-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

2015-10-03 00:02
現代社会は、日本をはじめ、世界中の多くの国がスポーツを偏重し過ぎていると感じています。
 スポーツニュースやスポーツ新聞等、エンターテインメント系の媒体でスポーツを取り上げるのならまだ分かりますが(それでも、そんな新聞、雑誌、番組が多過ぎます。)普通のニュースや一般の新聞にスポーツの事が大々的に・・・時にはトップニュースとして取り上げられる事に異様さを感じるのは私だけでしょうか?
大リーグで本塁打を何本打ったとか、テニスの世界大会で優勝したとか、サッカーのワールドカップでどうたらこうたら、そんなことが国を挙げて騒ぐ事でしょうか?・・・これらのニュースが安保法案や原発再稼働、福祉や火山爆発のニュース等と並行して、ときには同格以上に取り上げる様は、異様としか思えません。

スポーツの社会での位置は、
個人がする分には、ゲームの一種、そして体力をつける為の運動 
観戦する分には、それこそエンターテインメントの一つでしょう。広義で芸能などと同じと考えます。芸能以上に特別気高いものだ・・・なんて言えないだろうし、そんなこと言ったら音楽家や演劇界等芸能人に失礼でしょう。
スポーツは、世界大会だろうがオリンピックだろうが、個人競技に限らず、団体競技でも、国家の威信を賭けて戦うものではないでしょう。・・・ごく一部、そのように認識している人もいまだにいるやも知れませんが、現代は原則、個人(チーム)同士の競い合いとのコンセンサスはある筈です。国際試合を行う事によって、戦争の代理行為として、(闘牛のように)戦争による人の殺し合いが防げるのならば、大きな意味があるでしょうが、そんな機能がスポーツにあるとは言えません。逆にサポーター同士の暴力行為はよく耳にするところです。世界一好戦的な国家アメリカで世界一(プロ)スポーツが流行っている事から、もしかしてスポーツ好きと好戦的な事には正の相関係があるかも知れませんが、負の相関関係があるとは言えないでしょう。(今のところ、相関関係はあんまりないと言うべきでしょう。)


あるサイトのコメントに、
「オリンピックと言ってもエンターテインメントの一つに過ぎない」
と書いたら、
「オリンピックがただのエンターテイメントだって?ふざけてるんですか?暴論にもほどがある 一流のアスリートがどれだけ真剣にスポーツに取り組んでいるのかわかっているんですか?」
と言う反論のコメントを頂いた事があります。それに対して私は、
「オリンピックがエンターテインメントでないとしたら、何なのでしょう?こんなものに巨額の税金を投入すべきではありません。社会福祉やセイフティネット、環境保全に税金を投入すべきです。」
と反論し、更に
>どれだけ真剣にスポーツに取り組んでいるのかわかっているんですか?
に対しては
「この論点には笑うしかありません。真剣に取り組めば湯水の如く税金を投入するのが許されるとでも思っているのでしょうか?音楽の演奏家も真剣だし、プロの画家も真剣です。一般の企業の経営者も従業員の多くも真剣です。更に言えば泥棒も詐欺師も真剣ならばいいのでしょうか?」
と返した事があります。それに対する再反論はありませんでした。
私はそこに記したようにスポーツは大きく括れば芸能と同じエンターテインメントや趣味の領域であると考えていますし、それを越えさせてはいけないと考えています。しかし、現代社会でのスポーツのポジションは、既にそれ以上のモンスターに祭り上げられています。スポーツは、他のエンターテインメントとは一線を画した気高く神聖なものだ・・・等と考えている輩も結構いるのかも知れません。

スポーツを趣味でやる分には真剣でも構いませんし、自分達でお金を出してやる分にも構わないと思っています。個人的に大きな価値観を持つ分にも否定する必要はないでしょう。競技によってはプロの選手が存在して、それでお金を稼いでもいいでしょう。
しかし、オリンピックのようなスポーツ行事に税金を湯水の如く投入して、施設を新築したり建て替えたり、補助金を出したりするのには反対です。何故にスター選手の為に税金を投入する必要があるのでしょう?国家が音頭を取って、オリンピックを誘致したり、スポーツを振興する必要は無いでしょう。そして趣味の領域を越えて、一般のニュースに、大々的に取り上げることにも反対です。

その意味で、東京オリンピック開催の[成功決議案]に反対した国会議員がたった一人だけだった事には呆れますし、そのたった一人の山本太郎議員の私の中での評価はますます高くなりました。


私も少年時代から20代くらいまでは、好きなスポーツもいくつかあって、テレビ観戦くらいはしていました。しかし最近の異常なまでのスポーツ偏向報道に対しては嫌気がさしています。ここ暫くはTV等でもスポーツ観戦をしなくなりました。

陰謀論の一つに3S政策と言うのがあります。大衆の関心を政治に向けさせなくするような愚民化政策として、Screen(・・現在はTVやNetでしょう。) , Sport , Sex に大衆の目を向けさせると言う政策です。敗戦後の日本の占領政策としてアメリカが行なったとも言われていますし、現在、世界の各国で行われているとも言われています。それが実際に政府を通して行われている陰謀なのか、商業ベースで社会のニーズで行われているだけなのかは定かではありませんが、日本での安保法案や特定機密保護法案、原発再稼働の問題に平行して、(優先して、)マスコミは(かなり意図的に)スポーツニュースを大々的に流しているイメージがあります。政府の指示か、経団連の支持か、愚民策の匂いがぷんぷんします。それが陰謀では無く、単に国民の需要、興味関心と言ってしまうのならば、それこそマスコミのジャーナリズムはコマーシャリズムに押しつぶされてしまったと言えましょう。そして、国民もスポーツ中毒になっていると言えましょう。確かに現在のスポーツブームはマスコミの過剰露出による宣伝効果に負うところが大きいでしょう。
現代の、スポーツが偉大だと言う価値観のプロパガンダには辟易です。

スポーツに対する個人的思い入れはいくらあっても個人の自由ですが、
スポーツの社会的位置は、先に述べたように、ゲーム、体力をつける為の運動、そしてエンターテインメントくらいであり、社会的にはそれ以上の過大な意味はありませんし、持たせるべきでもないと考えます。

スポンサーサイト
←読んだ甲斐があったと思ったら、ここをクリック願います
(少しだけのときは片方、かなりのときは両方)

【2015/10/03 00:02】 | スポーツ・娯楽 トラックバック(0) |

スポーツの役割
東京珈琲
愚民化で相違無いと思います。
まず日本においてスポーツ系の部活は、上下関係を徹底して学ばせ社会に出てから上司の言いなりになるような人間を育てる良い場です。反骨精神のある人は潰されます。
会社に就職してからは、ストレスを会社に持ち込まれると厄介なのでスポーツで発散させるのでしょう。また、スポーツに集中させる事により政治への関心も低下します。
それと人間には多かれ少なかれ暴力性がありますからそれの昇華としてスポーツがあると思われます。なのでスポーツがあることにより犯罪を少なくしているかもしれません。
その他はおっしゃる様にエンターテイメントと健康の為、金儲けでしょう。
スポーツ関係のニュースや新聞は見ていて辟易するのは同感です。
スポーツはもっと生産性のある事で競技すれば良いのではないでしょうか。植樹競争とか稲刈り競争とか。
膨大な金を使ったり自然を破壊してまでやる事ではないでしょう。
オリンピックで被災者に勇気と希望をと言いますが、選手がメダルを取ったら被災者の家が建つ訳でも亡くなった家族が帰って来る訳でもありませんし、放射能が消える訳でもありません。むしろオリンピックが近づくにつれ世は震災の事を忘れて行ってしまうのではないでしょうか。

スポーツ偏重
guyver1092
 おっしゃる通り、愚民化政策でしょうね。3S政策も以前何かで読んだことがあります。近年芸能人で国民的〇〇と言うほどの人気を誇る者が出ないので、ナショナリズムと結び付きやすい、国際的試合のあるスポーツ選手を芸能人の代わりにしようとしている気がしますね。
 ちなみに私は、自分でするスポーツ以外は興味がなく、テレビでスポーツ観戦をした記憶がありません。

Re:スポーツの役割
雑草Z
    東京珈琲さん

 賛同のコメント有難う御座います。

>日本においてスポーツ系の部活は、上下関係を徹底して学ばせ社会に出てから上司の言いなりになるような人間を育てる良い場です。

そうですね。体育会系の人間は、「企業戦士」向きかも知れませんね。多くの企業が頭も筋肉な体育会系の人間を採用して、企業が不正を働いてもチーム(企業)の為に貢献する人材を求めるのでしょう。

>スポーツに集中させる事により政治への関心も低下します。

これが本文でも取り上げた愚民化政策の目的ですね。大きな社会問題と並列してスポーツのニュースを流すのは異様ですが、そう感じない洗脳された人々も多くなったのでしょう。

>昇華としてスポーツ

も否定出来ませんね。でも、もっと有意義な昇華の方法も沢山あるでしょう。デモに参加する人のほうが、スポーツで消化する人よりもまともだと考えます。

>スポーツはもっと生産性のある事で競技すれば良いのではないでしょうか。植樹競争とか稲刈り競争とか。

そうですね。大賛成です。

>オリンピックで被災者に勇気と希望

こう言って庶民を躍らせて、利権を貪る輩がいるのです。

>オリンピックが近づくにつれ世は震災の事を忘れて行ってしまうのではないでしょうか。

それも彼等の目的の一つでしょう。

Re:スポーツの役割
雑草Z
>ナショナリズムと結び付きやすい、国際的試合のあるスポーツ選手を芸能人の代わりにしようとしている気がしますね

なるほど、その御推測は当たってそうですね。
 それとは別に、現代の政治家や財界人達も3S政策で育ってきた人々ですので、スポーツ好きが多いように感じます。自分の趣味を政治に持ち込んでいるような感じもします。

>自分でするスポーツ以外は興味がなく、テレビでスポーツ観戦をした記憶がありません。

それはいいですね。とても好ましく感じますが、そう言う人は日本ではかなりな少数派かも知れませんね。
そう言えば、以前イギリス人で、「どんなスポーツでも競技のスポーツは嫌いだ!」と私に言った方がいて、西洋人にはこのように毒されていない方も多いのかな・・?と、新鮮に感じた記憶があります。

スポーツ談義には混ざりたくありません。

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
スポーツの役割
愚民化で相違無いと思います。
まず日本においてスポーツ系の部活は、上下関係を徹底して学ばせ社会に出てから上司の言いなりになるような人間を育てる良い場です。反骨精神のある人は潰されます。
会社に就職してからは、ストレスを会社に持ち込まれると厄介なのでスポーツで発散させるのでしょう。また、スポーツに集中させる事により政治への関心も低下します。
それと人間には多かれ少なかれ暴力性がありますからそれの昇華としてスポーツがあると思われます。なのでスポーツがあることにより犯罪を少なくしているかもしれません。
その他はおっしゃる様にエンターテイメントと健康の為、金儲けでしょう。
スポーツ関係のニュースや新聞は見ていて辟易するのは同感です。
スポーツはもっと生産性のある事で競技すれば良いのではないでしょうか。植樹競争とか稲刈り競争とか。
膨大な金を使ったり自然を破壊してまでやる事ではないでしょう。
オリンピックで被災者に勇気と希望をと言いますが、選手がメダルを取ったら被災者の家が建つ訳でも亡くなった家族が帰って来る訳でもありませんし、放射能が消える訳でもありません。むしろオリンピックが近づくにつれ世は震災の事を忘れて行ってしまうのではないでしょうか。
2015/10/05(Mon) 09:19 | URL  | 東京珈琲 #A1vz8dvw[ 編集]
スポーツ偏重
 おっしゃる通り、愚民化政策でしょうね。3S政策も以前何かで読んだことがあります。近年芸能人で国民的〇〇と言うほどの人気を誇る者が出ないので、ナショナリズムと結び付きやすい、国際的試合のあるスポーツ選手を芸能人の代わりにしようとしている気がしますね。
 ちなみに私は、自分でするスポーツ以外は興味がなく、テレビでスポーツ観戦をした記憶がありません。
2015/10/06(Tue) 20:30 | URL  | guyver1092 #-[ 編集]
Re:スポーツの役割
    東京珈琲さん

 賛同のコメント有難う御座います。

>日本においてスポーツ系の部活は、上下関係を徹底して学ばせ社会に出てから上司の言いなりになるような人間を育てる良い場です。

そうですね。体育会系の人間は、「企業戦士」向きかも知れませんね。多くの企業が頭も筋肉な体育会系の人間を採用して、企業が不正を働いてもチーム(企業)の為に貢献する人材を求めるのでしょう。

>スポーツに集中させる事により政治への関心も低下します。

これが本文でも取り上げた愚民化政策の目的ですね。大きな社会問題と並列してスポーツのニュースを流すのは異様ですが、そう感じない洗脳された人々も多くなったのでしょう。

>昇華としてスポーツ

も否定出来ませんね。でも、もっと有意義な昇華の方法も沢山あるでしょう。デモに参加する人のほうが、スポーツで消化する人よりもまともだと考えます。

>スポーツはもっと生産性のある事で競技すれば良いのではないでしょうか。植樹競争とか稲刈り競争とか。

そうですね。大賛成です。

>オリンピックで被災者に勇気と希望

こう言って庶民を躍らせて、利権を貪る輩がいるのです。

>オリンピックが近づくにつれ世は震災の事を忘れて行ってしまうのではないでしょうか。

それも彼等の目的の一つでしょう。
2015/10/06(Tue) 21:20 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
Re:スポーツの役割
>ナショナリズムと結び付きやすい、国際的試合のあるスポーツ選手を芸能人の代わりにしようとしている気がしますね

なるほど、その御推測は当たってそうですね。
 それとは別に、現代の政治家や財界人達も3S政策で育ってきた人々ですので、スポーツ好きが多いように感じます。自分の趣味を政治に持ち込んでいるような感じもします。

>自分でするスポーツ以外は興味がなく、テレビでスポーツ観戦をした記憶がありません。

それはいいですね。とても好ましく感じますが、そう言う人は日本ではかなりな少数派かも知れませんね。
そう言えば、以前イギリス人で、「どんなスポーツでも競技のスポーツは嫌いだ!」と私に言った方がいて、西洋人にはこのように毒されていない方も多いのかな・・?と、新鮮に感じた記憶があります。

スポーツ談義には混ざりたくありません。
2015/10/06(Tue) 21:31 | URL  | 雑草Z #SAV8FvZY[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/07/05(Tue) 11:54 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。