもりだったのでしょうか? 正気を疑いますね。

全くです。後の世代に丸投げですね。これまでの原子力行政そのままです。モンゴルに放射性廃棄物を持って行くと言う話と繋がっていますね。

>原子力村の価値判断基準では、目先のほんのわずかな儲けが日本の破滅より大事

本当に狂ってます。ここまで狂った事がまかり通る社会って恐ろしいですね。

>本当に日本の破滅が目的

余りに酷過ぎてこのように考えるのが合理的かも知れません。アメリカ・ユダヤの陰謀説が出るのも無理はないですね。

ベトナムとの原子力協定
さとうたろう
最近、この話題が出ないので無くなったのかと思っていましたが、生きているんですね。しかも廃棄物処理のオマケつきとは。日本でもベトナムでも処分出来ない核廃棄物を生み出す原発は、国内でも海外でも稼働させてはいけませんね。

Re:ベトナムとの原子力協定
雑草Z
    さとうたろうさん

 初のコメント有難う御座います。
ベトナムへの原発プラント輸出協定は、3.11で、頓挫して契約解除になった思いきや、まだまだやる気のようです。管直人が総理大臣を止める時に、ベトナムとのこの協定はまだ続いている事を確認したと言いますから呆れます。

>処分出来ない核廃棄物を生み出す原発は、国内でも海外でも稼働させてはいけませんね。

全く以てその通り。この当然の事を当然と言えない原子力ムラの連中は狂っているとしか言いようがありません。


コメントを閉じる▲
2012-08-29 00:01
福島第一原発での原発震災3.11以降、原発の虚構性・・・負の局面だけで、何のメリットもない事・・・を日本の多くの国民が知るところとなりました。
それでも原子力推進派が原発再稼働に拘る理由は、利権や経済的な事、若しくは軍事目的である事は今や多くの国民が知る事となりました。軍事目的の場合54機は多過ぎて、逆に原発が攻撃の標的になるから全くの逆効果です。54機も作ってしまったのは、作れば作るほど電力会社が儲かる総括原価方式だからですし、自ら善悪を判断出来無くて、与えられた仕事を如何に上手く実行するか・・しか考えない愚かな国の官僚がやってしまった事です。再稼働を推し進める理由は、ほとんど経済の為だけと言う事になりましょう。実際原発が動かないと一時的には経済は大変な事にはなるでしょう。原発は麻薬のように日本の経済に入り込んでしまったからです。始めから作らなければ何の問題も無かったのに、作ってしまったから、麻薬中毒患者のように麻薬を打ち続けなければ(=原発を稼働させなければ)問題が起こるシステムを構築してしまったからです。

原発は(出来もしない)核燃サイクルが前提となっていますから、使用済み核燃料は電力会社の資産とみなされています。ここが最大最悪の経済的トリックです。そして、原発廃止と決まった瞬間に、使用済み核燃料は、大きな資産から、巨大な不良債権に変わり、原発を抱える電力会社は潰れてしまいます。(・・核燃サイクルが万が一成功しても、超高レベル放射能が増える一方で解決にもなりません。核燃サイクルは、成功しようがしまいが問題の先延ばし、深刻化です。・・・)本当のところは、使用済み核燃料は(原発や使用前の核燃料でさえ・・)不良債権であって資産ではない筈です。
兎も角、再稼働が行われず、原発の廃炉が決定した時点で、電力会社は潰れてしまいます。そしてそこで起こる経済破綻は・・・
先ずは当然の事として電力会社及び下請け会社、関連企業がどんどん潰れ、そこで働く人々が失業してしまうでしょう。そして、原発マネーにどっぷりと依存していた原発立地の多くが夕張市のように財政破綻するでしょう。(既に3.11の福島原発震災以前に、双葉町など、原発マネーで作り過ぎた箱ものの維持の為に財政破綻寸前の原発立地もありました。)そしてさらに、原発を持っている電力株式を大量購入していた東京都などの自治体、銀行、保険会社などの企業の財政が危機に陥り、財政破綻する自治体や企業も現れるでしょう。安定株として退職金をつぎ込んで老後の資金としていた人々の老後の暮らしも不安になりましょう。それから電力不足や電気料金値上げによって製造業などに影響が出る・・・と言うのも電力会社や政府や経団連の主張です。
おそらく、政治家も官僚も、これらの経済危機を最も心配しているところでしょう。(・・彼等は自分達の利権を失う事の方がもっと心配でしょうか??)
しかし、これらの「経済危機」の原因を、「脱原発」と見るのは、あまりにも短絡的でしょう。「原発導入時より時間だ経てば経つほど爆薬が増える時限爆弾が仕掛けられた・・」と考えるべきでしょう。放射性廃棄物の無放射能化が無理である事は、原発導入時より分かっていた筈です。分かっていなくとも、「予防原則」で言えば、処理方法が見つかるまでは導入してはいけないものでした。百歩譲って、原発導入時には期待に騙されたとしても、20世紀末までには、このまま放射性廃棄物が溜まり続ければ大変な事態になる事は分かり切っていた筈です。・・原発は当初からずっと問題の先送りをしてきたのです。その結果、放射性廃棄物は溜まり続けて、現在どうしようもない状態に陥っています。・・・六ヶ所村の使用済み核燃料の処理は全く進まず、使用済み核燃料の受け入れが出来なくなり、使用済み核燃料を各原発の建屋の使用済み燃料プールで保管するしかなくなってしまいました。
電力不足は、電力会社の自作自演ですし(・・本当に不足するのなら、3.11以降1年間で火力発電や水力発電を整備して稼働準備しておけば済む話です。)電気料金値上げは、不良債権となる使用済み核燃料や原発自体の赤字解消の為でしょう。原発を作らなければ、電気料金は遥かに安く抑えられた筈です。

以上のように、脱原発によって起こるであろう経済危機は、原発で回す経済システムを作ってしまったから起こるのです。原発は最も能率の悪い、費用対効果がマイナスの発電方式ですから、やればやるほど赤字で負債が増えていくのです。原発経済は、持続不可能でいつか破綻する不良経済システムだったのです。経済が破壊されるだけでなく、それに伴ってどんどん放射性物質が作られると言う悪魔のシステムだったのです。原発経済で動いていた潤沢なお金の出どころは、国民から集めた税金や高い電気料金だったのです。原発経済こそ、まるまる不必要な、環境破壊の経済システムだったのです。麻薬の生産、販売で潤っている国なり地域があっても、経済が破綻するから・・・という理由でそれを続ければ状況は悪くなる一方です。一刻も早く麻薬を断たなければ解決になりません。原発経済はそれに似ていますが遥かに質の悪いものです。麻薬よりも放射能のほうが遥かに悪質です。国民を被曝させながら、国民から沢山のお金を巻き上げる環境破壊型差別集金システムです。
だから原発は、経済的「痛み」があっても一刻も早く廃止すべきものです。その「痛み」は、社会の健全化には必要な事ですし、原発を続ける事のほうが、遥かに大きな社会の「痛み」となりましょう。

脱原発こそ脱経済成長の象徴】2012-01-17 で述べたように、原発経済は、丸々必要のない無駄なシステムです。無駄なだけではなく、資源とエネルギーの浪費、環境破壊による経済成長の典型例であり最悪の例です。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/08/29 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

環境破壊型差別集金システム ?
団塊親爺の遺言
いつもありがとうございます
一つ疑問が・・? 環境破壊型差別集金システムですが
これは無差別と私は想うのですが どうでしようか・・?

本来は今回の様な事故が起きた時の為に保険や積立金は
在ったのでしようか・・? もう国には余分な資金も無く
赤字国債と増税で我々からむしり取る事しか考えていない
散々、自分たちだけで儲けイザと成ったら国民に泣き付く
様 本来の後片付けも全く出来ない 将来に禍根を残す
技術で経済発展・・まるで昔の地頭の集団ですよね~~~
甘い汁にドップリ浸かっていた輩たちに安い給料で後始末
をして人生を終えよと言いたい 経済成長とは東北を元に
戻し海や山の汚染を解決し豊かな自然を取り戻す事です
放射能汚染があちら・・こちらで聴こえて来た今
此の侭では・・食べるものが無くなる・・世界は大干ばつ

未曾有の大不況に陥る危険性と食料危機に放射能汚染の拡大
こうゆう時に全く機能してない政府・・ 
あ~あ~愚痴だらけの私てすが先行きが大変不安なのです
 


>環境破壊型差別集金システム ?
雑草Z
    団塊親爺の遺言さん

 こちらこそ、いつもありがとうございます。
さて、

>これは無差別と私は想うのですが どうでしようか・・?

確かに、放射能が環境に広くばら撒かれた場合は、 団塊親爺の遺言さんのおっしゃるように、「無差別」と言えるでしょうね。

私が「差別」と表現したのは、
先ず、被曝労働は、決して電力会社の正社員や経済産業省の官僚など原子力ムラの人々は行わないで、貧しい人を騙してさせる事だからです。
原発が事故を起こす前に恩恵を受ける人(・・電気の恩恵と言うよりも、寧ろ利権の恩恵。)と原発災害の被害に遭う人はかなり異なります。
 推進派と反原発派の待遇然りです。推進派は潤沢な資金を電力会社や税金から貰い、反原発派は自腹を切るばかりか、公安などから密告されて、圧力をかけられ、仕事を止めさせられたり干されたりして来ました・・これらの事を称して「差別」と表現しました。
 だから「無差別」「差別」どちらの解釈もありますね。

>今回の様な事故が起きた時の為に保険や積立金は
在ったのでしようか・・?

まともに計算すると、保険料だけで電気料金が何倍にも跳ね上がってしまって不経済性が暴露されるから、「事故は絶対に起きない」として、保険や積立はされていませんでした。・・・核燃サイクルなどの為の別の積み立てはかなりありました。・・・この事だけでも原子力ムラの人々は最悪ですね。

>愚痴だらけの私てすが先行きが大変不安なのです

あまり言いたくありませんが、今の日本は出口無し・・・に近い状態ですね。既に遅し…の感が・・・



屋号は銭屋
 よく分からないんですが。原子力発電所が無くなればどうなるんですか?
 無くすことによって得るものはなんでしょうか?逆に無くなって失うものはなんでしょうか?我々の実利として。
 原発が無くても企業の自家発電で事足りるとか地熱だ風力だバイオマスに太陽光と未だに普及の目途もたっていないようなシステムを唱えている人たちが多すぎるような。
 結局は原発反対・再稼働反対のデモには革マル派なんかの極左や何でも反対の市民団体など単に原発を利用して政府攻撃ができればいい、みたいな輩もいたようですしね。
 ただのイデオロギーだけの原発反対って結局は同じイデオロギーを持つ人にしか伝わらないでしょうし。
 

よくわからないのは原発の事でしょうか?
雑草Z
    屋号は銭屋さん

 >よく分からない

はどの部分でしょうか?記事をまともに読んでいないのではないでしょうか?もし本当に記事を読んで内容が殆どよくわからないのならば、あなたは原発を知らなさ過ぎる野田総理に輪をかけて原発がどんなものか実体を知らないのではないでしょうか?(・・野田総理の大飯原発再開の演説に感激したクチですか?)

>原発が無くても企業の自家発電で事足りるとか・・・

 実際、この夏原発無しでも足りる事は十分に実証されています。(まさか、大飯原発3,4号機の再稼働が無ければ電力不足になった・・・などと馬鹿な事を主張しないでしょう?)確かに風力発電などはEPRがまだまだですが、それでも事故の期待値や、廃炉後まで考えれば、更に原発のほうが遥かにEPRは悪くなると言う事に反論為されますか?
 因みに原発より火力発電のほうが遥かに優れた発電方式です。あなたは火力より原発のほうが優れている点を一つでも挙げられますか?

>原発反対・再稼働反対のデモには革マル派なんかの極左

デモも大きくなれば、色んな人が入ってくるでしょうが、革マルとか何でも反対の人は主催者でも主流でもありません。今のデモは脱原発の一点で集まっている一般市民が大部分ですよ。何だか実情を何もわかっていないようですね?あなたのその情報源はどこからでしょうか?今どきそんな情報を信じる人がいるのですね。

>ただのイデオロギーだけの原発反対

そんな人殆どいないんじゃないですか。大多数の人は、本当に原発は危険で経済的にも破綻していて、子孫に負の遺産を残すから反対しているのです。
日本国民の過半数があなたの言う

>同じイデオロギーを持つ人

ですか?(笑)これだけの人が反対するのは、どんなイデオロギーからであるとお考えか、是非とも教えて下さい。

もう少し、原発の事情を調べて知って下さいね。

バブル経済
guyver1092
 原発廃止に関する様々な経済的影響は、バブル崩壊時の日本経済に似ていますね。誰もが価値があると考えていた財産(債権)が、バブル崩壊の進行に従ってどんどん不債権化していったという状況に重なると感じるのは私だけでしょうか。
 当然世の中にはいろいろな考えがあり、政府が金融引き締めを行わなければ、バブル経済は永遠に続くと考えている人もいますが、私はそんなことは起きなかったであろうと考えます。土地を例に取って考えてみると、値上がりを期待して転売目的で土地を買いあさり、地価を吊り上げすぎると、自分の満足できる価格で、土地を買える財力のある人がいなくなってしまいます。ようは最終消費者の購買力という上限がある限り、永久に経済成長は不可能でしょうというのが私の考えです。
 バブル経済の限界は、供給側の欲望が最終消費者の購買力を上回ったことにより起こったのに対して、原子力発電は核燃料サイクルの虚構性と原発安全神話の崩壊による、隠蔽コストの顕在化でしょうね。核燃料が実は不良債権であったことが白日の下にさらされてしまった以上、まともな経済感覚があれば原発は不要であると考えるのが自然でしょう。バブル時には不良債権のいわゆる「飛ばし」がありましたが、結局はより巨額の損失となったと記憶しています。再稼働等の「飛ばし」を行わず、なるべく早く不良債権処理をすることがもっとも傷を小さくする方法と考えます。


 屋号は銭屋さん

 あなたは原子力発電に何らかのメリットを認めているのでしょうね?
たぶん原子力発電に対する認識が雑草Zさんとも、私とも根本的に異なっているように感じます。あなたの感じている原発のメリットを詳しく教えていただけないでしょうか。


Re:バブル経済
雑草Z
またまた、 guyver1092さん ならではの、オリジナルな発想ですね!

>原発廃止に関する様々な経済的影響

>バブル崩壊時の日本経済
が似ているなんて考えた事はありませんでしたが、言われてみれば確かによく似ていますね。・・どちらも「必然の流れ」ですしね。

>原子力発電は核燃料サイクルの虚構性と原発安全神話の崩壊による、隠蔽コストの顕在化

なるほど、短い中に本質を盛り込んで、よくまとまっていますね。特に「隠蔽コストの顕在化」と言う表現は私は思いつかなかったと思います。機会があれば使わせて頂きます。宜しくお願い致します。

>核燃料が実は不良債権であったことが白日の下にさらされてしまった以上、まともな経済感覚があれば原発は不要であると考えるのが自然

全くですね。「不要」と言うよりも「不経済」とか、「手を出してはいけないもの」と言った方が適切ですね。
もう既に、不良債権である事は決まっているのに、暫くの間「資産」と見せかける為に、野田政権は原発の再稼働を進めているのですが、「問題を膨らませながら先送りさせているだけですね。一度爆発しても止めないと言う懲りない面々・・。本当に無責任極まりないですね。


コメントを閉じる▲
2012-08-23 00:01
 3.11の福島第一原発での原発震災を機に、日本の多くの国民が原発の虚構性・・・負の局面だけで、何のメリットもない事・・・を知るところとなりました。そして、利権に預かる一部の人々や彼らの言う事をいまだに信じている一部の人達を除いて、少なくとも過半数の国民は、脱原発に賛同しています。
世界に目を向けると、日本の原発震災後、ドイツ、イタリア、スイス、ベルギー・・・と続々と脱原発を表明しています。現在原発保有数世界一のアメリカでも、1979年のスリーマイル島原発事故以降、新規原発建設は凍結されてきました。今年8月には、使用済み核燃料政策の問題への対応が出来るまで原発認可延長停止も決定しています。アメリカの原子力プラントメーカーの大手で、福島原発の1号機も作ったGE[ゼネラル・エレクトリック] 社のCEOもこの7月に、「原発は正当化するのが非常に難しい」と語っています。ドイツのシーメンス社やスイスのアセア・ブラウン・ボベリ社などの電機メーカーも原発事業からの撤退を表明しています。
原発のとんでもない不経済性は、世界の常識になってきています。そして、21世紀に入る以前から始まっている脱原発の流れは、推進派による地球温暖化説や石油ピーク説などの数々のプロパガンダにも関わらず止められません。原発の虚構性が明らかになった現在、日本に限らず、世界中で脱原発は時間の問題でしょう。

そんな流れに逆行するように、21世紀に入ってから日本の原発プラントメーカーは、アメリカやフランスの大手原子力企業と次々に業務提携関係を結んでいます。
東芝は2006年にアメリカのウェスチングハウス[ WH] 社を買収して傘下に入れています。日立製作所は2007年にアメリカのゼネラル・エレクトリック[GE]社との合弁会社を設立しています。同様にフランスのアレバ社と三菱は提携関係を結び、2008年頃から関係を強化しています。その結果、世界の原子力プラントメーカーグループは、WH-東芝 ,GE-日立 ,アレバ-三菱 となり、3グループ全てに日本企業が入っています。(・・2007年に設立されたロシアのアトムエネルゴプロムを入れて4グループ体制となりました。)

東芝がWH社を買収したとき、WH社がそれまで世界に売り込んだ原子炉に事故が起きた場合、東芝が肩代わりする事にもなったとの事です。途方もなくリスクの高い買収でした。GEは、原子力関係の売り上げは全社の1%ほどと言う事ですから、今後原子力部門を全て日立に売却して、WHのように昔売った原子炉の事故を日立に肩代わりさせようとしているとの見方も出来ます。前の2者に比べて、原発に非常に積極的なフランスのアレバと三菱の提携は、(両国とも、官僚国家で、官僚が原発推進して来ました。)世界最大の原子力産業複合体としてNO1の覇権を狙ったものと見るのが一般的でしょう。しかし、これまた、アレバは事故が起これば、賠償を三菱にも負わせることになるでしょう。

3つのグループとも、廃炉ビジネスはこれからのかなり美味しい利権として狙っている事でしょう。これから世界中で廃炉にしなければならない原子炉が次々に現れます。だから、原子力ビジネスは、少なくとも数十年の間は沢山の仕事があるでしょう。然しそれは同時に放射性廃棄物の処理と言う解決策のない深刻な問題も付きまとうのです。この部分を、日本の提携会社に押し付けられる可能性も高いでしょう。「既に汚染地域となってしまった福島第一原発の周辺区域に持って行って埋める」と言う選択肢も否定出来ません。穿った見方でしょうか?
現在、いわゆる「先進国」では、新規原子炉を作る事は非常に困難ですから、ここのところ、世界の原子力プラントメーカーグループは、いわゆる「発展途上国」と呼ばれる国への新規原子炉の売り込みに熱心です。勿論日本でも新規原子炉の設置も非常に難しくなりました。だから原子力プラントメーカーグループは、日本の提携会社の日立、東芝、三菱などを使って国家ぐるみで東南アジアなどに原発を売り込ませています。ロシアのアトムエネルゴプロムは、放射性廃棄物を引き取って、自国で最終処分すると宣伝して原発を売り込んでいるので、(・・いくら広い国土のロシアでも、それは無謀な事です。・・)これに対抗する為には、残りの3つの原子力プラントメーカーグループも、放射性廃棄物を引き取る契約にしないと、アトムエネルゴプロムに契約を持っていかれると躍起になっています。だから、日米共同でモンゴルに原子力プラントを作ってあげる代わりに、放射性廃棄物もモンゴルで引き取ってもらって最終処分させるという話も持ち上がっています。モンゴルにとって、「2重に美味しいビジネス」のようにして売り込んでいますが、これが実現したら、逆にモンゴルは踏んだりけったりでしょう。国家として存続出来ずに崩壊するかも知れません。先に述べたようにモンゴルだけでなく、日本の福島原発事故現場周辺も、最終処分場の候補地にされている事でしょう。相手は外交の上手い(狡賢い)西欧諸国です。
GEと提携しWHを吸収した日本の企業は、世界の原子力プラントメーカーグループのトップに躍り出た・・・と喜んでいたのが、3.11以降、持て余された欠陥商品を掴まされたと気が付いたかも知れませんが、後の祭り。原発利権で儲けようとした日本のグループ会社は、途方もないリスクも一緒に背負わされたのです。それも、その会社だけではなく、日本の国家そのものにまでリスクが及ぶのです。「日立も東芝も、ばばを掴ませられた」と言う解釈もされるようになって来ました。・・会社が負債を抱え込まない為にもグループの原発プラントの売り込みに必死の事でしょう。彼らが日本の原発の再稼動を強く推進する一大勢力になっています。日本の地で、原発全炉停止状態では、他の国も原発導入に尻込みするでしょうから再稼動のパフォーマンスに躍起です。しかし、今から直ぐにでも、多額の賠償を払ってでも、この契約を解消したほうが、会社の為だけではなく、日本の為でもありましょう。アメリカの不良債権押し付け計画は、今に始まった事ではなく、アメリカが「核の平和利用」を宣言した20世紀半ばに既に始まっていたのではないでしょうか?

自国で売れなくなった物を外国に持って行って売る事は、現在のグローバルな経済優先社会では普通に行われている事です。自国では売れなくなった危険な欠陥商品を他国へ売り付けて自国の産業と利権を守る(・・結果的には信頼を失うのですが・・)日本に強制的に配備されようとしているオスプレイも、危険な欠陥兵器であることが話題になっています。・・・原発も同じ構造といえましょう。原発に至っては、それ以上の戦略もあるやも知れません。即ち、不経済で危険極まり無く、処理がお手上げ状態の放射性廃棄物を量産する欠陥商品である原発を背負い込ませて、その国を経済的に衰退させ、いざとなれば、原発への攻撃を示唆して外交の切り札とする・・・新たな形の「核の抑止力」とも言えましょうか?・・・ここまで言及するのは穿った見方でしょうか?・・
原発の導入に積極的な韓国や中国、インド・・などがこれからもどんどん原発を作ろうとしている事も、実はアメリカやイギリスの戦略の一つであると言う見方も出来るでしょう。勿論、深刻な原発事故は、世界中に放射能をまき散らしますから、アメリカやイギリスなどの国民の総意ではないでしょう。原発利権にどっぷり浸かった一部のアメリカやイギリスの原子力ムラのようなところの意思でしょう。彼らの利権や思惑の為の陰謀で、原発は国家ぐるみで導入され、売り込まれてきたのです。

日本の企業は、原発ビジネスと言うばばを掴ませられてしまったようです。だから、これから電力の需要が急激に増得ると見込まれている新興国などへの原発の売り込みに躍起です。この事によって、東芝や日立、三菱が負債を抱えて潰るのは自業自得ですが、国家による負債の肩代わりは理不尽です。(事が起これば、可能性が低くはないでしょう。)まして日本への放射性廃棄物の持ち込みをこれらの会社の為にやるのは以ての外です。
そして、売り込まれる側の新興国などは、原発プラントを購入した時点で、欠陥商品を購入した事になります。とんでもないばばを掴まされるのです。そこの国民の多くも、既に原発の不経済性や危険性は十分に認識している筈です。それでも導入に強引なのは、莫大な利権を提示されているからでしょう。・・つまりその国の一握りの原子力村の新参者達によって、莫大な税金で欠陥商品を買わせられるのです。
破綻しようとしている不良ビジネスの権利を買い取る企業と、そこの不良商品を購入させられる国家と、どちらがより強欲なお馬鹿と言えましょうか??
 これから、放射性廃棄物の押し付け合いが始まるでしょうが、放射性廃棄物は不拡散が原則。そのほうが比較すれば手間も費用もかからないのも明らか。移動すればリスクも高まるばかりです。原発立地国で最終処分するのが当然でしょう。原発立地その場所で廃炉処理と共に管理するしかないでしょう。両者ともそこをしっかり考えているとは思えません。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/08/23 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

金の亡者
guyver1092
 資本主義の皮をかぶった原子力無駄遣い帝国主義の世の中で金もうけをしようとすれば、こうなるのでしょうか。
 アメリカは、日本よりは資本主義が機能しているから使用済み核燃料政策の問題への対応が出来るまで原発認可延長停止も決定するのでしょうか?
 金の亡者達は、人類の将来のことはどうでもよく、今と、ほんの少し先の儲けがあれば幸せのようですね。

Re:金の亡者
雑草Z
3.11以降、それまで原発問題に無関心だったも含めて、多くの人が原発の本当の姿を学び、少しは理がありそうだった経済性まで虚構である事を知った今、原発は利権のみで動いている事は白日の元に晒されました。・・いまだに原発の経済性を信じているどうしようもない人達もいますが・・・そうすれば、これからは原発の押し売り状態が続いて、その後は放射性廃棄物の押し付け合いが始まるでしょうから、早いとこ手を引いて置いた方が得策だと思っているのでしょうね(廃炉ビジネスはこれから伸びるでしょう・・)

>資本主義の皮をかぶった原子力無駄遣い帝国主義

言い得て妙です。原子力ムラの住人を上手く表現していますね。

>アメリカは、日本よりは資本主義が機能しているから

 資本主義と言うか、自由経済は機能している方が、脱原発はスムーズに行われるでしょうね。皮肉な事に、核の平和利用を唱えて原発を世界に広めたアメリカが、上手く放射性廃棄物から逃げようとしていますね。

>金の亡者達は、人類の将来のことはどうでもよく、今と、ほんの少し先の儲けがあれば幸せ

本当に身勝手な人々です。自分達の直ぐ下の世代、子や孫の世代も、廃炉には多大な迷惑を被るでしょうに・・・子や孫の世代には廃炉ビジネスで儲けさせる魂胆でしょうか??


アルテミス^^
雑草さん
こんばんは〜^^

穿った見方ではないと感じます。
至極真っ当その通りという感じで、同感致します。
廃炉でも被爆を被る業務は、事故を起こした企業からの従業員でなく、協力会社の従業員が行うのでしょうか?

穿った見方ではない・・
雑草Z
 これから原発を続ける事、途上国、新興国と呼ばれている国へ売り込む事は、国家の破綻に繋がるでしょう。そうでなくとも、今現在の日本の原発の数は異常です。もう既に手遅れ・・かも知れません。それに輪をかけてさらに原発、原発ビジネスを続けることは、狂気の沙汰です。
 ++++  ++++   ++++   +  +++ ++++
 今回の記事は、内容が盛り沢山過ぎましたので、焦点がぼやけたようです。原発の他国への売り込みについては、また改めて記事にする積りです。

強欲にもほどがある
guyver1092
 中日新聞ホームページで見かけたので、紹介します。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012082801002324.html

現在の基準では活断層の上に原子炉は立てられないのですが、活断層上にも原子炉が立てられるよう基準を変えようとしています。

Re:強欲にもほどがある
雑草Z
 記事の御紹介有難う御座います。

断層の存在が明らかになったら、今度は

>活断層と判断される可能性があった一部の断層について原発の直下にあっても、ずれの量が小さく原子炉建屋などに影響が生じないと評価されれば原発の運転継続も可能

ですか!!・・本当にどうしようもないですね。何としても原発を動かして、原発を不良債権化したくない事が優先ですね。(本日8月29日付の記事の内容でもあります。)
guyver1092 さんが常々おっしゃっているように、日本を破滅させようとしているとしか思えません。この期に及んでも原子力安全・保安院などの体質が全く変わっていない事には怒りを感じます。

コメントを閉じる▲
2012-08-17 00:01
東京新聞に「原発事故で死んでない論」は許されないと言う記事が、8月12日に載ったそうです。
7月に行われた将来のエネルギー政策を決める政府の意見聴取会の名古屋会場で、中部電力の社員が「(福島原発事故で)放射能の直接的な影響で亡くなった人は一人もいない」と発言した事を受けて、この場に限らず、最近ちまたでよく耳にする「原発事故で死んだ人はいない」論に対する批判記事です。原発が原因で亡くなった例として、原発事故の放射能によって警戒区域や避難区域になったところで救出に行けずに亡くなられた例が書かれていました。これは明らかに原発事故の放射能が原因で亡くなった例と言えましょう。それに対して、掲示板等で、
『中部電力の社員の人は「放射能の影響で」死んだひとはいない、と言った』
『原発事故の影響で死んだ人はいないなんて一言も言ってない』
『東京新聞による意図的な曲解、ミスリード』
と言うクレームコメントをする輩が何人もいます。
東京新聞は、『中部電力の社員』の発言をきっかけに、ちまたでよく耳にする「原発事故で死んだ人はいない」論に対して批判しているのですから何の問題もないと思いますが、「今回の福島原発事故で放射能の影響で死んだ人、死ぬ人は一人もいないから、今回の事故は大した事が無い」と主張したい推進派(原子力村人)が沢山いるようですので、釘を刺しておきます。
中部電力課長の発言を詳しく書けば、
「福島第一原発事故で、放射能の直接的影響で亡くなった人は一人もいない。今後5年、10年経ってもこの状況は変わらないと考える。これは疫学データから見たら、紛れもない事実。それは5年、10年経てば分かります。私は35%シナリオがあれば35%を、45%があれば45%を選択します。それはその方が安全だからです。」という内容です。
これは、この中部電力の課長の完全な誤解か嘘でしょう。・・と言うよりも完全に洗脳されているのでしょうか?
疫学とは、統計的手法で疾病の原因や傾向を明らかにする学問です。チェルノブイリ原発事故などでも、「放射能による死者は瓦礫の片付けに従事した30名だけ」等ととんでもない事を言う輩が時々いますが、そのとんでも「データ」を元に言っているのでしょうか?是非とも本人に聞いてみたいものです。
他の方の反論によると、汚染水に足を突っ込んだ方など作業員の方が既に何人か亡くなられているとの事です。日本政府や東電の隠蔽体質からすれば、ガゼネタとは断言できないどころか、あり得る話です。被曝量の多い急性障害で無ければ、放射能の障害は、その性質から言っても数年かけて発症する事が普通でしょう。現時点で、放射能で死んだ方が公式に発表されていないからと言って、放射能で死ぬ人はいない・・・などと言い切れる筈がありません。
放射線被曝に関しては、原発推進派御用機関のICRPでさえ、癌のリスク係数を(かなり低く見積もられた)広島、長崎の原爆の影響調査から 0.05 /Sv としています。これは、20人Sv で一人が癌になると言う事です。
(20人Sv×0.05 /Sv=1人)
例えば、100万人が、それぞれ累積で10mSv ずつ被曝したとすると、
 1000000人×0.01Sv×0.05 /Sv=500人 が癌になると言う事になります。この数値は、現在までの時点でも十分にあり得る数値です。福島原発事故の日本人全体の集団積算線量は、100万人×0.01Sv=10000人Sv では済まないでしょう。今後5年、10年経てば、集団積算線量はこの数値の数倍~数十倍になりそうです。

 原子力邑の人々の、嘘で塗り固めた滅茶苦茶な原子力推進の手段は、今でも改めていないようです。事故からまだ1年数カ月しか経っていない段階で、しっかり追跡調査もしていないで、「原発事故で死んだ人はいない」等と言うのは軽率過ぎる酷い話です。3.11の数日後から、このような事を言うどうしようもない酷い人々が何人もいました。大手メディアにも登場しています。本気で言っているならば勉強不足の洗脳された馬鹿ですし、意図的に言っているならば本当に卑劣です。いずれにしても原子力ムラのステレオタイプでしょう。 原発事故によって、津波の被災者を助けに行けなくて「間接的に」原発事故で亡くなった方は沢山いますし、残念ながら「放射線障害」が顕著に出てくるのはこれからでしょう。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/08/17 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

中部電力課長
guyver1092
 この人物に、原発震災の発生の季節が、風向きが逆のときに起こった場合どうなるかを聞いてみたいですね。運が良かったにすぎない被害をもって原発事故を語る者には、原発の運転をする資格がありません。
 そういえば今日の中日新聞に、原発運転のための保険料が低すぎて、いざ事故が起きた場合には焼け石に水程度の保険金しか出ないとありました。現在の原発は、無保険の自動車と同じですね。

Re: 中部電力課長
雑草Z
>運が良かったにすぎない被害をもって原発事故を語る者には、原発の運転をする資格がありません。

仰る通りです。しかし現実に原子力ムラの人々は、最悪の事を想定せずに、いい場合しか考えないで
原発の運転を考える輩ばっかりですね。彼らに原発を動かす資格はありませんね。

>  そういえば今日の中日新聞に、原発運転のための保険料が低すぎて、いざ事故が起きた場合には焼け石に水程度の保険金しか出ないとありました。現在の原発は、無保険の自動車と同じですね。

その通りですね。以前も記事にしましたが、現在まで起きた事故の回数から計算した事故の確率と復旧の為の全経費や病気を発症した場合の賠償額などを全て含めた)損害の本当の額から計算した期待値を考慮して保険料を試算すれば、保険料だけで原発の電気代は何倍にもなるでしょうね。
その辺りを敢えて計算せず、更に廃炉後の放射性廃棄物の処理費用も計算せずに、電気料金が一番安いと言っているのですから、話になりませんね。

コメントを閉じる▲
2012-08-11 00:12
日本のマスコミが、政府や財界の御用報道機関であり、殆ど信頼出来ない事を、3.11以降多くの人が認識したところです。その中でも、最も信頼を無くした大手マスコミは何と言ってもNHKでしょう。民間放送は、スポンサーの紐付きですから、スポンサーに気兼ねしたりスポンサーの意向によって、偏向報道が為されている事実は、以前から多くの人が指摘していた部分です。NHKも、特定の企業や団体に有利になるような偏向放送をしているなどと言う事もだいぶ前から言われていましたが、まさかここまであからさまに脱原発運動を無視し、原子力推進、原子力邑に加勢した放送をするとは、多くの人の想定外だった事でしょう。NHKは公共放送としての役割を十分に果たしていると思っていた多くの人々が、3.11以降、NHKに失望した事でしょう。国家権力からも独立した中立公正なメディアであると考える人は、激減した事でしょう。

3.11以降、当然の如く、脱原発デモが頻繁に行われるようになりました。昨年3月当初は数十人規模だったのが、4月には1万人を超える規模、6月には10万人規模にまで拡大しました。大きな社会現象と言えましょう。然し、NHKをはじめとする大手メディアはことごとく脱原発デモを無視し続け、一方で大本営「内閣府」の発表を垂れ流し続けました。2011年に行われた(大きめの)脱原発デモ、集会のうち、NHKが報道したのは1割にも届かなかったでしょう。(日本全国全ての脱原発デモ、集会の1%にも満たなかったかも知れません。)そして、ごく稀に報道した場合も、時間も短く、規模も過小評価の報道でした。一万人を超えたデモを今回もまた報道しなかった・・・と言う事の繰り返しでした。その代わりにスポーツの話題からスカイツリーの話題、事件とも言えないような日常ネタまで遥かに多くの時間をかけて報道していました。

2011年の大晦日から年が変わって2012明けの深夜にNHKは、「原発事故への道程」と言う番組を放送しました。日本での原発導入時から、3.11の事故までの流れを、原子力邑が形作られていった背景や原子力邑の横暴も盛り込み、反対運動なども交えながらのしっかりした内容でした。2011年のNHKからは考えられないほど踏み込んだ内容でした。原発に反対する科学者たちが、会議から排除されるシーンなども印象的でした。(排除された人物の中心に槌田敦さんが映っていました。)
NHKもいよいよ公正に原発報道をする覚悟が出来たか・・と思いきや、2012年の新年初日の出以降はまたも、脱原発運動の報道には、消極的になりました。・・・NHKの内部にも、脱原発派もいて、大晦日の夜中等の空白を利用して、番組を報道したのでしょうが、またNHKの内部の「主流」の原発推進派に押されてしまったのでしょう・・NHKの反原発派は排除されてしまう危惧も大いにあります。福島原発事故直後の2011年3月中に、反原発デモに参加したNHKの契約社員2人は、4月の切り替え時期に継続を切られました。同じ部署では、基本的に全員継続の中で、契約社員で継続を切られたのはこの2人だけでした。(本人から直接聞いた情報です。)

2012年になっても、毎週複数の場所で、脱原発集会やデモが行われ、一万人を超える集会やデモも何度かありましたが、相変わらずNHKは、無視を決め込んでいました。大飯原発3号機の再稼働を機に、毎週金曜夜の官邸前デモや現地大飯町でのデモなど、参加人数も増えてかなり盛り上がってきたのに、それでもNHKは、まともに報道しませんでした。
ところが、去る7月19日から、NHKは突然官邸前デモを報じるようになったのです。私は見ていませんが、そこそこまともに扱っていた・・・との事です。ついにNHKも無視出来無くなってきたのか、NHKの良識派、脱原発派が巻き返したのか・・・と、思いきや、7月中旬にフランスのルモンド紙がNHKの報道姿勢について「官邸前の脱原発デモは、だんだん大きくなっているのに国内では、NHKは完全に無視している」と批判。それを外務省がHPにて公表したからのようです。・・簡単に言えば「外圧に負けた」もしくは「恥をかいた」と言う事でしょう。
この事件で発覚した事は、NHKは海外向けに発信する報道と国内向けの報道は違うと言う事です。つまり、NHKは、国外向けには早くからデモの事を報道していたのです。官邸前デモでは、参加者から外国人ジャーナリストに対して、「NHKなど日本の大手マスコミはこのデモの事を無視しているから、海外でしっかり報道してくれ。」等と言うシーンを何度か見かけましたが、実際は、NHKは海外向けにはデモの事をその当時から報道していたのです。・・とんでもないダブルスタンダードの欺瞞行為です。

私はこの一件で、NHKが、「権力の犬」と言う意味の蔑称で『犬HK』と呼ばれている事を知りました。ここのところまた、NHK受信料支払い拒否運動が盛り上がっています。それはそうでしょう。NHKは公正な報道をするどころか、内閣府や経団連べったりの報道をする御用報道機関に成り下がってしまったのですから。。。更に、徴収した受信料で、電力会社や原子力関連会社などの株や社債を買い漁り、財テクに励んでいたのです。これでは原発に関して公正な報道など出来る筈もありません。・・こんな日本放送協会に受信料など払いたくもないでしょう。NHKの良識派が内部からしっかり浄化するか、外圧で大きく変革しない限り、『犬HK』と言う汚名はこれからもどんどん普及し、一般的に使われるようになるでしょう。NHK内部の脱原発派も潰されずに頑張って、是非ともしっかり報道して欲しいものです。そのようなまともな放送姿勢になる事が出来なければ、これからの時代、NHKでもマスコミとしての生き残りは難しいのではないでしょうか。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/08/11 00:12】 | 原子力 トラックバック(0) |

犬HK
guyver1092
 そういえば、10年くらい前でしょうか、中東あたりで、アメリカとアメリカの犬である日本政府にとって不都合な政変があった時、民放と犬HKとでは、映像の比率に顕著な差があったとの報道があったことを思い出しました。犬HKの報道内容は政府べったりの放送で、一目瞭然だったそうです。
 マスコミの自殺とときどき聞きますが、無くなってほしいですね。

Re:犬HK
雑草Z
>犬HKの報道内容は政府べったりの放送で、一目瞭然だったそうです。

そう言えば、中東情勢の報道は、常にアメリカ寄りの報道ですね。中東に限らず、国際情勢、他国の報道は、アメリカの利益に沿った報道が多いですね。こんな犬HKに受信料など払いたくないですね。

>マスコミの自殺とときどき聞きますが、無くなってほしいですね。

はい、無くなって欲しいのは「偏向放送」でしょうか?「犬HK」でしょうか?・・・両方でしょうね!?


Re:Re:犬HK
guyver1092
 もちろん両方です。
 最近の工夫として、赤旗を取ることにしました。対極の意見も読んで、自分の判断が出来るようにです。

Re:Re:Re:犬HK
雑草Z
 なるほど、赤旗ですか!?・・・当方は殆ど読んでいませんでしたが、最近は、脱原発の集会などで、赤旗を売ったり配ったりしているときがありますね。本を含めて日本共産党の原発関係の出版物は、しっかり隠蔽しないで(隠ぺいの必要がないでしょうが・・)書かれていて、気持ちいいですね。カルト的な内容にならず、かなりまともな内容だと感じています。結構基本的な事から書かれていると感じています。

>対極の意見も読んで、自分の判断が出来るようにです。

この姿勢は見習わなければならないと思いますが、色々な余裕があまりありません。


マスコミと財界の癒着。
でなしNo.146
私は日本のマスコミからの情報より、海外のメディアから情報を仕入れるようになってだいぶ経ちました。

しかし、
>NHKは、国外向けには早くからデモの事を報道していたのです。
ここまで腐っていたとは…

海外向けのNHKのサイトも参考までに今後はチェックしようと思いました。

あくまで、国内の偏向報道の程度を知る指標としての参考ですが。
おそらくその偏向報道の中に、ぼんやりとNHKを操る者(国内世論を操りたい者)の思惑やパワーバランスなどが見えてくると思います。

日本のいわゆる権力層の
・マスコミ(特に真実を報道するプライドがないクズ)
・政治家(官僚)(特に自分達が良ければ、それでOKなクズ)
・財界(特に既得権益を守りたいクズ)

これらの連合(癒着)をひっくり返す、もしくは弱体化させないことには日本の将来は暗いままでしょう。

Re:マスコミと財界の癒着
雑草Z
おそらく、外国のマスコミの多くも、国家や財閥の御用メディアになり下がっているでしょうね。・・・と、言うよりも読売新聞のようにはじめから特定のプロパガンダ目的で設立されたマスコミも多々あるでしょう。特定の政治団体なり宗教団体の広報メディア的なマスコミも沢山存在します。。・・ただ、その場合NHKのように、国民から受信料を徴収する事は許されませんね。
 海外のメディアも、結構偏向しているでしょうが、日本の事件に関しては、日本の大手マスコミよりも、しがらみがない分公正かも知れません。

・マスコミ ・政治家(官僚)・財界
は、利権で繋がっていますが、 選民意識がかなり強いようです。いない方が国民の為なのですが・・。



コメントを閉じる▲
2012-08-05 00:11
 7月下旬からの日本各地での脱原発デモは、いつものような「再稼働反対」コールよりも、原子力規制委員会の人事への抗議が日に日に目立つようになりました。原子力規制委員会人事に人々は怒り、白紙撤回を求めています。
 政府は新たに発足させる原子力規制委員会の人事案を国会に提示しましたが、酷い人事案でした。日本には原子力を推進する機関ばかりあり、規制する機関がなかった事が福島原発の過酷な事故に繋がったと言う反省を踏まえて、原発推進を目指す原子力ムラ勢力から脱却した真の規制機関をつくることが、原子力規制委員会の設置のそもそもの目的だった筈です。それにもかかわらず、全く反省の無い性懲りもない人事案です。従来の原子力安全委員会や原子力安全・保安院と同様、原子力推進者で固めています。5人の候補のうち、少なくとも3人は、原子力ムラの輩です。

バッシングの中心人物、委員長候補の田中俊一氏は、日本における原子力発電研究の拠点であった日本原子力研究所の副理事長まで務め、その後、核燃料サイクルの推進研究をする日本原子力研究開発機構の特別顧問、高度情報科学技術研究機構(旧原子力データーセンター)の会長・顧問を歴任し、2007年から2009年までは原子力委員会委員長代理を務めた人物です。原発推進に一貫して関わっってきた「ミスター原子力ムラ、原子力村の村長」です・
委員候補の更田豊志氏は、現在、独立行政法人日本原子力研究開発機構の副部門長です。同機構は、高速増殖炉もんじゅを設置し使用済み核燃料の再処理を行う原子力事業者です。
また、委員候補の中村佳代子氏は、公益社団法人日本アイソトープ協会のプロジェクトチーム主査であり、同協会は、研究系・医療系の放射性廃棄物の集荷・貯蔵・処理を行っています。
 
「原子力規制委員会」とは名ばかりで、これでは実質「原子力推進委員会」になってしまいます。田中俊一氏と中村・更田氏の3人で各5年・3年・3年の任期です。委員は任期中、破産した場合などを除いて罷免されないなど、委員会は国家行政組織法第三条に基づく高い独立性を付与されているので、それを逆手に取って、3人で規制を骨抜きにして、次々に再稼働しようとするかも知れません。早ければ、8月上旬にもこの5人のメンバーで決定されようとしています。オリンピックなど見ている場合ではありません。

脱原発弁護団全国連絡会は、8月1日、原子力規制委員会委員長及び委員候補3名の人事撤回を求める緊急要請を提出しました。その内容は、3人の委員候補は原子力規制委員会設置法規定に違反し、委員になる資格を欠くと言う内容です。当然でしょう。

「規制委員会」の名なのに、脱原発派が1人も入っていないのも問題です。「規制委員会」にふさわしい脱原発派の方はいくらでもいます。京都大学原子炉研究所関係の方も一人入れるべきではないでしょうか?小出裕章氏、今中哲二氏、小林圭二氏、海老澤徹氏・・。
「原子力規制委員会」は、「原子力検討委員会」ではないのだから、推進派と脱原発派とがバランスよく入っている必要は全くありません。推進派は1人でも入っては駄目でしょう。逆に脱原発派が全員でもいい筈です。
この局面では、事故が起こらない為の規制をする委員会ではなく、大きな問題・・・放射性廃棄物の問題、被曝労働の問題・・・が解決しない限り、原発は決して稼働してはならず、全炉廃炉を大前提で進めるべきです。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/08/05 00:11】 | 原子力 トラックバック(0) |

3Sで洗脳と攪乱する陽動作戦??
ST
委員会、再稼働、除染、etcそれと消費税や「ACTA」諸々…
オリンピックや食いつきそうなネタの数々で隠れ蓑にするマスコミ。今や銀メダリストを芸能プロが狙い、目を引く作戦まで
画策する? 「3Sで洗脳と攪乱する陽動作戦」ではないかと…


いまだに何でもありの原子力村
雑草Z
ACTA , 3S って何のことかと検索してみました。一理あるかも知れませんね。
 今回の主題のように、規制委員会に推進者を入れたり、原子力行政は、いまだに掟破りの事ばかりしています。
 3.11以前からこのような無茶苦茶な事をしないと原発は稼働出来ないどころか、立地を決めて作る事も出来なかったのでしょう。とんでもない事です。

法的根拠
guyver1092
 原子力邑内には、確実に法律担当がいますね。まず、原子力村の人間が規制委員に潜りこめるような規則等、法的根拠を整えます。そして、手続き上の瑕疵のない様に準備万端整えれば、裁判にかけられても絶対勝てます。賭けごとの胴元が原子力邑ですからインチキのやりたい放題ですね。
 やはりデモのみでは、足りないのは明白ですね。これだけの人数がこれだけの期間デモをしているのに、政府の対応は、ゼロ回答どころかマイナス回答です。
 法的にギャフンと言わせる選択を日本人が取るかどうかは、最近の知事選挙を見る限り、あまり期待できそうにはありませんが。

Re:法的根拠
雑草Z
>原子力邑内には、確実に法律担当がいますね。まず、原子力村の人間が規制委員に潜りこめるような規則等、法的根拠を整えます。そして、手続き上の瑕疵のない様に準備万端整えれば、裁判にかけられても絶対勝てます。賭けごとの胴元が原子力邑ですからインチキのやりたい放題

なるほど、言われてみればそうでしょうね。経済産業省に限らず、原子力邑の色々な組織に法学部出身者は沢山いる事でしょうね。そのうち何人かは司法試験も通っている事でしょう。
 ただ、今回の人事案は、本文にも書きましたように
原子力規制委員会設置法規定
に違反する事は確かなようです。本文のリンク先をご覧ください。原子力規制委員会設置法第7条7項の規制委員会の委員長及び委員の欠格事由に当てはまるようです。
 だから、今回は、裁判に掛けられた場合、法律上は負ける筈ですが、屁理屈と不合理のごり押しで通そうとするのではないでしょうか?

難しい質問で恐縮ですが、guyver1092さんは、どんな方法が有効かと思われますか? 

Re:Re:法的根拠
guyver1092
 リンク先まで読まずに見当はずれな投稿をし、申し訳ありません。原子力規制委員会設置法を読んでみました。また検索をかけて、いろいろなページも読んでみました。原子力規制委員会設置法、政府策定のガイドライン、法の趣旨、どれを考えても抵触する最低の人事案ですね。
 政府は、政府のガイドラインは電力会社に限定しているから抵触しないとの見解のようですね。私にはさすがに裁判所もこの屁理屈を認めないのではないかと考えます。これを裁判所が認める場合はもう法的な打つ手はないのではないでしょうか。あとは日本が死の灰に埋もれて滅びるか、脱原発の政党が政権を取り脱原発に舵を切るかどちらが先かというところですね。
 対処としては、裁判闘争しか思いつきませんね。あと、この闘争には選んだ事務方の公務員個人も被告に加えるのはどうでしょうか。公務員は法を守った仕事をしなければならないところを、守っていないとの理由でです。組織に守られている公務員ですが、法律違反を行ったと裁判で認められれば、公務員として居座ることは不可能なはずで、一度、このような先例が出来れば、公務員も自分の首をかけてまで原子力邑に忠誠を誓わないと考えます。というか、公務員でなくなったら原子力邑のために働けなくなります。

 法律の考え上の関連ですが、近藤邦明氏のページにもあった福島県二本松のゴルフ場除染仮処分の件で、裁判所がゴルフ場の主張を蹴った件ですがこれも一応の法的根拠があるようです。法律の名称は2011年8月に出た「放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法」で、廃棄物の定義から土壌が除かれ、原子力事業者の責務には除染に協力するとなっているそうです。規制委員の人事についてですが、何か別の法律を使って、規制法の条文を骨抜きにするつもりかも知れませんね。
 根本の対処法は、原発反対の政党で財界、高級官僚等の国家の黒子の言いなりにならない政党を政権与党にすることのみでしょうね。


Re:Re:Re:法的根拠
雑草Z
    guyver1092さんの先のコメントは、的外れではないと思います。電源三法に限らず、3.11以前は、法律担当者が存在して、原発立地を麻薬のように原発漬けにして、いざという時は、電力会社ではなく、国が賠償すると言う法律を作って、原発をどんどん建設していったのでしょう。
 そして、3.11以降も原発を再稼働させて、廃止に持ち込まれないように法律を操作しようと来た事でしょう。しかし、流石に3.11の反省の元に設置される原子力規制委員会設置法に、原子力利権に深く関わってきた者、報酬を受けてきた者は、欠格要件になると言う極めて「正論」を覆す事は出来なかったのでしょう。その代わり、その法律の「穴」を見つけて屁理屈の解釈で原子力ムラの住人を押し込もうとしたのでしょう。

>私にはさすがに裁判所もこの屁理屈を認めないのではないかと考えます。

これまで、正論が通じなかった原子力行政ですが、3.11以降、どこまで変わったでしょうか?・・裁判所も世論に敏感ですので、デモなども影響するでしょう。(裁判官にも拠りますが・・)

>この闘争には選んだ事務方の公務員個人も被告に加えるのはどうでしょうか。

これは非常にいいアイディアですね。官僚は自分の名前を出さずに悪行を繰り返して来ました。省庁だけではなく、官僚の個人責任を追及すべきですね。これからの原発訴訟に活用して行きたいものです。

>法律の名称は2011年8月に出た「放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法」

後出しじゃんけんですね。酷いものです。後出しジャンケンの卑怯な法律で原発事故の裁判を実施されたらたまりませんね。

>根本の対処法は、原発反対の政党で財界、高級官僚等の国家の黒子の言いなりにならない政党を政権与党にすることのみ

シビアな現実です。その為には世論がどこまで高まるかも鍵ですね。

放射性物質特別措置法
guyver1092
 この法律の採決のページ見つけてあります。次の投票の参考にしてください。

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/vote/177/177-0826-v006.htm

Re:放射性物質特別措置法
雑草Z
 この法案に反対したのは共産党だけですね。社民党や他の党の一部の反原発議員も反対しなかったのは意外です。(党議拘束でしょうか?)・・・この法案の表の顔は、「放射性物質に対する迅速な対応」とか何とかでしょうか?。この法案の本質は、東電をはじめとする原子力ムラの保護に思えますが、適用の仕方によって、両刃の剣になるのでしょうか?

 guyver1092 さんはいつも参考になる面白いページを見つけられますね。資料のご紹介、有難う御座います。

Re:Re:放射性物質特別措置法
guyver1092
 これは、赤旗日曜版の実録漫画にあったネタで、赤旗には共産党のみ反対とあったので、裏を取るため検索して見つけた物です。
 漫画の作者は、山本おさむと言う人で、福島の方のようです。

Re:Re:Re:放射性物質特別措置法
雑草Z
なるほど、赤旗も読む価値がありそうですね。少なくとも原発推進のプロパガンダ読売新聞社などよりは、まともな情報が入るでしょうね。日本共産党は、党の性質として反原発・・・と言うよりも、原発に関してまともな知識を持った良識的なスタッフがいるのでしょうね。現在国会議員がいる政党の中では、最も脱原発派でしょうね。・・・この法案の採決は、昨年だったのに、何故社会党は賛成したのでしょうかね?・・・「放射性物質に対する迅速な対応が必要」などと言う言葉に騙されてしまったのでしょうか??

コメントを閉じる▲
2012-07-23 00:02
今年も、この春から夏にかけて、昨年のように、梅雨や台風によって日本中で豪雨が降りました。被害もあちらこちらで出ています。
3.11以降、雨によって放射能汚染はどのようになるか・・・どの位 除染〔=移染〕されるかと言う事に関心があります。半減期の長い放射性物質は重い元素が多いので、下へ下へと運ばれます。地下に滲みこんで地下を流れたり、川を下流に流れて、大きく移染が起こる筈です。
福島県の中通りを流れて宮城県で太平洋に注ぐ阿武隈川流域の汚染状況は非常に深刻で有名です。放射性物質が支流からどんどん集められて下流に流されています。文部科学省の報告によれば、阿武隈川中流域で1700億Bq/日 の放射性物質が阿武隈川を移動している・・との事です。(単位が解釈しにくいですね。阿武隈川中流域全体で1700億Bqあるという事でしょうか?それとも毎日新たに1700億ベクレルが流入しているという事でしょうか?)
福島県の中では比較的放射能汚染が小さい会津地方でさえ(宮城県や栃木県レベルです。)この春に自治体などが河川敷の放射性物質を測定したら10000Bq/kg を超える場所が出ました。放射性物質が上流から集められて盆地に流されて来たのでしょう。会津地方の川の多くが阿賀野川に注ぎます。阿賀野川は新潟県が河口です。
自然の雨による場合でも、人の手で行う水による除染作業の場合でも、放射性物質は下に下に流されることは同じです。福島県に降った放射性物質は、川の下流の宮城県や新潟県まで達しています。

雨の多い日本は、チェルノブイリなどよりも遥かに速いペースで放射性物質はどんどん川の下流に運ばれ、海に運び込まれています。・・それでも福島第一原発の地下から直接海に流れ出ている放射性物質の量と比べれば、遥かに少ないでしょう。・・

放射性物質の分布は、かなり狭い地域でも一様ではありません。1件の家の敷地内でも場所によって数倍の開きがあります。一般に家の周りでは、雨樋が垂直になって軒下の地面に落ちる場所がごく局所的なホットスポットになります。昨年、何箇所かで実際に確かめました。屋根の面に溜まった放射性物質が雨で流れて線状の雨樋に集まり、更に流れて、地面に垂直に落ちる部分で点状に集まる事になります。屋根に降った放射性物質が、屋根の面積の数百分の一くらいの狭い領域に集められるわけですからホットスポットになるのも当然です。
私の家の回りでも、事故から4カ月ほど経った昨年の7月の段階で、色々な場所で測定してみました。(・・もっと早い梅雨前の時期に線量計を購入して測定すれば、もっと高い値が出た事でしょう。・・)庭の木の周りの草地などでは0.2~0.4μSv/h 程度でしたが、雨樋の下に置いてあるバケツの中は、水を捨てた状態で1μSv/h近くありました。完全に家のホットスポットでした。
その測定時よりも丁度一年経った今年の7月、また測定してみました。昨年から、台風の秋も冬の豪雪も経て、さらにまた梅雨の雨の最中の梅雨の中休みの7月15日です。庭の放射線量は大体どこも0.1~0.3μSv/h程度で、昨年7月よりも減りました。雨樋から水が軒下の地面に落ちるところに置いたバケツの中の放射線量は0.3μSv/h前後でした。他の場所よりは若干放射線量が多かったとも言えますが、顕著な違いではなくなりましいた。つまり、もはやホットスポットでは無くなったようです。対して、その場所から水が流れ落ちていく下水の線量を測定すると0.4μSv/h前後でした。新たなホットスポットなったと言えるのかも知れません。(この側溝は、昨年は測定しなかったので、残念です。)雨樋は水が沢山流れる為に、雨樋から雨水が下に落ちる軒下では、どんどん水で放射性物質が洗われ、軒下から側溝へ流されてしまったのでしょう。勿論、屋根からどんどん放射性物質が供給され続ければ、放射線量も下がらない筈ですから、屋根の放射線も雨や雪でかなり洗い流されてしまったと考えました。・・・確認の為、屋根に上って屋根の上のいくつかの場所の放射線量も測定しましたが、案の定、庭よりも低い測定値・・・雪止めの辺りが若干高く、0.08μSv程度で、その他の平らな部分は0.05μSv/h程度しかありませんでした。雨だけでなく、雪が積って圧雪となり、屋根の上の放射性物質をくっつけて屋根の下に落ちたのではないでしょうか?・・これまた冬の前後で測定しておけば良かったと思います。
屋根の端の雨樋は、ちょっとゴミなどが溜まっていた場所は、0.2μSv/hを越えましたが、何も溜まっていなかった雨樋は、屋根の上よりは心持ち高い感じでしたが、0.1μSv/h以下でした。
つまり、梅雨や台風や冬の雪のような自然の降水で、かなり除染〔=移染〕されたのではないかと考えます。
国やマスコミの報道では、屋根は、強い水流で洗わなければ除染の効果も低い・・・等と言っていましたが、それは同じ時間の放水作業の場合でしょう。除染作業では、一か所に水を当てる時間は、せいぜい長くてもほんの数分程度でしょうから、幾ら消防車のような強い水流で屋根に当てても一年間の雨と雪の除染効果には敵わないのではないでしょうか??・・この辺りは当方の今回の測定だけでははっきり言えませんが・・・
無謀な除染】にも書いたように、人の住んでいない避難区域の家の周りだけ除染〔=移染〕して、住民を戻らせるのは無謀な事と考えます。1件当たり数百万円を投入して、ゼネコンや東電の関連会社に除染〔=移染〕作業をさせるのは止めるべきでしょう。少なくとも、梅雨や台風などの豪雨や雪による除染効果もしっかり測定して、人為的な放水等による除染作業〔=移染作業〕が、それよりも効果的であるかどうか検討してから考えるべきです。そうやって費用対効果をはっきりさせれば、瓦礫の広域処理よりも桁違いに費用のかかると試算されている人為的除染作業〔=移染作業〕は、復興財源の無駄遣いである部分がかなり明るみに見えてくるでしょう。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/07/23 00:02】 | 原子力 トラックバック(0) |

移染にかかる費用
guyver1092
 移染にかかる費用は単純に一件いくらではなく、最近はやりの目標達の程度により支払われるという制度にすべきですね。達成程度により支払われるということは雨等の働きにより、汚染物質の移動も考慮に入れて行わなければ掛った費用が貰えないということです。このような制度にしない限り、原子力村の丸儲けにしかならない制度でしょう。
 除染コストの一部を国が負担すると言い出しているようですが、このようなことを許してはいけません。そして除染に掛った費用は原発のコストに組み入れます。この期に及んでもまだ原発のコストが安くなるような詐欺を許していては、日本は将来の何時かに、確実に死の灰に埋もれて滅びるでしょう。

Re:移染にかかる費用
雑草Z
    guyver1092さん

 原発事故のあった福島県の浜通りは、私の住んでいる会津地方と違って雪はあまり降りませんが、それでも雨による移染効果は大きいでしょう。今回の測定で、屋根はかなり雨で洗い流される事が分かりました。雨樋やその下の局所的ホットスポットも消滅したのは意外でした。さて、

>除染コストの一部を国が負担すると言い出しているようですが、このようなことを許してはいけません。

除染を田畑や山林も含めてやることは不可能ですし、新たな環境汚染を引き起こすでしょうが、その実行をするとなったら、そのコストはいま東電が行おうとしている賠償額の10倍のオーダーになるでしょうね。東電にやるだけやらして東電を潰すのも一策ですが、そんな費用があるのなら、もっと他に使うべきですね。

>そして除染に掛った費用は原発のコストに組み入れます。

これを行ったら原発の発電単価はかなり高くなりますね。・・・それが本来の原発のコストでしょうね。

>この期に及んでもまだ原発のコストが安くなるような詐欺を許していては、日本は将来の何時かに、確実に死の灰に埋もれて滅びるでしょう。

仰る通りです。・・既に手遅れかも知れません。でも、ベストを尽くして原発を廃炉に持ち込むべきですね。


  ××××    ××××    ××××    ××××

ところで、本文中に書いた

>阿武隈川中流域で1700億Bq/日 の放射性物質が阿武隈川を移動している

解釈をどう捉えますか?

文字通りなら、川の断面を1日に通過する放射性物質の量が
1700億Bq/日 と言う意味でしょうか?

ついでですが、3.11の事故以前に日本の原子力推進派が、
原発が事故になる可能性は、100万分の1以下だ・・・などと言ってましたが、非常に不完全な表現ですね。意味不明です。何通りでも解釈可能です。
全機1年当たりか?1機1日あたりか、1機全稼働期間中か、一基ライフサイクルあたりか・・・非常に曖昧な、いい加減な表現ですし、どの場合でも計算は出来ないでしょうね。・・・若しくは、実際の事故を受けての統計データならば、世界の原発は450機ほどで、そのうち既に5機の原発でメルトダウンが起こっているのですから、随分高い確率になる筈ですし、それだけでも全く割に合わない代物である事が分かるでしょうね。





Re:Re:移染にかかる費用
guyver1092
>阿武隈川中流域で1700億Bq/日 の放射性物質が阿武隈川を移動している

 この解釈ですが、私の頭に浮かんだのは、阿武隈川中流域の水に溶けているセシウムが1700億Bq含まれていて、常に上流から流入、下流から流出していると感じました。
 ちなみに検索してみましたが、具体的にどうと書かれたページは見つけられませんでした。
 具体的な意味はいまいち不明ですが、これほどの量が移動するということは、放射線管理区域も半年ごとに見直すべきなのかもしれませんね。

>原発が事故になる可能性は、100万分の1以下だ

 私も記憶にあります。確か、○○が起こる確率が何分の一、××が起こる確率が何分の一、と、どんどん掛けて行ってありえないほどの小さな確率を作り出したのでしたね。事実は、日本の原子炉過酷事故は500炉年に1回ではるかに高いものでした。

単位
雑草Z
    guyver1092さん

 私の疑問に関する素早いお答え有難う御座います。
原子力邑の方々の述べる事は無責任でまともな検証もない事ばかりですが、今回話題にした事は、議論以前に、単位としても意味不明なものばかりです。

>阿武隈川中流域の水に溶けているセシウムが1700億Bq含まれていて、常に上流から流入、下流から流出していると感じました。

これは、私が本文のはじめに書いた解釈
>阿武隈川中流域全体で1700億Bqあるという事
と同じ解釈ですが、この場合  Bq/日 という単位は意味を為しませんね。
 Bq/h でも、Bq/年 でも同じくなってしまうと思いませんか・・?
・・・と言うよりも、ただ、Bq だけでいいですよね??

Bq/日 と言う単位を使うのなら、私が前のコメントに述べたように
>川の断面を1日に通過する放射性物質の量
などと解釈しなければ単位としておかしいですよね?

逆に、

>原発が事故になる可能性は、100万分の1以下だ

こそ、 /機・ライフサイクル  とか、 /53機・稼働年 とか、原発の数とか稼働年とかあたりで考えなければ意味を為さないと思われませんか?
例えば、「さいころを投げて、1の目の出る確率は6分の1だ」と言う場合も厳密性は欠きますが、「さいころを1回投げたあたり」と言う事は自明ですから省略しても意味は通じます。しかし、

>原発が事故になる可能性は、100万分の1以下だ

は、何あたりなのかさっぱりわかりません。第一そんな計算は机上のお遊びで、根拠も薄過ぎます。こんな事を言ってる連中はアホかと思いました。

さらに、

>○○が起こる確率が何分の一、××が起こる確率が何分の一、と、どんどん掛けて行ってありえないほどの小さな確率を作り出した

この計算に関して、
○○が起こる事象も、××が起こる事象も・・・どの事象もお互いに独立で且つ、全てが一度に起こらなければ事故に至らないと言う前提条件がなければ、どんどん掛けていく意味はありませんね。
 しかし、今回の事故でも明らかなように、○○が起こる事象も、××が起こる事象も決して独立の筈はなく、一緒に起こる確率が高いのは明白です。だからこそ「5重の防護壁」とやらも一挙に破られたわけです。・・あれで”5重の防護壁”なんて言ってる時点で、詐欺的行為です。

>原発が事故になる可能性は、100万分の1以下だ

と言う表現を使っていた輩達は意味が分かって使っていたのでしょうか? 是非とも説明して欲しいものです。この事に関して誰も突っ込みを入れないのもおかしな事です。
つい最近ラジオで、「3.11以前は原発が事故になる可能性は、100万分の1以下だと言われていた」と『専門家』が言っていた事に、非常に欺瞞を感じ、違和感があったのでかかせて頂きました。


Re:単位
guyver1092
>阿武隈川中流域で1700億Bq/日

 これについて再度検索をかけ、元ネタを書き込んであるページを見つけました。

http://topsy.com/www.twitlonger.com%2Fshow%2Fhpla75

 ETV 特集で河口から66kmで1日1700億Bq/kgと放送したようですね。雑草Zさんのおっしゃるように、川の断面を1日に通過する放射性物質の量なのでしょう。/kgはおそらく誤りで入れてしまったのではないでしょうか。

>原発が事故になる可能性は、100万分の1以下だ

 これについては、ラスムッセン報告と言う報告が元のようですね。

http://blog.goo.ne.jp/chuchukun/e/6e410a460319df5e2267c9987af50c70

 一炉あたり何年に一回と言う単位ですね。このページにもあるように、当初から疑問を持たれていたのを強引に進めて、アメリカはひどい目にあったのですね。
 

Re:Re:単位
雑草Z
    guyver1092 さん

 わざわざお調べいただきありがとうございます。

>阿武隈川中流域で1700億Bq/日

ご紹介のページ見せていただきましたが、ETV 特集の担当者が、意味がわからなくて、
>河口から66kmで1日1700億Bq/kg
と、しょうもない事を放送したのでしょうね。 
1700億Bq/kg
だったらもう、その周辺は終わってますね(笑)

>原発が事故になる可能性は、100万分の1以下だ

ラスムッセン報告によれば、原発で重大事故が起こるのは、一炉あたり100万年に一回以下と言う事ですか。(アメリカでは、50億年に1回ですか)・・・こんなこといえる筈ないですね。やはり、ラスムッセンは
○○が起こる事象も、××が起こる事象も・・・どの事象もお互いに独立で且つ、全てが一度に起こらなければ事故に至らないと言う前提条件
でしょうね。簡単な確率論も知らないようです。この人だけでなく、こんなことを通すアメリカ政府も、馬鹿というか、詐欺師というか・・・。このように明らかに数学的に間違っていることを平気で通す事が許されるアメリカ政府も日本政府の中では、似非科学に対しても「科学的」という言葉が平気で使われていますね。

そして、これを引用するに当たっても
>一炉あたり何年に一回
と言及しないで、意味を成さない
>原発が事故になる可能性は、100万分の1以下だ
という言葉を平気で使っている学者もおかしいと思います。

3歩譲って「1炉あたり」が自明だとしても「1年当たり」が自明だとは思われません。「ライフサイクルあたり」と考えるのがまだ普通かと思います。

コメントを閉じる▲
2012-07-17 00:01
この頃よく見ている掲示板の一つのスレッドで、非常に興味深く面白い書き込みを見つけました。
阿修羅♪掲示板 のスレッド<雨を衝いて・・・> の整理番号40. 2012年7月07日 20:45:38 の書き込みです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いまや江戸の観光名所は官邸前となった。しかも参加型の観光地であり、日本人の矜持を表現できる場所となった。韓国の日本大使館前の慰安婦像のように、政府建物は屈辱の場所である。抗議すらできないぼんくら阿呆鳥。この場所が名所になるとはゆめゆめ思わなんだ。有名人とも会えて、友達になれる場所。そして連帯できる場所。本当にこの官邸前の名所は、すばらしい所だ。さぁ、来週も頑張るぞ!!!原発が止まる日まで・・耳をふさぐ野田は、もはや抜けるに抜けられぬ蟻地獄、底なし沼に浸かっている。埋もれて、喰われて死ぬがいい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この書き込みの前半は、なるほど言い得て妙です。後半の野田政権批判も辛辣でいいです。
3.11以降、当方も、東京へ行く機会がぐっと増えましたが、一般的な名所見学などは端からする気になれません。・・対して官邸前の抗議デモなら遠くから時間と交通費をかけても行く価値が十分にあります。
新宿も、六本木も、渋谷も、品川も、敢えて行く気になれません。・・しかし、新橋や銀座、霞が関などは、東電などの電力会社や経産省などがあるので、行く気になれます。そこは、3.11以降、悪名高い旬な場所になりました。・・スポーツ観戦も、映画鑑賞や観劇も、音楽コンサートも、・・昔からファンであった一部のバンドのコンサートは、ついでに観に行ってもいいですが・・・3.11以降は敢えて行く気は致しません。官邸前抗議デモよりも参加する意義のあるエンターテインメントなど思いつきません。金曜日に首都圏に行ったなら、夜は迷わず官邸前でしょう。行くべきだという義務意識も働かないわけではないでしょうが、殆どの人は、行きたくて行っているのでしょう。官邸前の同じ空間を同じ思いの様々な人々と共有する、歴史の瞬間に立ち会うという事は、大きな意義がありましょう。その辺に転がっている商業ベースの虚構の「参加型」イベントではなく、本当の意味での「参加型」の体験が出来ます。原発に反対する人は、今年中に一度は参加したほうがよいでしょう。多くの人がリピーターになっているようです。・・東京の官邸前ばかりではなく、各地方でも次々に、新たな週末抗議行動が始まっています。・・新たな観光名所が生まれているとも言えましょうか??
昨今マスコミなどで騒がれているスカイツリーなどとは比べ物になりません。子供ならいざ知らず、大の大人がマスコミに踊らされて、、この時期にスカイツリー見学に行くなんて、恥ずかしい限りです。親も子をスカイツリー見学に連れて行くよりも、官邸前に連れて行ったほうが、子供達の正義感を育むでしょうし、いい社会勉強にもなるでしょう。後々感慨深いものがあるでしょう。・・・当方も会津鉄道~東武線で首都圏に行く時は、電車の中からスカイツリーが見えますが、周辺からホームレスの人々などを追い払って作ったスカイツリーにはネガティヴな印象のほうが強く沸いて来ます。こんな酷い代物をわざわざ見に行くほど暇でもありません。そう言えば、昨年から今年にかけて、マスコミは、スカイツリーのニュースを優先して、脱原発デモなどを無視したり、ほんの小さくしか報道しない状況が続きました。本当に現在のマスコミの多くは原子力村に取り込まれています。・・そんなこんなで、スカイツリーは原発推進の象徴にさえ見えてしまいます。
 ~スカイツリー 見学に行くほどの 馬鹿でなし~
・・デモはどれほど効果があるのか疑問の余地が残りますが、スカイツリー見学やプロ野球観戦よりは遥かに効果があるに違いありません。今年これからロンドンオリンピックがある事なども、どうでもいいと言うか、そんな場合じゃないだろう…って感じです。

 敢えて官邸前行動に参加する事を目的にして東京に行ってもいいし、週末に首都圏に用があったついでに、足を運んでもいいですし、兎も角、大多数見知らぬ人々同士で一緒になって再稼働に反対し、一点、脱原発で空間と時間を共有する事は、大きな意義がある事でしょう。
脱原発を支持する人々の、新参加型観光地巡りとして、官邸前に加えて、東電前や関電前など電力会社の東京支店、経済産業省前とそこにあるOccupyテント・・・などいかがでしょうか?・・・どれも互いに近くにあり、歩いて回ることもさほど大変ではありません。便利なロケーションです。(・・元々東電などの電力会社は、経済産業省などと、密に連絡をとり、色々便宜を図って貰う為に、経済産業省などの近くに建てた・・と言う話です。・・)・・『原子力村街』とでも言えましょうか?(「村」と「街」の逆の意味が融合していい味を出しています(笑)
社会人は勿論、学生も暇つぶしに繁華街に遊びに行くよりも、原子力邑街に出向いて、責任を追及し、再稼動反対、脱原発を叫んだほうが、社会に対する自己主張が出来、社会参加する(国政を考える)事にもなるでしょう。勿論、ストレス発散にもなるでしょう。

官邸前抗議デモの複数の主催者達も、多くの参加者達も、原発撤廃が正式に決まるまで毎週続ける決意のようです。早くとも、野田政権が倒れるまでは、終わる事はないでしょう。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/07/17 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

原発廃止の方向
上々
原発反対のデモも10万人に参加者が達したようです。
以前から、数十万人規模のデモが連日続くようなら影響力も出るだろうと予想していたので、その点では第一歩が始まったかと思います。

しかし、その参加者は原発が危険でありこの島の住人にとって致命傷になる可能性があるという点でのみ一致して集合しているようで、だからこそこれだけの人数にもなるのでしょうが、その先への展望を見ることはできません。

この夏限りの運転と口約束するだけで相当数が引き揚げ、安全性テストの厳格性を第三者に確認させるとかいった対応でさらに減り、コストを無視した安全装置を付けるとでも言えばほとんど居なくなるかも知れません。

集まった十万人の中で、今後の発電をどのようにするか他人事でなく自分たちのこととして考えた人間が何人いるでしょうか。
考えたところでせいぜい火力発電所増強というのが大半、自然エネルギーなんていうおとぎ話を信じているおめでたいのが数割でしょう。

本当になすべき方向性、電力高消費性産業の廃止などを初めとした電力消費型社会からの転換こそが国家百年とまでは言わずとも10年先を見越した政策であるということが理解できる人は少しでも居るのでしょうか。

デモは示威行動ではあっても実の伴う社会運動としては弱いものです。やはり明確な社会像を示しそこにたどり着くための道筋を提示できるような政治運動化が必要です。

国会の場で国会議員の立場で疑問を晴らしていき、不正があれば暴いていく、そのためには十分な審議時間を与えられるほどの議員を抱えた政党として政治活動化していくことが必要です。

今の状態で衆議院解散となっても民主・自公・その他乱立保守系など、どれをとっても原発推進です。
時間はあまり残されていないように思います。

野田首相
guyver1092
 野田首相は、官邸前デモのシュプレヒルコールを聞いて「大きな音だね」言い、後で批判され「多くの声をしっかりと受け止めていきます」と言いなおしたようです。
 しかし、野田首相のこういうたぐいの言葉は、全く信用できません。理由は原発再稼働に責任をもつと言い切りましたがこの「責任の範囲と内容」について、福島みずほ参議院議員が質問にたいして「原子力事業者がその損害を賠償する責めを負う」としか回答していないそうです。つまり「何の責任も取りません」と国会で回答しているのです。たぶん受け止めるとの発言は、受け止めないと言っているに等しいと考えます。

 日本は間接民主主義の国で、本来、国民の声をくみ取った政党が公約にし、それを受けて得票し政権をとればその主張が国の政策になるはずですが、公約をほごにされ、公約にないことを強行されれば、国民の側としてはデモをするしか方法がないと雑誌にのつていましたが、現在まさしくその状況ですね。
 話は関係していつつ少しずれますが、ISD条項入りのTPPに加盟すると、原発廃止はできなくなるそうです。ツイッタ―等でも言われているようですが、私は今日まで知りませんでした。野田首相のことですから、国民の声を受け止めるため原発廃止と言いながらTPPに加盟し、ISD条項により、原発推進を確定するつもりかも知れませんね。
http://ameblo.jp/egoemo/entry-11160296349.html

Re:原発廃止の方向
雑草Z
    上々さん

 今年野田愚首相が再稼働を容認してから、10万人を超すデモが行われるようになりましたね。デモが行われる場所も増えてきて、毎週同時多発的に行われています。

参加者の様子からすれば、日本中全ての原発を止めて廃炉にする事を希望する人が圧倒的に多いように感じます。

>この夏限りの運転と口約束するだけで相当数が引き揚げ、安全性テストの厳格性を第三者に確認させるとかいった対応でさらに減り、コストを無視した安全装置を付けるとでも言えばほとんど居なくなるかも知れません。

と言う事はそれほどないかと思います。完全なる脱原発を目標にしているデモ参加者が多いと感じます。・・ただ、それは私の顔見知りの人達だけの事かも知れません。

>本当になすべき方向性、電力高消費性産業の廃止などを初めとした電力消費型社会からの転換

仰るようにこれが何よりも大切ですね。やはり脱成長の理をしっかり理解してもらわなければなりませんね。

>時間はあまり残されていないように思います。

それは本当に深刻な問題です。今直ぐに全原発の廃炉を決めてそれに向かって動き出しても、かなり深刻な現実が待っていると考えています。人類の歴史上最悪の愚行をしてしまったと思っています。人類史上最大の危機でしょう。


  + ++  +++    ++++   +++  

 改めまして、上々さん、お久し振りのコメント有難う御座います。1年振り位ですね。ずっとレギュラー的に、非常に参考になるコメントを戴いておりました上々さんからのコメントが途絶えて非常に残念に思っておりました。また色々コメント頂ければ嬉しく思います。




 

Re:野田首相
雑草Z
    guyver1092さん

野田首相の演説などは胸糞悪くて聴くに堪えません。彼ほど、嫌悪を感じる総理はいなかったように思います。

>野田首相のこういうたぐいの言葉は、全く信用できません。
>受け止めるとの発言は、受け止めないと言っているに等しいと考えます。
>公約をほごにされ、公約にないことを強行

本当にここまで品位の無い下衆な総理大臣は日本の恥ですね。

>ISD条項入りのTPPに加盟すると、原発廃止はできなくなるそうです。

これは私も初耳です。非常に由々しき事ですね。それならなおの事、日本がTPPに参加したら、絶体絶命ですね。

>野田首相のことですから、国民の声を受け止めるため原発廃止と言いながらTPPに加盟し、ISD条項により、原発推進を確定するつもりかも知れませんね。

あの財界の操り人形の愚首相だったらやりそうです。
日本にとどめを刺す総理大臣になりそうです。早く降ろすべきですね。





ISD条項
guyver1092
 TPPにはISD条項と言う条項があり、ひらたくいうと、「自由貿易協定を結んだから、あたしたち外国企業だけいじめないでね!いじめたら賠償請求しちゃうから!!」ということらしいです。

http://dic.nicovideo.jp/a/isd%E6%9D%A1%E9%A0%85

 検索語「tpp isd条項 脱原発」で検索をかけると次のような結果になります。

http://www.google.com/webhp?hl=ja#hl=ja&gs_nf=1&gs_is=1&pq=tpp%20isd%E6%9D%A1%E9%A0%85&cp=10&gs_id=w1&xhr=t&q=tpp+isd%E6%9D%A1%E9%A0%85+%E8%84%B1%E5%8E%9F%E7%99%BA&pf=p&sclient=psy-ab&oq=tpp+isd%E6%9D%A1%E9%A0%85+%E8%84%B1%E5%8E%9F%E7%99%BA&gs_l=&pbx=1&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.r_qf.,cf.osb&fp=eb207382119eaa0d&biw=1280&bih=689&bs=1

 いろいろ読んでみたところ、外国企業が訴えない限りは、国内法は有効ですが、訴えられたらほとんど外国企業が勝っているようで、訴えられた国の国内法は無効になり、外国企業に巨額の損害賠償を支払わなければならないようです。
 TPPと脱原発は両立しません。効果は分かりませんが、やらないよりはやるほうがはるかにましで、デモで積極的に訴えていくべきでしょうね。

Re:ISD条項
雑草Z
    guyver1092さん

ISD条項に関する色々な情報有難う御座います。
昨年、TPPに関して騒がれていた頃色々読んだときは、
遺伝子組み換え作物や農薬漬け作物の輸入規制が困難になる事、健康保険制度と年金制度の廃止の強要をされる事などっを情報として得ていましたが、アメリカでも処分に困っているプルトニウムなどの日本での廃棄までは言及されていませんでした。言われてみれば、十分にあり得る事ですね。

日本政府がモンゴルなどに核廃棄物を押し付ける・・などととんでもない策を練ってたら、自国にプルトニウムを押し付けられる・・・と言う因果応報の事をされそうなわけですね。ゴミを他国に押し付ける、以前よりいわゆる先進国のやり方は酷いと思っていましたが、放射性廃棄物の押し付け合いにまでなってしまいました。・・正に世も末ですね。
ISD条項とは、Investor State Dispute Settlement(投資家対国家間の紛争解決条項)の略語であることも、ご紹介のサイトで知りましたが、最も資本家を優遇する資本主義国家、アメリカならではのとんでもない「資本家」の権利ですね。国家を資本家が占領すると言う構造の典型例ですね。考えてみれば、アメリカと言う国は既に資本家が国家を操っています。資本主義自体、英語は、capitalist society 「資本家の国家」とも解釈出来ますからね。世界中資本家が支配する体制を整えようと企てていますね。とんでもない事です。

コメントを閉じる▲
2012-07-11 00:01
「原発は、差別構造の上に成り立っている」とか「原発は差別で動く」などと言う表現を、3.11以降目にしたり耳にしたりする機会も増えて来ました。原発に内在する差別構造に関して、はっきり記事にした事が無かったので改めて書かせて頂きます。
原発は、立地場所、被曝労働、放射性廃棄物の処理、すべてに差別構造が内在すると言われています。「差別」と言う表現は、若干ニュアンス的に違うと感じる場合もありますが、大筋でその通りだと思います。
その最たるものが被曝労働の問題でしょう。
基本的に原子炉内での作業を、電力会社の正社員は一切していません。彼等はあくまでも「管理員」と言う立場で、作業内容をチェックしているだけです。実際に原子炉内で働くのは下請け労働者達です。それも1次下請けよりも、2次、3次、4次・・・の下請けが中心です。最高で8次下請けまであったという話を読んだ事があります。彼らがどうやって集められて、どう言う素姓の人々であるかを電力会社では敢えて意図的に関知せず、名前のリストだけで作業させているという話も暴露されています。つまり、仕事の内容はチェックするが(これもかなりいい加減のようです。)労働者の被曝管理等は敢えてルーズにしています。・・・これだけでも十分に差別に値する行為でしょう。
アメリカでは先住民(NA・・インディアン)や黒人、貧困層などを中心に被曝労働に従事させられてきました。・・他の国でも仕事があまりない貧しい弱者や経済的にわけありの人々が原子炉内での被曝労働に従事させられてきました。日本でも、産業があまりない僻地に原発を作って、地元民は出稼ぎに行く代わりに被曝労働に従事させられてきました。よその地域の他に職の無い人々や家の無い野宿者などに手配師が「清掃の仕事をしないか」等と声を掛けて、騙すように原発まで連れて行って被曝労働に従事させて来ました。3.11で職を失った人々の多くも家族を養うために福島第一原発の事故処理の作業員になっています。それでも足りずに外国人労働者もどんどん原発に連れて行かれています。
騙すように連れて来られた労働者達は、先ず1日2日、研修と称して作業内容と共に「作業は安全だし、休憩や休日も多く、労働時間も少ない。反対運動している人達に騙されるな」等と「洗脳」教育されて原子炉内の労働に従事させられます。放射線管理手帳は作っても、無くすから等という理由で渡されず、その後発症してもなかなか裁判にも持ち込めない状況です。・・・これだけでも十分に差別です。電力会社の正社員達が、自分の家族にも同じような研修をさせて、安全だと信じさせて原子炉内の作業に従事させるでしょうか??
電力会社社員も、経産省の役人も、原発推進派の人々は、自分自身は被曝労働に従事する積りはないであろうし、自分の家族も決して被曝労働させたくはないでしょう。つまり、被曝労働に従事させる他人がいてこその原発稼働であって、原発推進派は、被曝労働従事者達に表面的には「感謝」しても、その実、被曝労働者は捨て駒と見ているのではないでしょうか?・・自分達が被曝労働をする覚悟がない人々が、原発を推進していい道理はないでしょう。
原発推進派の人々が、自分達は決してやりたくない被曝労働を、他の社会的弱者に押し付けて、その人達の大きな犠牲の上に成り立っているのが原発の実体です。
被曝に従事する労働者には、十分な収入を保証している・・・などと考えている電力会社の正社員の考え方そのものが、差別意識の現れでしょう。電力会社の正社員になった自分達は選民だとでも考えているのでしょうか?・・・確実に歴代の東電役員達には選民思想があるように見えます。・・被曝労働の現実には目を逸らして原発を稼働している電力会社の社員達も、みんな被曝労働の加害者と言えましょう。

歴史的に搾取階級が労働者階級を劣悪な環境で働かせてきた過去は沢山ありました。現代でも世界にはそんな現場は色々あります。しかし、日本やアメリカや西欧諸国のような、自ら「先進国」と名乗る、建前上は、労働条件等労働者の権利がしっかり認められた国で、被曝労働が存在する事自体、矛盾に満ちた事です。憲法、法律違反でしょう。白血病などで死んでも因果関係を認めず、労災を認定しないような事が日常的に行われて来たのが原発の現状です。

現実問題として、福島原発事故をしっかり収束させる為には、これからも沢山の被曝労働が必要でしょう。それでなくとも被曝労働者は不足しているのに、停止中の原発の再稼働をすれば、更なる被曝作業労働者を集めなければなりません。そんな再稼働を目論む電力会社や政府、財界・・原発推進派は、非常に自己本位の身勝手な人々と言えましょう。被曝労働のような非人道的な労働を他人に押し付け、自分は安全な高台から再稼働を主張するという差別主義者達とも言えましょう。

 自分のやりたくない事を他人に押し付ける・・・と言う事は、程度の差こそあれ人間社会には普通によくある事ですが、止めれば犠牲を最小限に抑えられる原発を、利便性(・・と言う名の利権)の為に、命に関るほどの被曝を他人に押し付けてまでやろうとする事は、許されざる事です。差別的に他の沢山の人々に被曝させて殺してまで、利権を得たい一部の冷徹な選民思想を持っているとしか考えられない人間達が原発を動かしているという事をみんなしっかり認識すべきです。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/07/11 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

核廃棄物
地下水
 古くなった燃料棒の核廃棄物を固めた、キャニスターから1メートルの距離に居ると、20秒で死亡する放射線を受けると言うのを聞いて、驚きました。
 そして、恐ろしい空想が浮かびました。ひょっとして、誰かが街中の地面に、このキャニスターを一つ埋めたら、その道を通る度に皆が被曝し、癌の多い街になってしまいます。
 しかし、核廃棄物の貯蔵の労働に当たって居る人は、この様な状況に実際おかれて居るのではないか、と思いました。



アルテミス^^
こんばんは
この記事は、まさにこの言葉一点に込められている
ような気がしました↓

<原発推進派は、被曝労働従事者達に表面的には「感謝」しても、その実、被曝労働者は捨て駒と見ているのではないでしょうか?・・自分達が被曝労働をする覚悟がない人々が、原発を推進


東電は金払いがとても良いので、どの企業からみても大得意様です。しかも送電線も沢山抱えているので自然と山林の管理も行います。実は巷で言う大手、マスコミ、三菱、日立、東芝だけではないのですよね。山の保全をする方々にも1次請負企業にはかなりの日当を払っています。1次受けで日当8〜10万 2次〜3次で4。5〜6万といった所でしょうか。これらの数字はまたぎきなので正確性には欠けていますが当たらずとも遠からずだと感じています。(まぁスーパーバイザーとかになればどの企業でも日当12万位は払っているでしょうけれど)

それと、東電くらいの企業ですと、かなり厳しい管理体制をしいています。それに則って業務を遂行しているので(事故以前は)例えば2次3次下請けそれ以下の下請けで事故や怪我などがあると即出入り禁止となります。しかもエリアが関東全域とか直接事故と関係の無いエリアまで仕事がなくなるので、これを恐れる事業主が隠蔽をすることは、充分すぎるくらいに考えられます。

当の東電は多分末端までは、なんにも知らないでしょう。自分たちが発注した業者(1次請け)に全て任せていますから。このカラクリが諸悪の根源かもしれませんね。

東電は危険手当も含めた日当をしっかり払っていますから。罪悪感は起きていないと感じます。

これは東電を擁護するために書いているのではないので悪しからず。あまりにも知らない人々が損をする構造になっているのが問題です。例えば、文科省が被爆作業従事者の年間被爆限度量、3ヶ月ごとの被爆限度量を定めていますが、これに並行して最低支払い賃金を決めてしまえば、このような悲劇はなくなると思うのです。

例えば東電が従事者は日当最低3万以上とか決めれば必然と
3次請けくらいまでしか残れなくなりますよね。これくらいなら株主提訴でかちとれる案件だと思うのです。

まぁ事故後も事故以前と同じような管理を行なっていたらとてもじゃないけれど仕事にならないとは思いますが。

放射能の管理も建物から出さないようにかなり厳重にされていましたからね。これも聞いた話です

差別する者は搾取する者
guyver1092
 立場の弱い者に被爆労働を押しつけないことには維持できない原子力発電は、日本人という遺伝子集団に対する傷害行為であるとともに、国家としての日本の緩慢な自殺行為でしょう。
 原子力発電を推進する者は、事実としては日本にとっての癌細胞ですね。(ひょっとしたら本人たちは、素晴らしい未来に日本を導いているつもりかもしれませんが)
 過去の滅びた文明の搾取する者たちは、あらゆる環境を自分たちの富に変換して破壊しつくし、文明の辛口ワインを作りましたが、現代の原子力邑と言う搾取者は、毒素を出して文明の甘口ワインを作ろうとしていますね。

Re:核廃棄物
雑草Z
    地下水さん

 原発は、事故が起こらなくても、放射性廃棄物の問題だけで、絶対にやってはいけない発電方式ですね。放射性廃棄物の処理は人間には手に負えません。
特に高レベル放射性廃棄物なんて、お手上げです。

>核廃棄物の貯蔵の労働に当たって居る人は、この様な状況に実際おかれて居るのではないか、と思いました。

実際にキャニスターのすぐそばまで行くことは無いとしても、かなりの被曝労働をさせられているでしょうね。本文にも書いた通り、自ら被曝労働をする覚悟のない方が原発を推進することは、許されざる事で、ダブルスタンダードだと思います。

Re:
雑草Z
    アルテミス^^ #さん

東電が業者に金払いがいいのは、地域の独占企業で、自由競争をやっていないことから、相当あぶく銭を手に入れているからでしょう。気前がよいわけでもなんでもなくて、「総括原価方式」によって、かかった費用の何割り増しで電気料金を設定できるから、必要経費が多ければ多いほど、電力会社も儲かる仕組みになっているだけです。とんでもないシステムです。
 その一方、原発事故の被災者には全く金払いがよくありません。

>当の東電は多分末端までは、なんにも知らないでしょう。自分たちが発注した業者(1次請け)に全て任せていますから。このカラクリが諸悪の根源かもしれませんね。

本文にも書きましたが、東電は意図的に子会社、孫会社・・・の事を知ろうとしないのでしょうね。事故などで賠償問題になるのが嫌なのでしょう。

3.11以降の東電の対応などを見ていると、想定以上に酷い会社であることが露呈されましたね。つくづく悪徳会社であると痛感いたしました。同情の余地はありません。

Re:差別する者は搾取する者
雑草Z
guyver1092さん

 搾取する為に差別するって、最低ですね。大事故を起こしても責任も取らないし、原子力村の人々は最悪ですね。

>原子力発電を推進する者は、事実としては日本にとっての癌細胞ですね。

全く以てその通りです。脱原発に議論の余地はなく、必要だと言っている彼らの理屈は、先日の野田首相の再稼働推進の演説のように論外の破綻した論理です。

>(ひょっとしたら本人たちは、素晴らしい未来に日本を導いているつもりかもしれませんが)

あり得ますね。放射能量産装置を稼働するなんてまともな神経では出来ません。狂気の沙汰です。

震撼するのは私だけ?
さまよい人
原発事故後に南相馬市から南会津町に避難し、避難者の会(会津小高会)を結成して活動されている方にお話を伺う機会がありました。避難者の方々が、まだ仕事もなく、経済的にも精神的にも苦しい状況に置かれたままの人が多いことに心が痛むとともに、4号機の危険についてあまり報道されていないことに強い不安を感じているという言葉に、自分でもネットで検索してみました。4号機についてユーチューブに、「4号機燃料プールの危険性について」http://matome.naver.jp/odai/2133119197724536301/2134158753281530503
という動画があり、小出さんも出演しておられますが、もしご覧になったことがありましたら、このことをどう考えたらいいのかお教えいただければ大変ありがたいです。いつも質問で申し訳ありません。


NHK討論から
みしぇぽん
話題が少しそれますが。
昨日14日夜のNHK「緊急生討論 どうする日本のエネルギー」で、金子勝のインチキぶりにあきれました。
グリーンイノベーションという切り口が金子の経済策なのですが、それは資源の有効な利用どころか、放埓で無駄な使用を前提としています。
金子はいつもそうですが、昨日も原発ゼロを言うことをためらいました。彼は3.11前は原発はクリーンエネルギーと称して消極的に容認していました。3.11後も変わっていませんでしたね。討論で容認派から「なんで金子さんはゼロではないのか」と言われてましたね(笑い)
スマートやグリーンで世論をミスリードしようなんて首をかしげます。

Re:震撼するのは私だけ?
雑草Z
さまよい人さん

 4号機の危険については、ここによく書き込みを下さるpowerさんに、昨年5月にコメントで知らせて頂きました。【原発推進の詐欺的構造】2011-05-23  コメント欄
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-572.html#comment4661

 それ以来、福島第一原発事故で一番危険なのは4号機だと認識しております。その後、ネットでも話題になっています。小出裕章さんをはじめ、多くの方が最悪の事態にまで発展する可能性を危惧しています。決してさまよい人さんだけが震撼してわけではありません。

 東電は、「解析評価で、東日本大震災と同じ規模の地震が来ても崩壊しない」・・・と言っています。そして、さらに余裕度向上の補強工事を行い、昨年完了したと発表しています。その工事の内容は、プールを支えている床の柱の無いところに新たに32本の柱を建て、400㎥のコンクリートを流したとの事です。

その工事内容は本当だとしても、嘘つきで無能な東電の言う事を、今さらどこまで信頼出来ましょうか?
4号建屋上部の使用済み核燃料の過熱・崩壊は、震災直前の工事の不手際と意図しない仕切り壁のズレという、二つの偶然によって救われたことがわかりました。
4号機の使用済み燃料プールに存在する使用済み核燃料集合体の数の発表も次々に変更され疑惑だらけです。事故直後の3月16日には783本。4月12日に1331本に変更。5月10日に1535本に変更です。

 現在、どの位切迫した危機的状況かは、東電が隠蔽せずに本当の状況を発表しない事にはなかなか把握出来ないでしょう。そして、東電自身もどこまで実態を把握しているかも疑問です。あくまで推測の域を出ないでしょうが、この状況の元での判断では、4号機が倒壊して、これまで以上の大惨事・・・東京までも避難しなければならない事態になる可能性も低くはないでしょう。杞憂に終わってくれることを願うのみです。


この期に及んでも(福島第二や柏崎刈羽の)再稼働を目論んでいる東電は、お金の為にはまだまだ隠蔽を続ける積りのようです。身勝手過ぎる狂った企業です。


ご質問等は、いつでも歓迎致します。話題の提供にもなります。・・当方がお答えできる範囲でですが・・当方の見解がどこまで有効かはわかりません。特に今回の事故の拡大の可能性に関しては、色々な方の見解を読んでの判断で、当方のオリジナルな判断と言う訳ではありません。

更に憂鬱な事を追加させて頂きますと、4号機がこのまま倒壊せず、プールから燃料棒の取り出しがうまく出来たとしても、その使用済み燃料棒をどこに持て行くのでしょうか?・・もっとはっきり言うならば、どこに押し付ける積りなのでしょうか?そして、福島第一原発事故を(何年もかけて)上手く収束出来たとしても、日本中17か所にある54機(57機)の原子炉全ての廃炉作業を放射能漏れ事故が無く無事に行う事はほとんど不可能だと考えています。使用済み核燃料の持って行き場もありません。被曝労働も延々と続けなければなりません。原発の為に、これから深刻な事態が次々にやってくるでしょう。


Re:NHK討論から
雑草Z
    みしぇぽんさん

その番組は見ていませんし、金子勝についても殆ど知りませんが、ちょっとネットで彼の事を調べてみたら、
『原発は不良債権である』とか、当然の事はしっかり主張しているようです。一方、『「脱原発」成長論』と言う著書のタイトルにも現れているように、旧態依然とした経済成長論者なのでしょうね。

>グリーンイノベーションという切り口が金子の経済策なのですが、それは資源の有効な利用どころか、放埓で無駄な使用を前提としています。

と言うみしぇぽんさんのご意見に同意出来そうです。

>昨日も原発ゼロを言うことをためらいました。彼は3.11前は原発はクリーンエネルギーと称して消極的に容認していました。

原発をクリーンエネルギーだなんていう時点で終わってますね。確かにこの人は駄目なようですね。

>スマートやグリーンで世論をミスリード

この手の流行論を論じているのも軽率ですが、先ずは脱原発で一致する事が優先ですね。


コメントを閉じる▲
2012-07-05 00:01
野田現首相は、現在多くの国民からマニフェスト違反であると非難されています。消費税を上げないと言っておきながら自ら消費税を上げる法案を出しました。税金の無駄使いや天下りの根絶も全く成し遂げていませんし、企業献金も議員の世襲も禁止していません。・・・どれも公約違反です。しかし彼が行った事で何が最悪か・・・と言えば、詐欺的に原発を再稼働させた事でしょう。この一点だけにおいても、彼は最悪の総理として歴史に名を残さなければなりません。彼はネットの掲示板でけちょんけちょんにけなされてます。正にブタ呼ばわりされています。

 同じように国民の多くから猛烈に非難され続けて、降ろされた首相が管直人前首相です。二人とも原発問題に関しても、猛烈なバッシングを受けていますが、彼ら二人は総理大臣としての資質も、バッシングのされ方も大きく違うのではないでしょうか。

 管直人前首相が首相になった当初は、結構期待感もありましたが、彼が掲げた「強い経済」の為の政府民主党の「新経済成長戦略」は最悪でした。その成長戦略の為の大きな役割を原発に担わせる・・・等と、とんでもない事を主張していました。全発電に占める原発のシェアを2018年までに40%にまで高めるとか、「パッケージ型インフラ海外展開」と銘打ち、官民一体で東南アジアなどに原発輸出を推し進めて、ベトナムでの原子力導入に成功した・・・などと得意になっていました。この事で管直人首相を、かなり嫌いになりました。3.11以前は、管直人氏は、原発についてはまともな知識が殆ど無かったのでしょう。
その後、3.11で原発事故が起きて、政府の酷い隠蔽体質が暴露し、管直人首相の原発事故対応の酷さも連日バッシングされました。
そして、管首相が浜岡原発の全機停止を要請した頃あたりから、マスコミを中心とする一斉の管下ろしキャンペーンがどんどん大きくなりました。世論の多くは、あたかも管首相を擁護する人は馬鹿な非国民で、その人も馬鹿にされるような論調でした。それでも管首相は居座って頑張り、原発の再稼働の阻止を貫きました。(ちょっとお門違いな変な法案も通して行きました。)

 管首相に関しては、3.11以降バッシングが大きくなりましたが、私の場合は逆で、総理就任時から、どんどん評価が下がって行って、どうしようもないと感じておりましたが、3.11以降は、東電や財界からの数々の妨害があったのにも拘らず、首相としては頑張って良くやった方だと思っています。
遡って、管直人氏が厚生大臣のとき、薬害エイズ事件で厚生大臣として謝罪して、大きく評価を上げた実績があります。それに対してスタンドプレーだとか売名行為だとかの批判もありますが、政治家は動機のいかんに関らず、やった事で評価されるべきでしょう。・・英雄的行動をする本人が、自分のヒロイズムに酔ってやったとしても悪くないだろうし非難される事でもないでしょう。寧ろ然るべき事ではないでしょうか?・・そんな事を全く意識しない事は無理でしょう。そう、これは私の以前からの見解ですが、管元総理は、「歴史に名を残す名政治家、名首相」になる願望が非常に強かったのではないでしょうか。だからある意味、偉大な首相になるが為に、あからさまに感じるスタンドプレーを何度もやって、それが多くの人々にとっては鼻についたのかも知れません。・・鼻についたと言うよりも、正義を実行する事よりも、自分達の村社会や地位を守りたい官僚や政治家達にとって、邪魔な存在だったのでしょう。
 そして、浜岡原発を全機止めたり、玄海原発の再稼働を認めなかったり、脱原発の側に翻ってきたので、原子力邑御用達のマスコミが管下ろしの大合唱を始めた・・・と言う構造でしょう。管首相がそのまま踏ん張っていれば、大飯原発も他の原発も再稼働させられる事は無かったでしょう。(政治に「もし」は禁物ですが・・・・)この当時、管直人氏以外に、浜岡原発を停止したり、日本中の原発の再稼働を許さない首相になった可能性のある議員は、民主党には他には殆どみあたりません。管直人首相は、3.11の事故直後の混乱期をある程度過ぎてから、自らの経験も踏まえて、反対派の主張も自らしっかり調べて勉強し、脱原発派に回ったのでしょう。言うなれば、最終的には悪魔に魂を売らずに踏ん張った・・・と言えましょう。私は、3.11以降の管首相は、それなりに評価していたので、管降ろしには反対でした。

原子力邑の要請を受けて管降ろしの大キャンペーンを張ったマスコミに踊らされて、一緒になって管降ろしの大合唱をした人々は、管氏の後の民主党の首相が、彼よりもしっかり脱原発を達成出来るとでも思っていたのでしょうか?
2012年5月28日の国会事故調査委員会での彼の発言は、原発推進だった頃の自分を潔く自己批判し、原子力村の本質を批判しています。テレビや新聞などの大手マスコミの報道は、
「管直人が自己弁護に終始していた」
みたいな感じで、 肝心の部分、
「最も安全なのは原発に依存しない事、脱原発だと確信」
「再稼働急ぐ原子力ムラが深刻な反省もないまま、原子力行政の実権を握り続けている」
などの発言は、殆ど報道されませんでした。
USTREAM  国会事故調 第16回委員会 2012/5/28
この映像は長いのですが、最後の部分[2時間42分20秒~2時間47分15秒くらい]をご覧ください。
→ Youtube などでは、映像が削除されています。

野田佳彦現首相は、首相末期の管元総理以上に、多くの国民から信頼されず、軽蔑され、最低最悪扱いされていますが、それでもマスコミは「野田降ろし」のキャンペーンは張っていません。それは、原発を再稼働させようとしているからに他ならないでしょう。つまり、マスコミは原子力邑の御用報道機関になり下がってしまい、野田首相は原子力邑の操り人形と言う事になりましょう。原子力邑のいいなりの野田佳彦は、官僚に洗脳され切っているのか、元々自ら調べて考える事を放棄した愚か者なのかは分かりませんが、いずれにしても悪魔に魂を売ってしまった政治家と言えましょう。


3.11以前は、共に原子力邑に取り込まれ、明らかに原子力邑の一員でした・・・原発に関する知識も両者とも殆ど無かったでしょう。(管氏は理系で、原発の知識は持っているような事を自負していましたが、非常に薄っぺらな知識であった事は、恐らく現在の本人が一番痛感しているところでしょう・・・野田は、更に原発の知識は殆ど無く、こんな歴史的な大事故の後でも学ぶ事もしないし理解しようともしない輩なのでしょう・・)

 以上、管直人と野田佳彦の違いを一言でいえば・・・
3.11を機に、管直人は脱原発派の主張もよく勉強したようで、自らの判断で脱原発派になりました。一方野田佳彦は、こんな重大な事故の後も、官僚からのレクチャーを鵜呑みにしたまま、若しくは原発の真実から目を逸らしたまま、自ら調べることもせず、官僚に操られるがまま大飯原発を再稼働しました。歴代でも最悪の部類の許されざる首相でありましょう。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/07/05 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

物事の見方
団塊親爺の遺言
今の民間の技術なら直ちにリコールです
私の5年前の車・・只今リコールです
欠陥が見つかり何かが可怪しい・・?
危険な箇所が見つかり直ちに正す姿勢が
世の中には必要なのです・・ 

日常生活に健康に生きる事の権利と信頼は
再稼働を容認するこの様な人間に任せると
政治生命とか命を懸けるとかの虚しい虚言に・・
何か一つでも抑え込める技術も無いのに・・
責任は私が摂ると・・さも原子力の専門機関の
様な組織はいざと成ったら全く機能しません

それらを目の当たりにした官総理は何かに気付いた
此の儘では国が滅ぶと・・コントロール技術は無い事に

栄養過多の後釜は官僚や経済界のタヌキ連中の意見を
取り入れ・・再稼働・・多くの民意は無いのです

手遅れに成らぬ様に次の選挙で闘うしか無いと想う

究極の目的
guyver1092
 おっしゃるように、究極の目的を原発廃止と考えれば、考えるまでもなく、管氏が正しいでしょう。パニックを恐れてSPEEDIを公表しない等、判断ミスもいろいろ犯しているようですが、原発再稼働という過ちは犯していません。
 化石燃料枯渇後の人類のためと考えれば、原発再稼働こそ最大の犯罪でしょう。

悪魔に魂をいくらで売ったの?
さまよい人
なぜマスコミが、管降ろしはしても野田降ろしはしないのか、不思議に思っていましたが、雑草さんの記事でその意味がよくわかりました。雑草さんの言葉にはいつも疑問を解決していただいて助かっています。甘えるようで申し訳ありませんが、まだほかに疑問に思っていることについて、答えがこのブログのどこかにありましたら教えていただきたいのです。友人や知人が官邸前の抗議デモに参加しています。デモの写真には赤ん坊を抱いた女性もいました。外国のデモでは、機動隊がデモ参加者を挑発するようなことをしたり、スパイのようなことをして普通の一般市民を装ってわざと暴力行為をけしかけたりしてデモを混乱させることがあるようです。前にも反原発のデモで逮捕者が出たことについて触れたコメントを書いたかもしれませんが、赤ん坊を抱いてデモに参加することは、赤ん坊を機動隊の盾にすることにならないでしょうか?こんな言い方は大げさですか?私はなりふり構わず原発を動かしたい人たちというのは、野田首相と同じように悪魔に魂を売った人たちだと思うのです。たぶん赤ん坊を抱いてデモに参加した人は、赤ん坊を盾にしようと抱いていたわけでなく、同じ人間なのだから、切実な訴えは聞き入れてくれるだろうと思って、そういう民主主義の舞台に未来に生きる赤ん坊を連れて行ったのかもしれませんが、何も起こらないという保証は無かったのではないでしょうか?例えばデモに参加するとひどいめに遭うぞという見せしめのために、過激派を装って普通の人に怪我をさせるなど、今後も抗議がずうっと続けばやりかねないと思うのですが、疑り深過ぎますか?


菅さんは良い方へぶれましたね
アルテミス^^
こんばんは

雑草さんと同じく私も地震以前は菅政権に淡い期待を寄せていました。ただ、地震事故以降はその期待を裏切られた気持ちでいっぱいでした。

そもそも官房長官という位置ずけの枝野氏、総理大臣の右腕にあんないい加減な人を置いていたというのが、私が菅さんを信じきれない部分であります。細野さんも然り、小出さんと同じ京大出だと聞いたので、もう少し期待したのですが・・・。

ちなみに、事故以前は放射性物質に関する色々な決め事は文科省が主体となってまつりごとをしていたのに、なぜか事故後は環境省が出てくる意味が私には理解できません。縦割り行政で連携なんてないはずなのに。

菅さんの脱原発意見には賛同しますが、ソーラー構想には大反対です。理由は太陽光発電はまだまだ効率が悪いからです。

先んずは日本の急流を利用した水力、地熱、波力などを利用できればよいですね。井出治さんの発明したインバーターを実用化できればそれこそ現在のエネルギー利権及び事情がひっくりかえると感じます。水で走る自動車の技術も日本にはありますが、残念ながら海外で活用されているようです。

儲からない、税金が取れないという理由が主たるものかはわかりませんが、なかなか市民に浸透しません。

井出さんの発明を見ると第3次産業革命は、すぐそばにやってきていると個人的に感じます。この革命は今までの自然を無視した効率や利益重視でなく、土や空気や水を汚さない技術若しくは、人に変わる動力などなど地球環境を還元へと導く技術で一杯になる予感です。

新たな技術は今までの科学での限界を破り、新たな素材や加工が可能になるでしょう。それに伴い意識の転換も次々に生まれると感じます。時間という枠が限りなく感じられなくなるかもしれませんね。

と、とりとめもないことを書いてしまいましたが、何を言いたいかと申しますと、現在の上に立っている方々は希望ある未来の方向をむいておりません。そのような印象を受けます。

原発がこれだけあちらこちらに作れるほどの資金力、科学力、技術力、が少なくともこの日本にはあったのですから、方向性さえ間違えなければ、まだまだ日本は生まれ変われるでしょう。

水を浄化し大地を浄化し空気を浄化することが、今まで人間が破壊した自然達への償いであり恩返しとなり、ひいては未来の子供達の希望に繋がると感じます。

日本独自の伝統や文化を大事に復興させながら、街並みや自然が調和されれば、どんなに風光明媚な世界が顔をだすことやら。私はまだまだそんな世界を日本の未来を願ってやみません


Re:物事の見方
雑草Z
    団塊親爺の遺言さん

 確かに、原発も野田総理も、直ちにリコールされるべきものですね。
 欠陥が見つかったけれど、どこが欠陥かははっきりしていない原発を再稼働するなんて、狂気の沙汰もいいところです。

>危険な箇所が見つかり直ちに正す姿勢が 世の中には必要なのです・・

仰る通りです。そんなごく当然の事もしない現政権は、狂っていますし腐り切っていますね。

Re:究極の目的
雑草Z
    guyver1092さん

 確かに、管さんは、色々なミスも犯しましたが、国会事故調が結論したように、原発事故対策にに口を出し過ぎたと言うのは違うでしょう。東電も経済産業省も原子力安全・保安院も原子力安全委員会も、無力で無責任で責任も取れない腰抜けだったから、敢えて自分が前面に出たのでしょう。

 管直人氏ならば、彼が自分に抱いている(課している)であろうヒロイズムで、厚生大臣時代に薬害エイズ事件で国の非を認めたように、総理大臣として国の原発政策を国民に謝罪する可能性さえあったと思います。
 浜岡原発を止めると発言した時のように、前もって誰にも言わずにいきなり国民の前でやってしまえばいいのです。・・彼なら出来たんじゃないかと思います。

Re:悪魔に魂をいくらで売ったの?
雑草Z
    さまよい人さん

  コメント有難う御座います。・・初のコメントですね?・・デモ、『さまよい人』と言うHNは何度も見掛けた記憶があります。・・どこのサイトでしたっけね?

野田は、お金も貰ったかも知れませんが、総理の座の為に悪魔に魂を売ったのでしょう。首相としては、大きな汚名だけを残す事になりましょう。そんな野田降ろしキャンペーンを全くしないマスコミって最低ですね。マスコミの信頼も地に落ちました。

さて、さまよい人さんが疑問に思っている事についての答えは記事の性質上ここの記事には書いていませんので、私の見解を改めて述べさせて頂きます。

 官邸前の抗議デモは、今までのところかなりマナー良く為されています。警察も丁寧です。(駅などから官邸前に行く事を妨害する活動をしている警察官もいるようですが・・)そして、おっしゃるるように赤ん坊を抱いた女性や子連れの家族も沢山やってきています。赤ん坊は、勿論機動隊の盾としてではなく、家族の一員として連れて来ているのでしょう。・・・家族みんなで参加する事の意義を感じたり、赤ん坊を一人で家に残してくる方が心配だったり・・もう少し大きい子供は、一緒に再稼働反対のコールを叫んだり、手作りと思われる旗等を振ったりしています。子供自ら参加したいと申し出たり、子供たちにも脱原発運動に参加させたいと親が考えたのではないでしょうか?さまよい人さんのおっしゃるように

>同じ人間なのだから、切実な訴えは聞き入れてくれるだろうと思って、そういう民主主義の舞台に未来に生きる赤ん坊を連れて行った 

と言った理由も多いと思います。

確かに何も起こらないという保証はありませんが、一般の警察は、子供にまで手を出したりしたりはしないでしょう。それこそ警察の信頼は地に落ちます。
 質が悪いのは、一部の在特会とか公安警察ですが、やはり普通には子供にまでは手を出さないでしょう。

>例えばデモに参加するとひどいめに遭うぞという見せしめのために

逮捕された例は、昨年何度かありましたが、デモの中心人物や、在特会や警察の挑発に乗った人々です。 昨年、原発事故の直後、初期の頃から抗議デモを始めた人物で、デモを盛り上げるアジが上手いデモの中心的な若者は、警察の自作自演の演技で、・・警官が足をひっかけられた振りをして自ら倒れた・・成田闘争のときに機動隊などがよく使った手だそうです。・・・逮捕されそうになった時に、周りの仲間がビデオで撮っていたので逮捕されませんでした。また別の日に警官二人がかりの連係プレー(一人の警官が彼を押してもう一人の警官にぶつからせた・・)で彼を公務執行妨害で逮捕したときも、仲間がビデオに撮っていて、映像を見せたら警察は起訴を断念して、釈放しました。デモの勢いを削ぐために彼を逮捕する作戦が練られたようですが、2度とも失敗したようです。

・・・つまり、今は、多くの人が携帯電話やipadなどで画像や映像を撮っているので、警察もなかなか不当逮捕はしにくいようです。特に官邸前のデモの様子は数え切れない人達が撮影しています。見せしめの為に一般の人に怪我をさせる映像が公開されたら大変でしょう・・・

・・・かと言って、何事も起こらないなどとは言わない方がいいですね。何か起こったら、当局の陰謀である事を追及するぞ・・と言う姿勢を当局に見せる事も大切です。権力側が、何か仕掛けてくるかも知れないと、警戒する事も忘れない事ですね。その意味で、自動車が突っ込んで来るとか、ヘリコプターの事故等も可能性としては否定しません。しかし、だからと言って過剰に萎縮する必要は全くないでしょう。委縮させてデモに参加するのをためらう事こそ当局の思うつぼでしょう。官邸前よりも、大飯原発現地での抗議活動のほうが、気合いが入って真剣ですし、官邸前のように大人数ではないので、より危険なのはそちらの方かも知れません。今後は東京の官邸前だけではなく、日本各地で定期的な金曜抗議デモが同時多発的に行われますから、権力側も収拾が付けられないでしょうね。

道路をいきなり工事中にして閉鎖したり、警察が駅から官邸前に出してくれずに追い払ったり、色々な妨害があっても、今後もずっと原発が止まるまで官邸前抗議デモは続くでしょう。・・・少なくとも、官邸前抗議デモが無くなるよりも先に野田内閣が潰れるでしょうね。


Re:菅さんは良い方へぶれましたね
雑草Z
    アルテミス^^さん

 恐らく官僚は総理大臣を舐めてかかって、「悪魔のささやき」で取り込むのが上手いのでしょうね。民主党の議員達もシロアリ官僚を撃退するどころか、みんな取り込まれましたが、管さんは、自分のヒロイズムのほうが勝って、官僚の洗脳から離れる事が出来たのでしょうね。一方野田は、官僚の好き放題に操られています。

>官房長官という位置ずけの枝野氏、総理大臣の右腕にあんないい加減な人を置いていたというのが、私が菅さんを信じきれない部分であります。細野さんも然り

なるほどそうですね。そこに経産省の海江田万里も含めましょう。私はこの人物が最悪だと考えています。元々財テク屋です。相場師とかサラ金業者の類です。自分の周りにこれらの人物を配置しなければならなかったのは、色々な思惑以外に、単純に人材が不足していた事もあるでしょうね。

>井出さんの発明

については知りませんが、ネットでちょっと見たところ、
>入力エネルギーの約4倍の出力エネルギーが取り出せる
などと書かれてありましたので、眉唾かと思います。

>時間という枠が限りなく感じられなくなるかもしれません

の意図するところがよくわかりません。出来ればご説明を・・。 


アルテミス^^
こんばんは

そうだ海江田さんを忘れていました!当時の経産省大臣。色々と責任が誰がどこまでとるのか?国会事故調の報告を見る限り、色々な人の責任が問われそうですね?

さて、時間の枠ですが・・・
私の頭がすっとぼけているのでまぁあまり気になさらないでください。

あえていうならば好きなことをしている時って時間をあまりかんじませんでしょう?「あれ?もうこんな時間か?」と・・・

あくまでも、これから良い世の中になっていくという前提で考えて書いていたのでなんですが、

色々な技術が革新されて必要以上の競争も行われなくなり、国民一人一人が幸せを感じることに重きを置かれる時代になれば、限りなく時間という枠にとらわれなくなりそうな予感がしませんか?ま、これは私の感覚ですが^^;

Re:
雑草Z
    アルテミス^^ #さん

 わかったような、わからないような・・(笑)

>あくまでも、これから良い世の中になっていくという前提で考えて書いていた

そのような前提が出来るような希望が持てればいいですね。

>必要以上の競争も行われなくなり、国民一人一人が幸せを感じることに重きを置かれる時代になれば、

世の中がこのような方向へ進めばいいですね。その前提としてこれからも

>色々な技術が革新

される必要はないのではないかと思います。多くの技術革新は、社会を必ずしもいい方向へ導いたわけではなく、かなり悪しき方向へ導いて来ました。先ずは、社会変革、構造改革ではないでしょうか?

コメントを閉じる▲
2012-06-29 00:01
 毎週金曜日夜の首相官邸前の抗議行動がどんどん盛り上がっています。野田総理の「とんでも再稼働宣言」に多くの国民の怒りが爆発して、デモはどんどん大きく拡大しています。
去る、6月16日に野田総理が大飯原発3号機と4号機の再稼働を正式に認める発言をした前日、15日(金)は主催者発表で1万1千人程集まりました。デモを呼び掛けた人々にも予想外の多人数だった事でしょう。公園でもないのにこれだけの人数が集まったので、丸ノ内線国会議事堂前の出口を出ると直ぐに、両側の歩道から車道にはみ出さないように多くの警察官が動員され、車道にはみ出した人に歩道に上るように警告していました。東は、首相官邸前から交差点を挟んで、経済産業省のほうまで通行が困難なくらいぎゅうぎゅうに人が長く連なっていました。みんな非常に熱気を帯びて、動員ではなく、日が暮れてからも一般市民が三々五々とみんなばらばらに集まってきて、ロックコンサートのように妙な一体感がありました。感極まって泣いている参加者もいました。・・・しかし、この抗議活動を殆ど全ての大手マスコミが無視を決め込みました。

翌週22日(金)のデモは、更に想定外に最終的に4倍の4万5千人ほどに膨れ上がったそうです。抗議の人の列はどこまで長く伸びたのでしょうか??・・初めてデモに参加した人も多かったようで、感動し、興奮した様子がネットの掲示板等にも沢山書き込まれています。・・・大きな、夢のような感動的なデモだった・・と描いている記事もありました。
・・・しかし、非常に大きく盛り上がったこの日のデモでさえ、NHKは報道しなかったようです。一方、TV局ではテレビ朝日の報道ステーションでは取り上げたそうです。新聞社では、朝日、東京、毎日などが速報を出し、読売、産経、日経などが無視を決め込んだようです。

本日6.29首相官邸前大アクションには、今まで以上に様々な団体、個人が呼びかけをしています。更に大きなデモになる事は予想に難くありません。経済産業省等の原子力村は、警察や反原発に敵意を持っている原子力村の飼い犬の団体などを使って、デモの妨害をしようとするでしょうが、この抗議デモの勢いは止められないでしょう。・・・止めようと策を弄したら、きっと逆効果でしょう。十万人規模になりましょうか? ・・デモの参加者は、丸ノ内線国会議事堂前の出口からは出られないかも知れません。デモの参加者は隣の駅の歩道を超えて隙間なく埋まるでしょう。

首相官邸前デモの他にも、週末には野田首相の地元、千葉船橋での再稼働抗議デモや野田落選デモ、野田退治デモなどが行われ、ほとんど定期化しています。大飯町までツアーバスを組んでの地元での再稼働反対デモは、一つが終わったと思ったらまた次のデモが計画され、次から次へと開催されています。その他、日本各地でのデモが大きく再燃しています。そう、確かに野田の再稼働宣言以来、脱原発デモや集会は爆発的に再燃して大きく盛り上がっているのです。

今回の福島第一原発事故以来の反原発デモよりも60年安保闘争や、三里塚闘争(成田闘争)のほうが、参加人数も闘争も、もっと凄かったのに潰されてしまった・・としたり顔で言う(全共闘世代の)人もいます。・・実際当時の盛り上がりは体験していませんが、脱原発デモのほうが、遥かに裾野が広いと言えるので、もっと大規模に盛り上がる可能性は高いでしょう。動員もかけられずに、一般の主婦や帰宅途中のサラリーマンなどが、個人で、友達と、家族で、どんどん参加して、毎回、開始時刻よりも終了時刻のほうが参加者が何倍にも増えています。これから、60年安保をも大きく上回る運動に発展するのではないでしょうか。
ネットの掲示板に、印象深い言葉が書き込まれていました。

・6月22日、官邸前のデモは夢のようだった。
6月29日、現実に国民が原発を止める日になる。


・もしも君が、参加するかどうか迷っているなら来い!
参加せずに後悔する日がくるかもしれないが、
参加して後悔する事はない。
日本を我々の手で取り戻そう。


阿修羅掲示板~ より。

・・実際にこの瞬間の官邸前のこの空間(・・と言っても沢山集まるので、最後尾は官邸からは遥かに離れるでしょうが・・笑)、を共有する体験をするだけでも、大きな意義があるでしょう。


野田総理の国民を馬鹿にしたような大飯原発再稼働発言を機に、一気に脱原発運動が大きく盛り上がった感があります。脱原発運動は、下火になるどころかこれからどんどん盛り上がっていく事でしょう。特定の団体の動員ではなく、その手の組織に所属していない一般市民がどんどん参加して、運動の裾野は増える一方です。野田首相が再稼働を宣言しし、関西電力も再稼働に向けて着々と準備を始めた今でも、多くの国民は諦めるどころか、抗議活動はどんどん大きくなっています。脱原発運動は、今年後半からは、昨年以上に大きく盛り上がっていく事でしょう。大飯原発再稼働白紙撤回も絵空事ではありません。

脱原発デモはどこまで大きくなり、どこまで有効でしょうか?この運動が功を奏しないようでは、日本は民主主義だけではなく、何もかもがお仕舞いでしょう。この運動によって、日本が近々脱原発に大きく舵を切る事も十分に可能でしょう。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/06/29 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

いいデモですね
不屈の足袋
お久しぶりです「かんちゃん」改め「不屈の足袋」です。
20万人?!。大変な規模のデモになってきましたね。数年前、否、去年の3.11までは考えられなかったことです。
目的意識の高い方もいればとりあえず自分の意思表示はしたいとの方、野次馬?まで参加される方も多様のようですね。この多様性はいいですね。とりあえず原発の再起動を認めないこと。この1点が当面の目標でいいでしょう。
東京までは行けない僕ですが、地元でのデモは出来ます。昨年来2度行っていますが、これからは毎月行っても良いかなと画策中です(笑)。全国でこのデモが同時多発的に行われ参加者か増えて行けば、時代は変わるやも知れませんね。


不屈の足袋
再起動→再稼動の誤りです。野田某と同じじゃあるまいし(笑)。

労働者ネットTV
地下水
 労働者ネットを少し見ました。何万人もの人が国会前にあふれ、「再稼動反対!」の声が何時間も続いた様です。私も同じ時を生きるものとして涙と怒りを感じました。しかし6.29のデモが大手のマスコミで報道されないのは何故でしょう、政治がブロックしたのでしょう、これでは民主主義にもなっていないのではないでしょうか、何の為の民主党の看板なのでしょう。

気になっておりました。
雑草Z
おお!お久し振りです。
かんちゃんさん・・改め不屈の足袋さん

以前、コメントが途絶えた後、またメールを頂き、さらにコメントが途絶えて久しいですね。
 お久し振りのコメント有難う御座います。新しいHN,『不屈の足袋』は素敵ですね。宜しければ、その名の由来を教えて下さい。
実は農業の事で、是非とも教えて頂きたい事がありまして、・・・以前のコメントの内容から、かんちゃんさんでなければお答え出来ない内容かと思います。以前に入れて頂いたアドレスにご連絡しようと試みたのですが、こちらの設定ミスかなんかでそちらにメールを送れません。是非とも御見解をお聞きしたい事がありますので、こちらに入れたアドレスに空メールでいいので・・・迷惑メールと区別して、かんちゃんさんのアドレスと分かるようにだけはして下さい(笑)・・・メール下さい。返信で内容描かせて頂きます。宜しくお願い致します。

Re:いいデモですね
雑草Z
かんちゃんさん改め不屈の足袋さん

改めまして、コメント有難う御座います。
改めまして、今回のコメントに対するお返事です。

>去年の3.11までは考えられなかったことです。

チェルノブイリ事故以来、脱原発に取り組んでいる方から聞いたお話ですが、3.11の数日前にやった反原発デモには、十数人しか集まらなかったと言う事です。3.11以前の反原発関係のデモは百人集まればいい方だったとの事です。

3.11以降は一万人規模のデモは何度かあって、昨年9.19の明治公園のデモでは6万人と言われていますが、一昨日6.29の官邸前抗議は、その規模を軽く上回りましたね。日本の反原発関係のデモで十万人を超えたのは初めてでしょう。公園でもないのに、よく集まったものです。6月15日が1万1千、22日が4万5千、今回が20万人と、毎週等比数列的に4倍ずつ倍増したのも凄いです。(まあ、次が80万て事はないでしょうが・・)

>この多様性はいいですね。とりあえず原発の再起動を認めないこと。この1点が当面の目標でいいでしょう。

全くおっしゃる通りです。確かに9条ネットとか、教職員組合、労働組合の旗も見かけましたが、組織で来ている人が少数派と言うのが、新しいデモの形と一般市民のパワーを感じます。子連れの親子や母も沢山いました。

 普段高圧的な輩も混じっている東京の警察ですが、今回はかなり丁寧親切な方ばかりで、若干横柄な口調で交通整理していた若手警官を先輩警官がたしなめていたシーンもあったと聞いています。主催者と警官と一緒に交通整理したり、非常にマナーのいいデモでした。無法状態にならないのが日本人の、と言うか脱原発派の良識かも知れません。



Re:労働者ネットTV
雑草Z
    地下水さん

 労働者ネットTVでご覧になられたのですね。  

 毎週金曜日の官邸前抗議デモは、開始時刻の6時頃からどんどん増えていき、街灯が点く頃には何倍にも膨れあがっています。6.29は、片側3車線の道の両側の歩道が満杯で身動きが取れなくなり、警察が1車線にポールを設置して歩道にしていましたが、それでも全然足りなくなり、次第に車道に人が溢れて車が通行する車線が一つずつ減って歩道になっていきました。6台あった大きな警察車両も邪魔になって移動して、最終的に車道全部に人が溢れた様は壮大で感動的でした。
 終了時刻の8時に、主催者が三三七拍子で締めくくって、もっと続けるべきだとかクレームも来たようですが、主催者の方々は良くやったと思います。ご苦労様です。
 勿論、ただのガス抜きに終わらずに、民意のうねりとして脱原発を達成出来る事を願っています。

>6.29のデモが大手のマスコミで報道されないのは何故でしょう

TVでまともに報道したのは、また、テレビ朝日の報道ステーションだけだったようです。NHKは、ほんの一瞬申しわけ程度に報道しただけのようですし、人数もかなり少なめに発表したようです。原子力邑に取り込まれているマスコミは沢山ありますが、NHKはその代表ですね。受信料は払いたくないですね。
本日どこかのTVでコメンテーターか誰かが、デモやるなら福島行って、復旧作業やお金を落とせとか言ったらしいですが、そのコメントをした輩は最低のクズですね。事故が起こってしまった後の復興と、これから再稼働を許さないで脱原発に持って行く事と一緒にして詭弁を弄しています。非常に怒りを感じます。マスコミの多くは地に落ちていますね。消えていくでしょう。

>何の為の民主党の看板なのでしょう。

仰る通りです。


 

HN
不屈の足袋
HNの不屈の足袋は「不屈の民」のもじりです。
1970年9月11日、チリでアジェンデ政権がゴロツキ・ピノチェトに虐殺された頃に歌われていた曲だということです。
原題(¡El pueblo unido, jamás será vencido!、団結した人民は決して敗れない! )というとても有名な歌です。南米を中心に世界中で反権力の歌として唄われています。
僕の大好きなバンド「シカラムータ」の演奏が涙が出る程最高です(笑)。
http://www.youtube.com/watch?v=Pun2qDS1vak
お聴きあれ。
足袋のように踏まれても破れない(敗れない)民でいたいですね。

ネットで検索
guyver1092
 youtubeで検索した動画の中で、主催者側が、解散宣言の中で、20万人集まっているがまだ不足しているとの類の発言をしていました。
 ニュースの類では、あったと報道しているものはいくつかありますね。内容は通り一遍と言うか一般的なことしか言っていないものが大半です。東洋経済オンラインは背景等、原発周辺の事情まとめてあり、これまで日本でなかった大規模デモが起きた原因を分析していました。
 検索して読んだ中では、原発廃止が民意であるとの論陣を張っているものはないようです。主催者の言うよう、20万人では不足のようです。
 前回も書きましたが、原発の是非のみを判断基準として、報復に反原発の政党に投票することが一番確実な方法でしょう。反原発デモを無視すれば、反対政党が政権を取るということを政府に教えなければなりません。
 日本人の多くは「政治に利用される」と言うことを嫌いますが、本末転倒ではないでしょうか。日本は間接民主主義ですから、自分の主張を通すために政党、候補者を選ぶのです。自分の主張と違う政党、候補に投票した結果に不満があっても、自業自得でしょう。
 自分たちの主張と異なる政策を始めれば次の選挙で落とせばよいのです。力ずくで独裁になることを恐れる人もいるでしょうが、原発に関しては既に独裁になっていることを理解して投票するべきでしょう。


訂正
不屈の足袋
1970年(誤)→1973年(正)でした。

Re:HN
雑草Z
    不屈の足袋さん

 HNの由来、有難う御座います。深い意味がありますね。
何かの語感は感じていたのですが、なるほど、

>「不屈の民」のもじり

だったのですね。

>原題(¡El pueblo unido, jamás será vencido!、団結した人民は決して敗れない! )というとても有名な歌です。南米を中心に世界中で反権力の歌として唄われています。

そうですか!?・・それは知りませんでした。大航海時代に大陸を欧米に乗っ取られた後の、ラテンアメリカの民衆運動は激しいものがありますからね。
ご紹介のYouTubeで、曲を聴かせて頂きました。確かに南米土着の音楽の香りがして、哀愁があっていい感じですね。個々の楽器がばらばらのようでも一体感があって不思議な感覚です。ちょっと苦酸っぱい木の実のように病みつきになりそうな感覚です(笑)。「シカラムータ」って、当然南米のバンドかと思いきや、日本のバンドなんですね!?

>足袋のように踏まれても破れない(敗れない)民でいたいですね。

中々難しい事ですが、理想ですね。


P.S.

再稼働の前に再起動があるわけで、再起動されなければ、当然再稼働もあり得ませんし、起動すれば稼働しなくても原発の危険は高まるのですから、(原発は停止してても結構な危険があるところが厄介なところです。)再起動に反対するほうが、より根本的解決かも知れません。野田は「再起動」って言ったのですか?

コメントを閉じる▲
2012-06-23 00:03
世の中には、どちらが良いか決めかねる事柄が沢山あります。絶対的に正しい事は無いにしても、よりベターな方向はどちらか・・の判断さえつきかねる事象も色々あります。
ここのサイトでは、様々な事に関して、こうすべきだ・・・と、殆ど断言に近い形で記述していますが、それはそのような内容の事を記事にしているからです。つまり、どちらが良いか明白な判断が出来る事を中心に記事を描いているからです。

さて、原発に関しては、当サイトを始めて以来(・・・3.11以前より)一貫してずっと、明確に反対しています。簡単に是非が決められる事であるからです。その理由も、もう既に出し尽くしている感じです。カテゴリー【原子力】に散々述べた通りです。迷う必要はありません。
3.11以降、その原子力の虚構性も広く日本国民にに知れるところとなりました。・・・「やっと」と言う感じです。【議論は終わってる・・推進派のプロパガンダの嘘】にもまとめた通りです。
野田総理が、大飯原発3号機、4号機の再稼働を容認する演説の中で、「国を2分する論争」みたいな事を言っていましたが、ふざけた話です。呆れるばかりではなく、非常な怒りを感じます。原発を再稼働するまともな「理」は何もないのですから・・。
原発は、高々数十年、全発電量の何割かの電気・・浪費の為の電力・・を作る為に、労働者を被曝させ、国の存亡に関る事故の危険性を孕み、廃炉後、半永久的に・・百万年もの間・・放射性廃棄物・・死の灰・・を管理しなければならないのです。「経済の為」って、言いますが、その実態は、高い電気代を国民から取って、更に税金を投入しているだけの、ただの原発利権の事です。
膨大な利息のサラ金からお金を借りて、「一時」電気を浪費して、膨大な借金を残し、放射能まみれになってしまう
これが原発の本質でしょう。複雑な事ではありません。・・こんな事に議論の余地がありましょうか?・・・原発の真実の姿をしっかり見て、「理性」で判断すれば、国を滅ぼそうという考えで無い限り、原発の再稼働はあり得ない筈です。原発の是非を巡って議論する事自体、狂っていると考えます。脱原発に議論の余地などありません。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/06/23 00:03】 | 原子力 トラックバック(0) |

思考方法を想像してみました
guyver1092
 原子力のバックエンドはどうしようもない。したがって考えないようにしよう。考えなければ存在しないので、問題解決するではないか。素晴らしい解決方法を見つけたぞ。

 原発にかかるコストはまともに計算すると、不利になってしまう。稼働率を調整して、火力発電が割高になるようにしよう。出力調節装置にかかるコストを水力発電に付け替えればよい。地元への交付金は国策だから政府が持ってくれるから計算に入れなくてよい。これで最もコストの安い優れた発電方法になった。

 国防のための核武装には、原発がどうしても必要である。原子力発電所を攻撃されたら、とんでもない被害が生じるから敵国は絶対に攻撃しないだろう。こちらは、核兵器で攻撃するぞと脅せば、どんな敵も降伏してくるだろう。

 完璧だ! 素晴らしい!! まさに神国の為にある存在だ!!!




みしぇぽん
コメント2度目です。
雑草さんの精力的な切り込みにいつも得心しています。

先にguyverさんのコメントで室田武氏のことが触れてました。当方も槌田敦氏の次に読み込んでいます。
「雑木林の経済学」は大好きです。

「君は、エントロピーを見たか?」などは
いまの若い世代に環境学の格好な手引きと思います。


Re:思考方法を想像してみました
雑草Z
guyver1092さんのおはこのブラック全開ですね。
そして、例の如く、ジョークで片づけられないのが人類の悲しさですね。 guyver1092 さんが描かれた事は、原発再稼働を目論む人々の心の奥には多少ともある筈ですね・・・そうでなければ真性の馬鹿でしょう。
 再稼働を目論む人々の大部分は、事故の確率が小さいから、自分が在職中は無事乗り切れるだろう・・・と言う確率論によるオプティミズムしかないのでしょうね。・・事故が無くても原発は破綻しているのですが、そこは無知か、知ってて知らない振りか・・。無責任で強欲な人々の巣窟、「原子力邑」

Re:
雑草Z
    みしぇぽんさん

 今月初めの記事【エネルギーの枯渇以前に起こるべく問題】に続いてのコメント有難う御座います。お待ちしておりました。
 みしぇぽんさんも槌田敦さんや室田武さんのの著書のファンなのですね!?非常に親近感を覚えます。
槌田敦さんは鋭い直感からの切り口で、室田さんは理路整然とした描き方ですね。二人とも引きこまれる魅力的な文章です。・・・と言いつつ、私は槌田敦さんの書物は手に入るものは大体読んでいますが、室田武さんの書物は、「原子力の経済学」しか読んでいません。(『原子力の経済学』1980年代に描かれていますが、原発の本質全般について理路整然と描かれていて、現代でも色褪せない内容で、至極の名著だと感じました。・・ある意味槌田敦さんの原発者よりも参考になりました。
「雑木林の経済学」も「君は、エントロピーを見たか?」も是非手に入れて読んでみたいと思います。その2冊について、簡単な書評(感想程度でいいです。)教えて頂ければ有難いです。
これからも宜しくお願い致します。

タイトルと関係なくて申し訳ないですが…
アルテミス^^
雑草さん

こんばんは^^
たまにはコメントにて存在報告を・・・なんちゃって。
福島出身の方に現状を聞くと、あちこちで作物からセシウムとか放射能が検出されているようですね。数十ベクレル〜100ベクレル超もあるとか。早いものであれから1年と4ヶ月経ちました。

風土の関係か結構福島県の方々は楽観的なほうだと感じておりましたが、話を聞いた人曰く「慣れてきてっから」と仰っていて、私個人としてはとても子供達が心配です。

一応、この件について私以外の放射線取扱主任者の方と話をしてみたら、私と同意見でした。

様々な過酷な状況の中楽観できる姿勢は尊敬しますが、被害がすぐに表に出てきにくい。内部被爆や低線量被爆に関しては、慣れてはいけないものに慣らされている。と、ちょっと残念な気持ちになりました。

雑草さんの地域は比較的、放射能被害が少なかった地域だったと伺っており安心してはおりますが、お気を付けください。

アイソトープ関係の書籍に載っている、色々な科学者や研究者達の論文を見ている限りでは、作物や果樹への移行係数が、思ったよりも低かったので安心してはおります。

Re:Re:思考方法を想像してみました
guyver1092
 最初の元ネタは知覚論と言うのでしょうか、「人間が認識した物のみが存在する」と主張する人と議論をしたことがあり、あまりのトンデモぶりにびっくりしたことがネタです。ちなみにかなり昔で、議論の中に原子力のかけらもありませんでした。

 二番目はご存じのとおり、室田教授が確立した手法による研究が元ネタです。

 三番目はこの冬に知人と議論した時に、国防の話が出て、日本攻撃専用の原子爆弾であると指摘した時の返事が元ネタです。

 youtubuでテレビ朝日の報道ステーションの6月22日抗議デモのニュースを見ましたが、寺島実郎は「日本は国内と海外と二枚舌を使い分け、不可解な日本と見られている。だから国内で議論しなければならない。」「安全保障と、エネルギー政策は不可分にからみついている。」等本質を外した主張をしていました。これをもとに考えると、原発推進派は、どうも目的と手段が入れ替わっているように感じます。民主主義社会は、多数派が原子力反対になれば、外国がどう考えようと関係なしに、廃止するのは日本の勝手です。不可解とみているから、原発推進とは絶対になりません。2番目の安全保障を言うのなら、日本攻撃専用原爆の議論は絶対必要です。それらをスルーしての推進議論は、本当に彼らの目的が「甘口ワインの製造」と考えざるを得なくなります。

Re:タイトルと関係なくて申し訳ないですが…
雑草Z
    アルテミス^^さん

 他の内容に触れるとしても、一応記事に関するコメント欄ですから、タイトルと言うか記事の内容と関係ある事をちょっとは述べて下さいな。
・・・と、言いつつ、今回のタイトルは、記事の内容を想像しにくいですね。もともとは、脱原発と経済性を比べる事は、月とすっぽんを比べるくらい、お門違いだ・・・と言う内容にする積りでしたが、タイトルから一寸解離した内容になった感があります。

>数十ベクレル〜100ベクレル超もあるとか。

はい、風評被害ではなく、実害の部分も多いですね。

>内部被爆や低線量被爆に関しては、慣れてはいけないものに慣らされている。

・・そんな面も否定は出来ませんが、福島県に派遣された山下俊一をはじめとする御用学者に誤魔化されている部分が大きいと感じます。彼等は学者としての良心を捨て去って、安全宣言PR広報部になり下がっています。


>放射能被害が少なかった地域だったと伺っており安心してはおりますが、お気を付けください。

家庭菜園では、一応放射性セシウム137Cs対策として、カリウムK分、放射性ストロンチウム90 Sr 対策として、カルシウムCa分 を過剰に撒いております。

>作物や果樹への移行係数が、思ったよりも低かった

トマトの実への移行係数が極端に低いと言う実験結果を見ました。今年はミニトマト3種類を種から家の中で育てて、苗をカリウムやカルシウムを沢山入れた畑や鉢に植えかえして育てています。苗は知り合いにお裾分けも致しました。




Re:Re:Re:思考方法を想像してみました
雑草Z
    guyver1092さん

 元ネタのご披露有難う御座います。3者3様で興味深いですね。恐らく原子力邑の人々は、程度の差こそあれguyver1092さんの御指摘の思考法をしていると思います。
理不尽過ぎて、どうしようもない人々です。

>考えなければ存在しないので、問題解決するではないか。

既に考えていなかったシビアアクシデントが起こってしまった現実をしっかり受け止めるべきですね。彼らにはその義務があるでしょう。

>二番目はご存じのとおり、室田教授が確立した手法による研究が元ネタ

私は、この内容は槌田敦さんの著作から知りましたが、その元ネタも室田武さんの著作でしょうね。室田武さんの「原子力の経済学」は、本当に名著です。素晴らしい論文です。

>寺島実郎は「日本は国内と海外と二枚舌を使い分け、不可解な日本と見られている。だから国内で議論しなければならない。」「安全保障と、エネルギー政策は不可分にからみついている。」等本質を外した主張

その映像は見てませんが、guyver1092さんのおっしゃる通り、寺島実郎の話は聞くに値しないですね。それどころか、怒りを感じます。原子力邑の番犬のようです。

>日本攻撃専用原爆の議論は絶対必要です。それらをスルーしての推進議論は、本当に彼らの目的が「甘口ワインの製造」と考えざるを得なくなります。

全く以て仰る通りです。日本攻撃専用原爆のリスクは、核兵器を持つ事による軍事的優位など、簡単に吹き飛ばしてしまいますね。
原子力に限った事ではありませんが、日本の産業は甘口ワインで溢れて、身動きが大変な状態です。付けを払わなければならない日も近いでしょう。・・酷い話です。

砂上の楼閣の社会に・・
団塊親爺の遺言
すみません・・晩酌も佳境に入り失礼します

何か今の世の中は大地に根を伸ばす大木の様な 
寄り添へるものが無いのです 
私たちの頭の上には不安感が漂い真実が見えて来ません
若者たちは安心して恋も出来ず結婚も出来無い社会の様相です 
先行きに夢も希望も見い出せない社会

此の儘では人間性が置き去りにされますよ・・
世界が国がどうのでは無く・・この世に生まれて良かった 
そして恋して・・家族が出来・・あなたに会えて良かったと
云える社会が私の心に残る人生の喜びの様な気がします・・

   失敗は多々在りますが・・

一部の人間の欲望や策略で創りだした古い危険な社会構造は
正さなければ成りません 利権に凝り固まった今の国の体制を
壊しましよう そして安住の地を取り戻しましよう 
自然の恵みの恩恵を受けてこそ生きられるのですから・・
幾ら科学や化学が進歩しても・・否、大して進歩は無いけれど
病害虫を敵視しする今の農業組織や薬剤企業が不自然なのです 
これらの病害虫は世界中の何処にでもいます 
作る側の技術が悪いと弱い劣ったものを自然は残しません
自然界では当たり前の事が人間社会は自分の非を認めず
病害虫のせいにして自然破壊を繰り返します

自然に学ぶ・・無農薬で九年間・・病害虫の被害はもう無し
その味は本当に旨い~本物とは真実とは何か知ってね
土の中の様々な生きものたちが活きてこその味わい・・
農薬や化学肥料そして放射能迄・・許せん~~~



Re:砂上の楼閣の社会に・・
雑草Z
    団塊親爺の遺言さん

 仰る通り、現代社会は巨大な砂上の楼閣になってしまいましたね。過去に滅んだ文明は、少なからず砂上の楼閣的な面はあったでしょうが、現代ほど酷くはないですね。過去に滅んだ文明は数百年から数千年をかけて自然の摂理に反する事を徐々に増大させ、砂漠化したりして滅びましたが、現代文明は、100年足らずで全世界的に環境破壊をしてしまいました。「工業化」とか「大量生産、大量消費」「高度経済成長」という発想が、現代社会の世界的などうしようもない砂上の楼閣を築いてきました。後世に人類の愚かさの象徴と評価されるのではないでしょうか。

>何か今の世の中は大地に根を伸ばす大木の様な寄り添へるものが無いのです

現代社会を上手く表現された言葉ですね。そう、その『大木』こそ、地球が与えてくれる偉大な自然の恵みですね。
現代文明は、大局的には、その自然を破壊しただけですね。人類は、地球が人類に与えてくれた恵みを、「科学技術」の名のもとに破壊して来ました。真の科学とは、「大地を切り開く」軽率な似非科学ではなく「自然の摂理を知って、それに合わせる事」でしょう。自然を畏れぬ西洋的な開拓者精神が、浅はかにも地球の恵みを断ち切って、巨大な砂上の楼閣を築いてしまいましたね。

>自然の恵みの恩恵を受けてこそ生きられる

これこそ非常に大切で忘れてはいけない事ですね。 

 

 

コメントを閉じる▲
2012-06-17 00:01
6月16日(土)の午前中に、西川一誠福井県知事が野田佳彦首相らと首相官邸で会談し、再稼働に同意する考えを表明。政府はこれを受け、首相と枝野幸男経済産業相ら関係3閣僚による会合を開催、首相が「大飯3、4号機を再稼働することを政府の最終的な判断とする」と運転再開を決断してしました。その詐欺的手法は、ここで述べるまでもなく、多くのサイトで言及されています。
16日当日の首相官邸前での抗議活動は少しマスコミに取り上げられましたが、前日の15日(金)夕方からの、首相官邸前で1万1000人が抗議活動した事は、大手マスコミは殆ど取り上げなかったようです。この正念場に及んでも、記者クラブメディアが一斉に自主規制するという情けない状況がありました。日本のマスコミも落ちるところまで落ちた・・・と言う感じですが、今回その話題はここまでと致します。
 去る6月8日に、野田総理が、夕方の会見で再稼働を宣言したときの官僚の作成したであろう文章は、あまりの稚拙さ、いい加減さに多くの国民が激怒しました。【どうしようもないまやかしの理由】で述べたように、実際に政府が再稼働した理由は、利権がらみの経済の為である事は明らかです。「原発は再稼働すれば発電で儲けられるが、しなければ不良債権になる」・・・と言う近視眼的な理由からです。電力会社やプラント会社などばかりではなく、電力会社の大株主である銀行や保険会社など数多くの企業が芋づる式に負債を抱えてしまい、経済が立ち行かなくなる・・・と言う経済的な理由がメイン・・・と言うよりも理由の全てと言ってもいいでしょう。然しこれは、旧態依然とした経済論理、経済成長主義の遺物であり、問題の先送りです。先送りすればするほど問題は膨らむばかりです。経済的にも日本の借金は膨らみ過ぎてパンク寸前ですし、それでなくとも酷い状態の環境負荷も、原発事故で放射性物質が撒き散らかされて、末期症状です。世界的にも極端に低い食料自給率が、放射能汚染で更に下がりそうです。
この末期症状の資本主義を原発再稼働で先送りして支える事が出来る年月は、ホンのわずかの間だけでしょう。そして、先送りした結果、状況は一層悪くなり、再起が難しくなるばかりです。
事故の可能性も、実質な対策はまだほとんど実行されていませんから、地殻の活動が活発になってきた日本で、老朽化した原発を再稼働する事によって、さらなる原発震災の確率は高くなるでしょう。事故が起こらなくても死の灰をどんどん貯め込んで先送りした結果、原発の廃炉処理の為に経済はますます悪化するでしょう。勿論、電力会社は、廃炉処理、管理を最後までする筈もないでしょう。・・・数万年先まで現在の電力会社が存在する筈もありません。・・つまり、放射性廃棄物の詰まった廃炉をろくに処理もせずに電力会社はその役割を終えるでしょう。(放棄するでしょう。)子孫は、その経済的借金ともっと酷い放射性廃棄物と言う負の遺産だけを引き継ぐのです。そして、その管理の最中に、人類は滅んでしまう・・と言うシナリオになる可能性が高いでしょう。
 そう、状況を更に厳しくする目先の経済の為に原発を再稼働させる事は、愚の骨頂、狂気の沙汰です。
現在の成長無しには成り立たない経済システムを維持する事は不可能です。再送りすればするほど状況が厳しくなる事は、【最も大きな『問題の先送り』】などで繰り返し言及しています。今回の不幸な事故を受けて、脱原発から脱成長へ・・・と言う方向こそ、日本が、世界が生き残るための、考え得る最も確率の高い方向ではないでしょうか。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/06/17 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

洗脳装置
guyver1092
 やはり大手マスコミは(中日新聞を含む)マスゴミで洗脳装置と考えて行動すべきですね。デモは、法律的には全く考慮の対象外ですのでほとんど意味がないようです。コンプガチャがデモもされていないのに規制の対象となり、原子力発電がこれだけのデモが頻発しているのにまるで無視なのは、財界主流派にとって良いことか悪いことかが基準となっている顕れですね。(コンプガチャは財界主流派が、新興勢力を抑えにかかったもので、原発再開は財界主流派の利益に沿う。)
 わたしは、現在の状況の中で最も原発廃止の確率の高い行動は、反原発の政党を政権与党とすることだと考えます。ただこれは、投票する側が相当の覚悟を決めなければ投票できないことが難点です。理由は、すべての人が資本主義社会の中で生計を立てていますので、反原発となれば究極は反資本主義ですので、自分で自分の首を絞めることになるからです。原発すそ野の会社の人間が原発推進派であることを考えれば解りますよね。資本主義社会は貨幣で全世界がつながっていますので、ここがこけると全世界がこけますよと脅かされて反原発を貫ける人はなかなかいないでしょう。
 ちなみにこれこそが文明の暴走の末端の形です。止めたくても止められないのは、それを止めると明日から即刻飢えてしまうからです。
 ただ、これは原発の危険を無視しないと成り立たない理論です。運よく事故を起こさない間はこれで何とか社会が回って行くでしょうが、次に過酷事故が起きた場合、福島程度の損害で済むとは限りません。風下が人口密集地域で、雨とか雪の場合は、日本人の貯めこんだ資産が一気にゼロになる可能性もあるのです。原発事故の風下に日本がすっぽり入って日本が滅びた場合、この廃墟が甘口ワインとなります。
 次の選挙は真に人類の未来がかかっていますね。

Re:洗脳装置
雑草Z
いつもながら、個性的な深い洞察のコメント有難う御座います。

>やはり大手マスコミは(中日新聞を含む)マスゴミで洗脳装置と考えて行動すべきですね。

そうですね。今回の原発事故から再稼働をめぐる報道を通して、大手マスコミは、財界や電力会社の御用報道機関になり下がっている事を嫌と言うほど思い知りました。

>コンプガチャ

については良く知りませんでしたが、報道の後は規制されて然るべきかと思っていましたが、guyver1092さんの議論も理がありますね。確かにコンプガチャを規制したら、くじ引きの類もみんな規制しなければならなくなるかもしれません。

>デモは、法律的には全く考慮の対象外ですのでほとんど意味がないようです。
>現在の状況の中で最も原発廃止の確率の高い行動は、反原発の政党を政権与党とすることだと考えます。

なるほど、確かにguyver1092さんのご意見が理性的かと思います。デモの効果については当方も評価しかねる部分がありました。でも、(洒落じゃないです。。笑)本来のdemonstrationの意味では効果があるか思います。
即ち、共感を得るようなデモンストレーションをする事によって、有権者からも支持されるだろうし、政治家も民意を知るでしょう。・・・マスコミが報道を控えれば、効果は下がりますが、それでも現在はネット社会ですから、効果もありましょう。6.15(金)の官邸前アクションは、夕方から夜にかけて(活動家ではない)通勤帰りのサラリーマンなどがどんどん加わって、大きく盛り上がりました。国会議員も何人か参加しました。
この辺りの効果を、guyver1092さんはどの程度有効かと考えましょうか?

>原発事故の風下に日本がすっぽり入って日本が滅びた場合、この廃墟が甘口ワインとなります。

本当に恐ろしい甘口ワインです。

>次の選挙は真に人類の未来がかかっていますね。

原発政策に比べれば、消費税も大した論点ではないですね。guyver1092さんのおっしゃるように、先ずは脱原発の政党を与党にする事ですね。


再稼動なんて許可するから…
でなしNo.146
関電の社長(?)が、「夏だけの限定的な再稼動」ではなく,次の点検を義務付けられている「13ヶ月間の通常運転を予定」と発言したという記事がYahooニュースに載っていました。

ここでも経済性を重視して国民は見殺しの状況が見て取れます。
資本家が偉くて、労働者は意見を聞いてもらえない状況なんて狂っていると思います。

いずれにせよ、問題を先送りにすればツケを支払わなければならない将来の世代に大迷惑をかけます。
迷惑うんぬんの前に滅んでいるという予想もごもっともです。

正直、今の日本は怖いです。

デモの効果
guyver1092
 デモの効果は、その国での過去の国民の行動にもよると考えます。過去にデモを無視して、政権から転落したことのある国では、デモも有効でしょう。
 日本では、過去にほとんどデモは負けているのではないでしようか。次の選挙で原発が争点となり、反原発政党が勝利すればその後は、デモがあれば国民の意思として政策に影響を及ぼすねではないでしょうか。

Re:再稼動なんて許可するから…
雑草Z
夏の電力不足なんて、大げさにキャンペーンのし過ぎです。電力は殆ど不足しませんし、するとしても真夏のほんの2~3日の午後の2~3時間だけですね。それも、原発止めてもいいように火力を整備しておかなかったからで、火力をしっかり整備していれば、電力不足は起こらないでしょう。・・つまり、電力不足は政府や電力会社など、原子力邑の演出です。

>「夏だけの限定的な再稼動」ではなく,次の点検を義務付けられている「13ヶ月間の通常運転を予定」

このような事は野田総理も言ってましたね。野田総理は完全に官僚などのパペットですね。非常に醜く感じます。自分で原発を勉強する積りはなく、官僚の言う事を鵜呑みのでくの坊です。

再稼働は、どう考えても子孫にとってはマイナスです。

Re:デモの効果
雑草Z
 確かに日本では、デモが全面的に功を奏した事はほとんどありませんが、それデモ、部分的に世論を動かした事はありますね。

 アラブ諸国のデモこそ民衆の勝利だという単純な見方に対し、実際は欧米の思惑によって、欧米の工作員などが暗躍したという話もまことしやかに言われていますね。

日本の脱原デモは、一応この5月まで再稼働をさせずに全原発停止まで追い込んだという評価もありますが、guyver1092さんはどのように見ておられますか?



Re:Re:デモの効果
guyver1092
 言われてみればおっしゃる通り、原発ゼロの期間を作り出したのは評価できますね。
 今回の再稼働については、原子力邑は、おそらく国民をなめきっていて「一年ぐらい言わせておけばガス抜きになってデモもなくなるだろう」と考えていたのが、何時までも下火にならないので強硬策に走ったのではないかと考えます。
※去年の夏あたりだったでしょうか、デモも下火になってきたと大手マスコミが報道していたのも、世論をミスリードしようとの操作だったのでしょうね。
 室田武氏の本でも読みましたが、住民運動は過去には、強行されて、既成事実が出来れば下火になると書かれていましたので、今回も住民運動を鎮圧する最良の(と考えている)方法を取ったのでしょう。
 過去の日本人の投票行動は、このように強行されて負けた場合のほとんどは特に変化はなかったのではないでしょうか。変化があったのは、消費税五%の時ぐらいでしょうか。
 私としては、日本国民の多くが原発再稼働の報復に、反原発政党に投票することを期待しているのですが。

Re:Re:Re:デモの効果
雑草Z
>国民をなめきっていて「一年ぐらい言わせておけばガス抜きになってデモもなくなるだろう」と考えていたのが、何時までも下火にならないので強硬策に走ったのではないかと考えます。

なるほど、それはありそうな事ですね。二酸化炭素温暖化対策だとか、エコ替え、エコポイントだとか、少子化対策だとか、そんなものに踊らされる国民は、確かに舐められて然るべき情けないものがあります。

>住民運動は過去には、強行されて、既成事実が出来れば下火になると書かれていましたので、今回も住民運動を鎮圧する最良の(と考えている)方法を取ったのでしょう。

強行して既成事実を作って、無力感を味あわせる・・って酷いやり方です。アメリカ大陸などを乗っ取った大航海時代の西欧人を想起します。強行で既成事実を作ろうとしたら、遥かに怒って、過激行動に出た方がいいのかも知れません。

>変化があったのは、消費税五%の時ぐらいでしょうか。

消費税五%よりも、原発は遥かに酷い内容で、比べる次元でもない筈ですね。

>日本国民の多くが原発再稼働の報復に、反原発政党に投票することを期待しているのですが。

このくらいは当然でしょう。日本の存亡に関る重大事です。



コメントを閉じる▲
2012-06-11 00:01
6月8日夕方、野田首相は国民向けの首相会見で、大飯原発は必要であり、再稼働すべきであるといいました。「再稼働により国民生活を守ることが自らの責任」と言って、多くの国民の大きな反感を買いました。あまりの無茶苦茶な理由に、多くの国民が激怒しました。怒りで言葉が出ない、体が震えた、悔し涙を流した方などの話がネットを駆け巡りました。
この日の演説は経産省の官僚の作文をそのまま読み上げたとしても、あまりに稚拙な誠意のないものでした。再稼働の理由を本当にどうしようもない、理由にもならないこじつけである事は多くの国民が感じた事でしょう。同時に、こんなどうしようもない理由をこじつけるしか原発を再稼働する理由が無い事を多くの国民が再認識した事でしょう。そう、原発にはそのデメリットを押してまで稼働するに足るまともなメリットが無いから、正反対の事をメリットとするしかないのです。【デメリットを嘘で塗り固めてメリットとしてしまうプロパガンダ】で書いたそのままです。今や、国民の過半数(・・7割以上・・)は再稼働に反対です。再稼働に賛成なのは、原発によって利益を受けている人々や、いまだに原子力村の輩の言う事を信じている少数の人々くらいでしょう。

実際に野田が演説で言った再稼働が必要な理由を一つ挙げてみましょう。
「停電などが起きれば、人工呼吸器など生命維持装置にたよっている場合、生命の危険にさらされる人も出る。」
よくもまあ、抜け抜けとこんな馬鹿な事が言えたのもです。原発を動かしていても、大きな地震が起きれば、原発を止めますから停電は起こり得ます。自家発電装置を設置しているほうがよっぽど安全です。それに、停電が命にかかわるような場所では、非常用電源の設置が義務付けられているのです。
原発が無くても電気が足りる事は、3.11以降十分に実証されてきた事です。それにもし本当に逼迫したら、浪費レベルの無駄な電気を(使わされている)ところを止めればいいだけです。
「電力不足」キャンペーンによる恫喝は(・・情けない事に・・)関西広域連合には効果があったようですが、国民の政府に対する不信と怒りは一層強まっています。差し当たって、関電の経営危機を救うため野田政権は再稼働に突き進んだ事が露呈されています。出力の半分を原発に依存している関電は、原発を動かさないと2、3年で経営破綻に至ると分析されています。原発を再稼働すれば、発電で儲けられるが、再稼働せずに廃炉と決めた時点で不良債権になるから・・・と言うのが一つの大きな理由です。しかしそれは非常に近視眼的な、自己中心的な見方です。再稼働してウランを核反応させれば、放射性物質が何千倍にも膨れ上がります。その放射性廃棄物の保管、処理の費用のほうがどんどん膨れ上がるのです。原発は稼働すればするほど、不良債権としての度合いが増すのです。勿論その「負の遺産」は経済的損失だけでは済みません。多大な健康被害を出し、人間が(・・他の動物も・・)住めなくなる場所が増えるのです。関電などとっくに無くなった後々の子孫にまで、放射性廃棄物の負の遺産を押し付けるのです。
原子力邑のほうしか見ていない野田総理は、大馬鹿者であるだけでなく、本当に酷い首相です。こんな理由にもならないどうしようもないこじつけの理由で、国家の破滅にさえ繋がる大事故を起こす可能性があり、半永久的に子孫代々まで「負の遺産」を残す原発を再稼働させようとしているのです。多くの国民が心底怒っています。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/06/11 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

日本の国民はなめられている
guyver1092
 日本の国民は完全になめられていますね。政府が何をしても、選挙になったら真に反原発の政党には投票しないと確信しているのでしょう。
 過去の選挙結果をみると、この見方をされても仕方ないでしょうね。
 次の選挙がいつになるかわかりませんが、原子力発電の是非のみを判断基準にして投票したいと考えています。
※最長で来年夏だそうです

家畜化される民
団塊親爺の遺言
 人間は誕生の瞬間から支配するか、もしくは
支配されるか運命づけられる・・ アリストテレス

こんな言葉が重く身にのしかかります
笑う者 泣く者 一部の支配者と大衆社会

言葉や理屈の虚飾は どの様にも・・
その陰で泣く者の叫びはいつも無視され続けます

さて此処、東京の公園から25万ベクレルの
放射能が先日 検出されました・・
直ちに健康に影響はしない・・?
これから全国に拡散し蓄積していくモノ・・

大地から川や海に流れ込み 自然の恵みが壊滅???
責任とか生命を懸けるとか・・政治家は言います

今はホンの序の口 本当の被害はこれからなのでしよう・・
子供を持つ親は言います 私は良いがこの子の事がと・・
どん底の経済です 電気が幾ら豊富でも経済が直ぐに上向く事は
無い情勢です 支配する者に世界中の民が声を上げています 
今のシリアを見れば支配者の大衆に対する価値観が
見えて来ます 食料でも化学肥料や農薬で人類の家畜化の
様な生産が始まりました ここ半世紀の事ですが・・

 自然に学ぶ事を忘れた私たちは大切なモノを失いました

     国敗れて 山河 無し・・

 福島の大地を何代にも亘り 安住の地に作り上げた人々がいる・・

 逃げ惑う多くの人たち 自分の身に起きなければ痛みの解らぬ人たち 

 原発はそこに在るべきものをを無にしました・・もう還りません 


Re:日本の国民はなめられている
雑草Z
    guyver1092さん

 確かに日本の国民は完全になめられていますね。野田総理のあの演説を書いた官僚も、あれしか書けないのはどうしようもない事は確かですが、あんな無茶苦茶な演説を発表する時点で、国民を完全に舐めていますね。愚民とみています。だから被曝労働させる事も平気なのでしょう。

>次の選挙がいつになるかわかりませんが、原子力発電の是非のみを判断基準にして投票したいと考えています。

それはいいですね。私もそうしようと思います。そのような運動を広めたいですね。
郵政民営化選挙や消費税選挙などよりも遥かに有意義ですね。・・・日本、世界の存亡がかかっています。

Re:家畜化される民
雑草Z
    団塊親爺の遺言さん

 支配者と言うのは、民衆の一人一人をまともな人間と扱っていない側面が多々ありますね。現在の資本家の多くや経団連の幹部がそうです。だから、被曝労働を容認して、しかし絶対に自分達はしないという非常にエゴイスティックな事を平気でやるわけですね。

>今はホンの序の口 本当の被害はこれからなのでしょう・・

そうですね。原子爆弾でもない限り、放射能被害は、徐々に出てくるもので、

>直ちに健康に影響はしない・

なんて事は情報にもなりません。将来的にどうか?と言う事に触れないのは卑怯この上ないですね。

>国敗れて 山河 無し・・

これは、非常に名言ですね。言い得て妙です。普通は山河が残るのに、放射能汚染で山河も使えないという・・・そんな犠牲を払って原発を稼働させるのは狂気の沙汰ですね。

国壊れて 山河 無し・・

コメントを閉じる▲
2012-05-17 00:01
 東日本大震災の復興支援として、瓦礫の広域処理と除染作業が計画され実行されつつあります。
瓦礫の広域処理に関しては、放射能の拡散を防ぐという原則はしっかり守るべきです。
膨大な瓦礫を膨大な石油を消費して遠くまで運ぶ事には反対です。
瓦礫の広域処理問題】2012-3-29 に描いたとおりです。

除染作業はどうでしょう?
福島県では、原発震災復興支援の一つとして除染作業が行われています。
現在人が住んでいる、放射能汚染が比較的小さい地域・・・福島県の周辺の県のちょっとしたホットスポットや福島県内でも福島第一原発からは比較的遠い会津地方などでは、除染作業も有効でしょう。中通り・・福島市や郡山市、須賀川市、白川市・やいわき市・・本来ならば避難しなければならないエリアもあるでしょう。・・・など、人が普通に生活している地域も、小中学校の校庭や通学路などを中心にしっかり除染すべきでしょう。
しかし、原発20km圏内の警戒区域は勿論の事、避難指示区域の除染作業は早急にやる必要があるのでしょうか?放射能は時間の関数でしか減少しないものです。「除染作業」とは、実際は「移染作業」であり、放射能を他に移動させる作業です。小中学校の校庭の表土を剥ぎ取って、埋める作業は子供の被曝を小さくすると言う大きな意味があります。ある程度放射能の拡散を防ぐ事にも繋がります。(作業の最中に砂埃が立って拡散もするでしょう。)一方水による除染作業は、大部分は放射能の希釈と拡散です。(・・一部、側溝などへの濃縮と言う見方も出来るでしょうが・・)放射性物質を、土などと一緒に地中や側溝に流し、より標高の低い土地に流出させます。そのまま地中深く沈む分も何割かはあるでしょうが、それはそれで地下水を汚染します。海に取り囲まれた日本では、最終的には海に拡散させる事になりましょう。つまり、放射性物質の、下流地域や海への拡散です。半減期の長い放射性物質は、原子番号が大きく、原子の質量が大きいものが多いので、海溝深くに沈んでいけばまだ直近の被害は少ないと言えましょうか・・・?このような形で放射性物質を海に流す事は、ある程度仕方が無い事でしょうが、国際法にも違反するでしょう。

さて、避難指示解除準備区域などで進んでいる除染作業は、少なく見積もって一軒当たり500万円です。しかし、それで完璧に除染されるわけではなく、放射能汚染量が何割か減るだけです。除染作業をしてもまだまだ済む事の出来ない家もあるでしょう。家だけではなく、道路や耕地、山林など広大な地域を除染しなければなりません。福島県の何分の一かの汚染地域を、ある程度除染するだけで、10兆円は軽く超えると言う試算もあります。これだけで東電が現在原発事故で賠償すると提示している金額の5兆円前後よりも大きい金額です。そして、除染したからと言って、直ちに人が住めるわけでもありません。作業員の被曝問題もあります。実際に雨が多い日本では、放水による除染作業をしなくても、早晩、放射性物質は洗い流される事にもなるでしょう。
除染は、現在人が住んでいる地域などを優先すべきです。人が避難してしまった警戒区域や避難指示区域を除染して早急に人を戻す事は、非常に危険な事です。人体実験していると言われても仕方ないでしょう。

では何故、政府や自治体が現在人が住んでいない地域の除染作業に拘るのかと言えば、いくつか理由が考えられます。

先ずは、政府のパフォーマンス。汚染地域の人々を励まし、地元に戻れると言う希望を抱かせ、政府への非難をかわす事でしょう。このような軽率な行為は、後から更に絶望を生む事にも繋がるでしょう。
現在停止している原発の再稼働も視野にあるでしょう。もし、ここで政府が、ある程度の汚染地域で何年も住めないから除染はしない・・と宣言したら、他の原発立地地域も、再稼動にしり込みするでしょう。・・福島原発事故のような深刻な事故が起きたら、その地域は見捨てられ、生きている間は地元に戻れなくなる・・と言う事実を知ったら、殆どの人は再稼働は認めないでしょう。だから、再稼働の為に高汚染地域を除染して、故郷に戻れる・・と言う希望を持たせるパフォーマンスをしていると見るのは穿った見方でしょうか?

そして更に、震災復興を経済対策に結びつける事でしょう。落ち目の日本の景気を回復する一つの手段にしているのでしょう。最近経営の厳しかったゼネコン業者などがこぞって除染ビジネスに名乗りを挙げています。日本の大手ゼネコンが、原発立地から避難している自治体の仮庁舎に、連日やってきていたのが昨年地元で目撃されています。除染ビジネスは巨額の利権のある瓦礫の広域処理よりも更に一桁以上大きな利権です。しかし、この利権の元は殆どが国などのお金です。現在でも借金で破綻しそうな日本が更に膨大な借金を増やす事になります。原発震災で国の借金がある程度増える事は仕方が無いにしても、無闇な除染ビジネスの利権に食い物にされるのは絶対に避けるべきでしょう。福島県の広大な高汚染地域全域の除染は不可能と考えるべきでしょう。

原発で東電や経済産業省に抗議する人の決まり文句には「福島をかえせ!」と言うのがあります。確かに故郷が汚染されて住めなくなった事は許されざる事です。しかし、これから当分の間・・数十年は、福島県内には人間が居住出来ない地域が残るのです。それが原発の実体です。その事をしっかりと認識して、居住不可能な地域に「除染」と言う美名で、お金を湯水の如く投入し、放射能を拡散するのは止めるべきです。そのお金は、しっかり別な補償や脱原発の為に使うべきです。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2012/05/17 00:01】 | 原子力 トラックバック(0) |

まったくもってその通り!
アルテミス^^
<除染でなく移染
この言葉を周知しないといけませんね
自分たちに都合が良い言葉を政府は使いたがります^^;

放射性廃棄物として取り扱わなくてはならず。
そもそも密封されていない放射性物質は、一部の人しか扱えないように法律で規定されています。

パフォーマンスというのは別に穿った見方ではないと私は思います。この事故の問題は日本レベルでなく世界レベルの問題となっていることを関係者は充分自覚しなければなりませんね。

経済対策
guyver1092
 今朝のラジオのニュースで、今年の第一四半期のGDPが、年率換算で4%程と言っていました。除染も瓦礫処理も確実に経済対策ですね。この経済対策で国民が支払う対価は、日本全土に放射性物質の拡散で、結果としては、生物集団としての日本人の遺伝子情報の劣化でしょうね。ただでさえ、日本中にじわじわと放射性物質が拡散中だと言うのにきちがい沙汰ですね。

http://www.seturi.net/blog/2012/05/001095.html

Re:まったくもってその通り!
雑草Z
いつも賛同のコメント感謝致します。政府は、「避難者の救援」の美名の下に、非常に無駄なお金の使い方をしていますね。その代表例が、警戒区域や避難指示区域の除染作業でしょう。これらの地域の人々が「一刻も早く地元に戻りたい」と言っているような報道振りですが、それは年取った人々の一部であり、若い人々は除染しても戻りたくないという人のほうが多いようです。意外なことに、有機無農薬農法など、土地に愛着を持っていた人も、自分が、手塩にかけて育てた土地を放射性廃棄物の置き場にしてもらっても言いとさえ言っています。有機無農薬農法をやってしていた人ほど、放射能汚染された土地は使い物にならない現実を直視しているのかも知れません。私が本人達から直接聞いたお話です。
 除染ビジネスで儲けたい人々が結託して世論を操作してる部分も感じられます。そんな余裕は全く無い筈です。

Re:経済対策
雑草Z
>除染も瓦礫処理も確実に経済対策ですね。

guyver1092 さんが単刀直入に仰るとおりですね。そして、経済対策と言っても、税金を浪費して食い潰すだけですね。儲けるのは決して被災地という訳ではなく日本の大企業。

>この経済対策で国民が支払う対価は、日本全土に放射性物質の拡散で、結果としては、生物集団としての日本人の遺伝子情報の劣化

全く以ってその通りですね。放射性物質の拡散防止の原則が無視されています。まさしく
>きちがい沙汰

ですね。一つ前の記事【全機停止でもあまり祝えない現実】にも描いたように、かなり絶望的な展望です。・・このひとつ前のお返事は遅れましたが、あちらにも書いたとおり、
guyver1092さんもこの現実は、厳し過ぎるとお考えでしょうか?・・よろしければあちらにお返事下さい。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。